Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > 史跡 > 太融寺(国会期成同盟発祥の地、淀殿の墓)

太融寺(国会期成同盟発祥の地、淀殿の墓)

大阪キタにある太融寺。

太融寺


場所はこの辺り。


地図_大阪キタ_太融寺


いやー。本当に梅田から歩いてすぐですな。
繁華街の真ん中にある。


太融寺


ここは正面の入り口ではないですが、大きい石碑が建ってます。


太融寺


源融(とおる)の旧跡らしいよ!
えー?そうなの?
お寺の縁起を見たら、弘法大師が嵯峨天皇の勅願により創建したそうな。
で、その嵯峨天皇の河源融がこの地区画し七堂伽藍を建立したとのこと。


太融寺 本堂


源融については相当前ですが、一度書いたことがあります。
嵯峨源氏で、大江山の鬼退治で有名な源頼光の四天王のひとり、渡辺綱のご先祖さま。

カッコよかったらしいよ!
平安時代のリアルイケメンて

リアルイケメン

こっ、こんな感じだったんじゃないかと思うけどっ…(笑)

屋敷は六条河原院(京都駅近くにある渉成園の辺り)で、河原左大臣と呼ばれた『源氏物語』の光源氏のモデルの有力候補である。

嵯峨源氏は名乗りが一文字になるのですぐ分かる。
源平合戦の辺りに興味がある方なら、水軍の渡辺党という名前をご存知の方も多かと思います。

渡辺党は大阪・難波津を本拠に持つ有力な水軍でした。
屋島の戦いと壇ノ浦の戦いにも源氏方として参加しています。
屋島の戦いの際、義経は渡辺党の本拠地、つまり上にあげた地図の辺りから出陣してます。


ちなみに源頼光は八幡太郎義家の大伯父にあたります。
ちなみに頼光四天王は、渡辺綱、卜部季武、碓井貞光、坂田公時になります。
坂田金時は金太郎の事ね。


太融寺


境内。結構広い。
そして繁華街のど真ん中にあるのだけど結構静か。


太融寺_国会期成同盟結成地


「国会期成同盟発祥之地」

日本史辞典でも引用するか~と思ってめくったのだけど、分かりにくかった。
国会図書館の『史料に見る日本の近代』の説明が分かりやすかったので、それを引用します。


太融寺_国会期成同盟結成地 太融寺_国会期成同盟結成地


明治10(1877)年の西南戦争終結後、武力を用いた反政府活動は終息し、言論による自由民権運動が活発化していった。
こうした状況を背景に、立志社はかつて板垣退助が設立し、間もなく消滅した政治結社「愛国社」の再興を決める。

愛国社では春秋に大会を行っていたが、各地の政社代表および有志多数が参加した明治13(1880)年3月の第4回大会において、国会開設運動の実行組織である国会期成同盟が誕生した。

国会期成同盟は松沢求策・永田一二の起草にかかる要望書「国会ヲ開設スル允可ヲ上願スル書」を作成し、河野広中・片岡健吉が奉呈委員として同書を太政官および元老院に提出しようとしたが、受理されなかった。



太融寺_国会期成同盟結成地


愛国社は明治8(1875)年の大阪会議で板垣退助が参議として政府に入ってしまったため自然消滅していました。
日本史辞典を見ると、明治11年に再興、明治12年以降は国会開設運動をしていたみたい。
で、明治13年の第4回大会で国会開設請願書の提出を決定、国会期成同盟を結成したとのこと。

で、その大会の会場になったのがこの太融寺だった。

ちなみに大阪会議の会場は北浜にある花外楼でした。適塾の近く。
花外楼の史跡レポはこちらからどうぞ。⇒ 花外楼に行ってきました


***


太融寺_淀殿墓


更にこちらには淀殿のお墓もあります。


太融寺_淀殿墓 太融寺_淀殿墓


元々は鴫野にあったが明治10年に改葬されたとあります。
生魂さんにある鴫野神社の事かな…


繁華街のど真ん中にあるけど、境内が広いからか不思議と静か。
というか、ラブホ街とも隣接しているのである…^^;
そのラブホ街の一角に大石内蔵助の父親のお墓があるお寺がある。
詳しい場所は忘れたけど、太融寺のすぐ近くだったと思うなー
関連記事

Comments

post
2014-04-08 03:00 
ジゴロウ #49
結構、史跡って厄介なとこにありますよね。

ラブホ街の子規庵とか、現在、女子校とか小学校の屋敷跡とか…

會津下屋敷跡と、渡辺綱誕生地が近いんですが、慶応義塾女子と中学が近くて、うかつに写真とれませぬ…
2014-04-08 05:39  >ジゴロウさん
ヒジハラ #50[Edit]
繁華街と言ってもこの辺りはまだいいんですが、大塩平八郎関係は造幣局官舎内(与力の屋敷跡地にある)で、見ることさえできません;△;
ただ見れても撮影し辛い所ってありますよね~
連玉庵とか…と、隣はもっとどうにかならんかったんか…orz
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)