Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:近代MTS > 大正 > ダイバーシティ*原敬日記

ダイバーシティ*原敬日記

お久しぶりの原敬日記。


20170709_2 


まさかダイバーシティで使うことになるとは思わなかったのだよ明智くん。
山本信次郎出とったわー
折角だから引用で使うことにした。
ホント、いろんな人が出ている日記だわ。

序に書くと、原敬も若い頃、17歳の時に受洗しているのです。
洗礼名はダビデ。
入信した理由は生涯語ったことがないようで不明とされています。

ただ原が入信した頃というのは、教会が布教の必要上無料で宿泊させたりしていたようで、生活の必要上伝道師養成所に入る東北人も多かったそうです。
また欧米人にコネを作れば将来何かの役に立ち、薩長の鼻を明かすこともできるだろうという考えを持つ人も多かったそうで。
原の入信理由は生活の為という事だけではなかったようですが。
ただ後年の原の書斎にはマリア像が掛けてあったそうですし、まあ、色々と思う所があったのだろうと思われます。

ただ原がクリスチャンだというのは何となく、…そうなの?という感があるのだよ…
本当に、そんな感じがしないので。
墓所からして禅寺ですし。

山本信次郎については、実は去年結構大きなニュースが出ていたのです。
このブログでは非公開記事にしていて、取り立てては書かなかったのですが、以下。


丁度サイトで前回更新した辺りの話が出ていますので、興味がある方はどうぞ。

山本はバチカンに宛てた書簡の中で「カトリック信徒の原敬が首相に就任したことに触れ、日本への法王使節派遣の「好機」と強調している」(毎日新聞)とあるのですが、冷徹なリアリストである原は、事国政外交に関しては、日本(と皇室)の利益を最優先にしますからね。
カトリックだからというのは、この場合原にとっては全く関係のないことだろう。
(一国の首相と軍人が生きている世界の違いを感じますな)

まあ山本のリップサービスではとも思うけれど、山本は私が今見ている限りではそんなことが出来るような感じの人ではないのであった…^^;


***


2週間ほど前に犬用のレインコート買った。300円。安い。


20170709


女子にはぴったりだったのだけれど、男子はつんつるてんのぴっちぴち(若干)…
それでもこれよりはいいと思うんだ…!(笑)

雨に濡れないというのは、人もわんこもとってもとっても快適。
もっと早くに見つけたかったー
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)