Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:オール > 江戸_幕末 > 坂本龍馬の書簡草稿発見

坂本龍馬の書簡草稿発見

昨日は非公開にしているニュースだけ挙げて寝てしまった^^;
一昨日テレビを付けたら長々と由利公正の話をしていたので、歴史番組かと思いきやニュースでした。
坂本龍馬の書簡の直筆草稿が見つかったそうです。

発見の経緯が面白くて、番組取材でインタビューした人が坂本龍馬の書簡が家にあると言い出したのがきっかけだったみたい。
インタビューを受けた方のお父上が30年位前に古物商から1000円で買ったんですって…
いきさつがいきさつだけに、NHKが一番詳しかった。


NHK 龍馬直筆の手紙の草稿見つかる (2014/4/7)
朝日新聞 龍馬、暗殺直前の手紙発見 後藤象二郎宛て新政府語る (2014/4/7)
読売新聞 見つかったぜよ…暗殺直前に龍馬が書いた推薦状 (2014/4/8)
・時事通信 竜馬暗殺直前の手紙発見=新政府構想に言及、一般家庭で保管
 (2014/4/7)


書簡草稿については以下。

・日付がなかったから草稿と判断
・慶応3年11月5日以降に書かれたもの(龍馬暗殺は11月15日)
・宛先は後藤象二郎

・大政奉還直後に由利に会いに行き、後藤にその結果を報告
・新政府の財政担当者として由利をプッシュ
・大政奉還直後に龍馬が由利と面会した記録は残っていたが、龍馬がそのいきさつを書いたとみられる手紙の草稿が見つかったのは初めて

…草稿が見つかったのはそりゃ初めてだろうよ…^^;

http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_0408_06.jpg


由利公正とかめっちゃ久しぶりに名前聞きました…
NHKでは「きみまさ」と呼んでいたけど、「こうせい」じゃないの?
昔本人がそう振り仮名打ってたのを見たことがあるのだけど、どっちがどうなのかよく分からん。


福井藩士、幕末の段階では三岡八郎。
福井に招聘された横井小楠に師事し、積極財政を展開して福井藩の財政を立て直した経済関係の人である!(超大雑把説明)
あと五箇条の御誓文を起草した人でもある。
文久(1863)3年の社会情勢の変化で藩論が代わり、蟄居処分を受けて慶応3(1867)年12月迄幽閉されている。
そこに龍馬が会いに行ったという話。

大政奉還後に龍馬が福井まで会いに行ったという話は残っているとのことで、『由利公正伝』(三岡丈夫編/光融館/1916)を見たら確かにその話が載っていた。

それによると龍馬が面会に来た際はまだ幽閉の真っただ中の11月1日。
由利(当時は三岡)は罪人であるので、立会いの下(つまり監視付き)で面会したそうだ。
朝五つに龍馬を宿に尋ねてから夜九つまでいうので、現代の時間からすると朝8時から夜12時まで。
冬場なので時刻には少しずれがあるだろうけど、随分長く話し込んでるね。
由利本人の回顧によると、炬燵に入って大政奉還の事情、朝廷の事情を龍馬よりつぶさに聴いた後、由利が「これからどうするの?」と聞いた。


龍馬 「まだ決まってないけど、戦はしないつもり」
由利 「こっちはそうでも、幕府がそのつもりならどうする。逃げるのか」
龍馬 「それはできない」
由利 「なら不測の事態に備えないと」
龍馬 「そうは言うけど人も金もなくて難儀している」
由利 「天子天下の為に政を為さる、天下の民は皆天子の民である、天下安寧の為に財を散す、財即安寧の具なり、何ぞ財無く人無きを憂へんや
龍馬 「われそんな事を云ふと思ふて態々来たは、皆伝へ


俺はお前がそういうことを言うだろうと思ってここまでやって来たんだ。
 思っていることを全部言え、ですって。
そこで由利は

名文財源経綸の順序まで、予て貯へた満腹の意見を語り、夜九つ過るまで我を忘れて咄した、
即ち金札を発行せざれば、今日天下の計画は出来ぬといふ事も委しく語り
 …(『由利公正伝』)

龍馬はこの話を後藤に報じようとしたんでしょう(一応草稿なので…)。

由利はこの直後に京都に召し出されてます。
伝記を見ていると、大政奉還とはなったものの貧乏所帯のままの朝廷、その台所事情をどうにかしてという感じだったみたい。
で、そのまま慶応4年1月3日、鳥羽伏見の戦いが始まった。

由利はそのまま新政府の財政に関与することになりました。
徴士ってやつですな。
「金札を発行せざれば」とあるように太政官札を発行しますが、あまりうまくいかず、その責任を取る形で財政担当者を辞めている。


坂本は福井を去る際、由利に自分の写真をあげたそうです。
で、その何日か後、由利が家老に坂本との会見の内容を報告しに行った帰り、川を渡っている最中に懐中に入れていたその写真を落としてしまった。
探したけれど見つからず、なんか嫌な予感というか、気がかりだなと思っていた処に、坂本遭難の報が入った。
千秋の遺憾である、と由利は述べているけれど、坂本とのこの日の話し合いが政府での登用に繋がったことを思うと確かにそうだっただろうと思いますな。
それだけでなく、すごく気が合うふたりであったらしいし。


この草稿は坂本龍馬記念館に寄託されるそうで、とりあえず今月中に一般公開するとのこと。
で、この草稿が見つかった話は今月12日(土)放送「突撃!アッとホーム」という番組の「ファミリートレジャーハンティング」という企画で放送されるそうですよん。

詳細が知りたかったらとりあえず土曜日にNHK見たらいいのね^^;
めんどくさい
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)