Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

つれづれ

「昭和天皇と周囲の人々」は今日はお休み。
こちら、存外長引いておりますが、き、興味あります?
大丈夫ですかー着いてきてますかー^^;

2・3回で終わるつもりだったのだけれど、終わりませんね。やっぱりね。
いつも通りですねそうですね。
まあそんな感じですが、よろしくお付き合いくださいませ。
拍手して下さっている方もありがとうございます。
読んで頂いている方がいると分かるだけでも安心する。笑


んで、最近毎日のように『ドリフターズ』をペラ読みしとります。
れ、歴史好きには堪らんわ…
泣くよっかひっ飛べとか言われたら心臓がもたない(真顔
薩摩好きを殺りにかかってるとしか思えんわー!
キュン死させる気かこのやろう!(笑)
だ、大体島津の退き口から話が始まるとかどうなのよ!え?!どうなのよ!
合戦好きホイホイか!

『ヘルシング』の時もうっすらと思ったのだけれど、ヒラコー歴史好きなんかしら…
イェニチェリなんて『ヘルシング』で本当に久しぶりに見て、うわーと思った記憶はある。
自分のフィールドが日本史なので、オスマン帝国とか、輪を掛けて縁遠いというのもあるけどさ。
というか髭面のアーカードカッコいいよね(そこか
アーカードのモデルってルーマニアのドラキュラ伯爵ですよね。
ドラキュラ伯爵の逆読みですよね、アーカード…
家にあったはずのコミックが行方不明であっちこっち捜してんだけど出てこないorz

それはいいのだけど、読んでいて、あ、これ知らんと分からんなと思う所がちらほらあるかなあ。
三国志の陳宮は、まあ三国志はメジャーだと思うのでアレですが。笑
陳宮ポジションとか言われたら泣くわー(笑
劉邦の話はやや微妙かなあ。
あれは司馬遼太郎の『項羽と劉邦』の劉邦ですな。
私は韓信が好きでした(どうでもいい

与一の水夫(かこ)を殺すという手書きセリフは、源平合戦知らんと無理やなー。
当時、戦場に駆り出されてはいても水夫は非戦闘員なので、殺すのはルール違反でした。
そのルールを壇ノ浦で破ったのが源義経。
一の谷の鵯越にしても背後からの攻撃ですからねえ。


こういうのを見てるとやっぱり自分は合戦物が好きなんだと再認識する。
そもそも歴史好きになったのは、平安時代の戦物語からなのです。
江戸でもなく近代でもない。
私の歴史好きの原点は武者とか武士とか、あのあたり。
「遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ」
の世界が大好きで、5・6歳の頃に出会った源義家が大好きで、そのままここまで来た結果がこれである(なぜ近代…

血がふつふつ沸き立つような気持ちになるのよー
何年か前に大河ドラマで描かれた保元平治の乱は本当に大興奮でした。笑
当時はドラマレビューをしていたので、ご覧頂いていた方はよくお分かりかと思いますん。
昨日まで明治の話してたのに日曜日にはいきなり平安時代。
そして明治以上の熱の入れよう。笑
どれだけの人に引かれたか。

映画の「ロード・オブ・ザ・リング」でも「二つの塔」が大好きで(ハルディアー!)、あと「王の帰還」のペレンノール野の合戦、セオデン王がローハンの騎士を率いる場面が大好き。(でも3作の中では「旅の仲間」が一番好きです…ボロミー…)

セオデンが自分の軍に向かって「Death!」(死を!)と叫ぶ場面があるのです。
ああいうのを見ると、本当に震えるような気持になる。
そしてこの場面が好きすぎて、前のブログ「forth!」は、セオデン王の「Forth Eorlingas!」(進め、エオルの子らよ!)から取ったのだった…

「Death!」については、似たような場面が日本にもあって、吉川英二の『太平記』とかで、合戦中、部下に向かって武将が叫ぶ。
「死ねや、ものども!」

戦いに向かって魂を奮い立たせる時って、東西問わずに通う所があるのだなと思ったのですね、指輪物語見て。

いやーしかし『ドリフターズ』、これから結構な戦物語に発展しそうなので続きが楽しみだわー
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)