Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > > 読書つれづれ*『私の江戸-東京学』

読書つれづれ*『私の江戸-東京学』

引き続いて読書感想。笑

30年ほど前の本。
流し読みで読んだ程度だけれど、結構面白かったです。
そうなんだと思ったことがちらほら…

幡随院長兵衛と水野十郎左衛門が実は仲が良かったという話に、えっそうなの?
(幡随院長兵衛…分かる?分かります?^^;)

長兵衛は江戸城へ人足を紹介する口入業を営んでおり、旗本・水野との関係はそこから。
吉原に遊びに行こうと長兵衛が水野邸に誘いに行った際、酔っていた両者間で口論が起こり、逆上した水野が長兵衛を切り殺したという、それだけの事件だったそう。
そうなんだ。
幡随院長兵衛て町奴…侠客かと思っていた。


(※土原註:長兵衛は)本当は人足を紹介してピンハネする口入れ業者で、他の業者との競争上、働く者にはよそより高く払って、より多くの働き手を抱えた方が有利だった。


ほうほう…


ところが、高く払うとその日ぐらしの人足は、食費があるあいだは働かない。
それで、高く払うが、そのカネはその日のうちに使わせる。
そのために、江戸っ子は宵越しのゼニは持たないとか、男なら酒を飲めとかおだてたり、売春婦を買うことをすすめた。
そのカネを使わせる方法の一つとして自宅でサイコロ賭博を開帳した。


宵越しの銭は持たないってそういう事だったのか。
持たないっていうより持たせない、だったのねー

賃金をその日のうちに使わせてしまい、翌日もまた働くように仕向けるのが人足を使うコツだったらしい(働いて得た金を片っ端から使わせるために飲む打つ買うを奨励)。
妙に納得。


後は東京の食べ物の話が面白かったです。
『ドグラ・マグラ』の著者夢野久作がね、関東大震災後に東京の状態を見に行くのですよ。
その時のルポタージュがあるのですが、そこで震災で崩れたのは家屋などの建造物だけでなく、人の心も崩れたんだという、非常に印象に残る一文を書いているのですが、この本を見ていると味や料理屋もそうであったみたい。

それに甘味を好む地方人が流入する東京では、地方人が増えるほどに甘味の強い食物が売れるのでそちらに味付けが寄っていったとあって、言われてみりゃそうだけど、成程なーと思いました。

著者は先祖代々からの江戸っ子ですが、「法善寺横丁の正弁丹吾の天丼は砂糖漬けと言っていい程甘い」とあって、思わず笑う。
そんなに?^^;
30年前と今の味付けを比較すると大分変わっていそうですが、関西の味付け、大分甘かったんやな…
正弁丹吾というお店は私は知りませんでしたが、調べてみると現存していました。
明治26年創業だそうです。
食べログ見たけど、価格帯が高かった(笑)
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)