Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > 旅行 > 西南戦跡巡り@熊本

西南戦跡巡り@熊本

今朝帰ってきました。暑かった。
昨日が最終日でしたが、リベンジついでに田原坂方面に行ってきました。
お久しぶり。

前々から行きたかった木葉へ行ったのですよー!


官軍本営跡@木葉


ざっと木葉方面にある史跡を回って、木葉にあった官軍本営跡から田原坂まで歩いてきました。
歩ける距離なのか事前に下調べをしてからの行軍(笑)だったのですが、思いの外近くて驚いてしまった。

本営跡から田原坂麓の豊岡眼鏡橋まで歩いて15分ほど。
本営から戦場までの距離が徒歩15分…
これにはちょっと驚いた。

官軍本営跡から田原坂を登って資料館を見学、その後田原坂駅まで当然のように徒歩である。笑
田原坂西南戦争資料館が立て替えられており、展示もかなり綺麗になっていました。
体験型ドラマとでもいうのか、結構大々的な展示もされていて、熊本市に編入されたら流石にお金の掛け方が…(これ


20170823_3
(田原坂で色々貰った。えらく女子を意識したシールとか…個人的にはこういう物より図録や書籍関係を充実させて欲しいのよ…)


このドラマが撮影された神社が田原坂からすぐ近くにあり(勿論激戦地区です)、館の方に場所を教えて頂いて行ってきたのですが、本当に滅茶苦茶近い所で薩軍と政府軍が銃の打ち合いをしていたことが良く分かりました…

田原坂から植木までは電車で移動。
植木はさすがに歩ける距離ではないのでタクシーを使いました。
以前来た時とはまた変わってる所もちらほら。
後々まで乃木希典を苦しめた連隊旗が奪われた辺り、河原林少尉の戦死地には階段が設置されておった…!
前までは河原林少尉のお墓、かなり高い位置にあって下から見上げることしかできなかったというのに(笑

後は昨年の震災の影響が所々に在りました。
河原立(こうらだち)薩軍墓地の石が倒れたままになっていたり、熊本隊本営の石碑が倒れたままになっていたり。
辺田野熊野座神社もブルーシートが掛かっていた。
薩軍の合葬墓だけでも早く直してあげて(涙

タクシーの運転手さんとぼちぼち話しながら史跡巡りをしていたのですが、笹尾の枝垂桜の道で、ここを行くと吉次峠だよと言われて、えっ、そうなの?と。
こういうのが分からないんですよね、余所者には…

篠原国幹、吉次峠で狙撃されて枝垂桜付近にあった薩軍病院に担ぎ込まれたそうですが、もっと遠いところを想像していたので、そうだったのかと。
篠原のお墓にはその昔現地の方が御厚意で連れて行って下さったのですが、結構曲がりくねった道を行ったような覚えがあったので、凄く遠い所まで戻ったのだと思っていた。
とは言え徒歩だと大分遠いけど。

まあそんな感じであっちこっちに行けて私は大変満足しました。笑


20170823_2


そして今回の戦利品。
江藤新平の伝記。これ欲しかったの…何回か借りて読んでたんだけど、手元に欲しかった。
島義勇のまさかの伝記漫画。劇画チック。江藤のはないんか。
江藤新平の使い道に困る妙にリアルなバッジ。笑。みさわちゃんにも送りつける予定。
吉野ヶ里の図録。楽しい。
あめがた。まさかの吉野ヶ里のお土産屋さんで見つけた…!
江藤が佐賀を船で去る際に、かつて住み、寺子屋の先生なんかをしていた丸目村の住人が江藤らの為に非常食として作ってくれたあめがた。


『江藤新平と明治維新』、出発前までになんとか読み終えたのだよ明智くん。
凄くない?(笑
いや、しかしやっぱり江藤に餓えて帰ってきたのであった…
行くなら維新150年の来年が正解だったかなー(笑
しかし来年に行ける保証はどこにもないからな。

あっちこっち見て回って今回も楽しい旅行でした。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)