Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:近代MTS > 明治 > (19)岩手人脈 3

(19)岩手人脈 3

http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_04010340.jpg

原敬が親友の子・八角三郎に海軍行きを勧め、更に八角が誘ったのが米内光政。
みっつぁん、さぶちゃんの仲のふたりは盛岡中学の同級生でした。
中学とは言うものの旧制ですので、現在の高校になる。


この中学校、この時期に後の有名人を多く輩出していまして、米内と八角の2級下に金田一京助(言語学者)がいます。
そして金田の同級生に、野村胡堂(作家)、田子一民(衆議院議長)、郷古潔(三菱重工社長、東條内閣顧問)、及川古志郎(海軍、海相)がいる。
で、1級下に板垣征四郎(陸軍、陸相)がおり、そのもう1級下に石川啄木(歌人)がいます。
で、手元に資料がなくて詳しいことは分からないのが原抱琴で、この人は米内の1級下じゃないかと思う。

5:米内光政、八角三郎
4:原抱琴
3:金田一京助、野村胡堂、田子一民、郷古潔、及川古志郎
2:板垣征四郎
1:石川啄木

こんな感じ?
あと時代が下りますが、宮沢賢治も盛岡中学出身です。
中々面白いのが、この学校、旧制中学らしく質実剛健を旨とするバンカラ学校だったそうですが、この人たちの多くが文学青年だった。

及川古志郎は後に海軍大臣になった…うーん…まあなんだ。色々とアレな人物ですが、非常な読書家、特に漢籍をよく読む人として知られていました。
この頃は短歌を作り、金田一や野村の勧めで雑誌に投稿なんてしてたそうです。
石川啄木はこの及川に可愛がられていた。
入学して暫くは海軍士官になりたかったのに、及川の影響を受けてすっかり文学少年になったそうで^^;
野村胡堂は及川に「良くしてやってくれ」と石川啄木を紹介されています。


http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20140402_01.jpg


その野村の友人のひとりであった原抱琴は本名達(とおる)といい、原敬の甥になります。
非常に頭がいい人だったそうで、盛岡中学から東京の尋常中学に転入したのはそれもあるのか。
そこから旧制一高(第一高等学校)、東京外大を経て東大に進んだ。
ただ惜しいかな明治45年に30歳という若さで早世している。


http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/80.jpg


この方、正岡子規の門下になります。
上京して子規に会った際、17・8歳の頃ですが、子規が想像していた以上に若くて、
「本当に君が抱琴か」
と聞かれた程短歌の出来が良かったといいます。

なんかね、もう原敬自慢の甥っ子だったみたいで、原自身も、
「法律論もフランス語も俳句も、あいつの方が俺より上手い」
とにこにこしながら人に話していたという話が残っています。
本当に優秀で、東大は病気の為に半分以上休んでいたのにテストの平均が93点とか95点とか、そういう人だったみたい。

野村胡堂は抱琴に影響を受けてホトトギスに寄稿したりしていた。
野村も上京して旧制一高、東大に進んでいまして、これは抱琴と同じルートを辿っています。
ちなみに野村が在校していた当時の旧制一高の校長は、野村が尊敬する新渡戸稲造でした。
新渡戸も盛岡の人で、作人館出身。

野村が旧制一高にいた同時期にはフランス文学者・辰野隆(ゆたか・東京駅の設計をした辰野金吾の長男)が在籍しています。
辰野隆については以前、広瀬武夫と同じ船に乗り合わせたことがあると書いたことがあります。
で、その辰野と仲が良かったのがこれまた一高の生徒・谷崎潤一郎。
そして辰野の奥さんは江川太郎左衛門(英龍)の孫。
繋がるね!(笑)


野村と抱琴はそういう関わりもあって、仲が良かったんでしょうね。
その関連から野村は原敬を「政治家」としてよりも、「親友の叔父」として知っている。
抱琴、病弱で旧制一高も病気で中退していたそうです。
恐らく東大に在籍していた時期だと思いますが、病気で東大前の下宿を引き払い、最終的に赤十字病院に入院。
胸が悪かったといいますから、結核だったのではないかと思います。
郷里盛岡に帰って、そこで亡くなっている。
明治45年。


続きます。
関連記事

Comments

post
2014-04-03 01:19 
ジゴロウ #43
記事の主旨とややはずれますが、ごめんなさい。

東大と言えば山川健次郎ですが、健次郎の妻と辰野金吾の妻が姉妹なんですよね。

あと、辰野金吾が万世橋駅を設計しましたが、広瀬の銅像がそこにあるのも、なんか縁ですね。
2014-04-04 22:08  >ジゴロウさん
ヒジハラ #44[Edit]
あ、そうなんですか。
辰野金吾は広瀬とは面識がなかったと思いますが、その奥さんは辰野隆と共に広瀬兄弟と顔を合わせています。
ほんと色々な縁がありますね~
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)