Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:近代MTS > 明治 > 昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(5)

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(5)

衝撃の「東郷元帥の印象ない」発言から一夜(こらー
続きです。

★★昭和53年12月4日の記者会見

記者の、東郷元帥とか保育にあたった足立たかなどの思い出はどうか、という問いに対して。

天皇:
東郷元帥に対しては私はあまり深い印象をもっていないから、鈴木タカに対してのみをここでは述べることにしたいと思います。<略>
鈴木タカは、本当に私の母親と同じように親しくしたのであります。<略>


養育係冥利に尽きるだろう思います…
足立たか、後に鈴木貫太郎と結婚して鈴木たかになる女性で、いくらかエピソードがあるのですが、昭和31年10月の回顧(『昭和天皇の時代』文芸春秋編・出版/1989)からひとつだけしつまみ食い。

日露戦争後の論功行賞があった頃の話。
足立たかが迪宮と淳宮(秩父宮)、光宮(高松宮)のお供で御所に出ていた時、
「今日はおじじさまはお忙しいから、皇后さまの方に向かう様に」
とのこと、皇后に拝謁する為に人形の間という部屋で待っていたら、そこにぞろぞろと爺さん連中がやってきた。

それが金ぴかの盛装に勲章をつけた元老だったのですね。
原文には七元老とあるのだけれど、当時は5人だと思う…

伊藤博文、山縣有朋、松方正義、井上馨、大山巌。
黒田清隆と西郷従道はもう亡くなっているので。
もしかしたら桂太郎と西園寺公望が入っているのかな?


足立たかは、やってきたじーさんらにびっくりして場所を変えようとした。
そらーねえ…
紛れもなく当時の国を動かしていた人達(の集団)ですから、幾ら皇孫のお相手をしているとはいえ、23・4歳の女性では流石に怯む^^;
というか、そこそこ場数を踏んだおっさんでも怯むだろう。笑

これ、明治39(1906)年4月1日の話だと思います。
伊藤、山縣、大山がこの日に大勲位菊花章頸飾(内閣府/別窓)を受章していて、恐らく間違いない。


当時迪宮は満年齢で5歳、淳宮4歳、光宮は1歳とちょっと。
前年の日露戦争中は、号外を売り歩く鈴の音を聞いて、皇孫御殿で兄弟で鈴を鳴らして号外を配るごっこ遊びをしていた。
まあ、それ位の幼児である。かわいい。


伊藤博文、山縣有朋


入ってきたじーさんらを見てか、足立たかに背中を押されてか、淳宮と光宮は早々に場を変えてしまった。
けれど、迪宮だけはちょっと立ち止まって元老たちを見ていたそうです。
そうしたら伊藤博文が傍にやってきて、


「皇孫殿下にいらっしゃいますか」
といわれました。
「さようです」。
そこであいさつを遊ばしたんですよ。

殿下は「誰か?」ってお尋ねになられました。

「私は伊藤でございます。きょうはおじじさまから結構な頂戴物をいたしましたので、お礼に参りました」。
「そこにいるの誰か」
っておっしゃるので、つぎつぎに山県元帥からずっと七元老の名前を伊藤さんが申上げたんです。

殿下は「そうか」っておっしゃって、いちいちごらんになっておいでになりました。
みんな大きな方の中に水兵服を召した小さな殿下なのに、やっぱりプリンスとしての態度がご立派なものですから、伊藤さんが非常に喜ばれて、

「ああ、きょうは良い折りにお目にかかりました」
と喜んで、
「あとのお二方様も、どうぞこちらへいらしって頂きとうございます」
といわれたので、それからお二方をお連れしまして、七元老がごあいさつなさいました。
<略>

迪宮さまが、
「勲章がたくさんあるが、きょうはどれを頂いたのか」
とおっしゃる。


伊藤博文
(伊藤、明治40年の撮影。多分こんな感じだったかと)


伊藤さんが
「これを頂きました。まことに有難いことで」
と申されますと、
「そのほかに着いてる勲章は何か」
ってお尋ねになる。

たくさん着いておりましたのですよ。
「これは外国の勲章でございます」
とかいちいち申上げまして、山県さんなどはびっくりしていらっしゃるんです。<略>


山縣を驚かせたか。
確かに5歳で元老連中相手にこれは流石に凄いわ。

これから13年後の大正8(1919)年に出てきた、当時皇太子であった迪宮のヨーロッパ外遊を推進したひとりが山縣でした。
その理由のひとつが、皇太子の社交性(コミュニケーション力)の無さで、山縣が、
「拝謁しても御下問なども無く、まるで石地蔵のようだ」
なんて人に漏らす程だったのですね。

山縣ほどの地位にあれば、皇太子に拝謁する機会は度々あったと思いますが、13年前とは違う意味でびっくりしていたんじゃないかと思います…


つづくー
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)