Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > > 読書徒然

読書徒然

ダイバーシティの続きはサイトの方に載せようと思ったのですが、余りにブログに穴が開いてしまいそうなのでこちらで書こうと思い、書きかけてやっぱりサイトの方にしようと思い直した優柔不断。
築地なの豊洲なのどっちなの(なんでや)

さらっと書いて終わらせようと思っていたのですが、あら、と思うことが出てきたのですよ。
いつものパターンですねそうですね。
今ちょっと県内の遠方から本を取り寄せているので、また手が止まってしまう…^^;

ということで、最近読んでいた本の話で誤魔化す。笑
徳川さん宅(ち)の常識』という本が結構面白かったです。
尾張徳川家の第20代当主の方のエッセー集。

中でもうおっと思ったのは「家業」という章で、著者の幼馴染の話が書かれている。
著者は昭和8年の生まれで、戦前の華族ですので通う学校は当然ながら学習院である。
当時の学習院には学校には元大名であったり元お公家さんであったり、あれやこれやと教科書に名前が載るような苗字の方ばっかりがいる訳ですよ。


旧華族の生徒が多かったので、歴史の授業は難しかったようです。
なにしろ島津さん、毛利さんの隣に、徳川さんや松平さんが座ってますから。
母の話では、鎖国をした徳川の政治が悪かった、という話が授業であったときに、母の妹が教室の隅でシクシクと泣きだしたそうです。
日本史の先生も大変だったと思います。徳川宗家当主の話) 


こういう状態ですよ。笑
宗家当主の方は昭和15(1940)年生まれですが、昭和8(1933)年生まれであっても状況はそんなに変わらなかったと思う。
その中に幼馴染Aがいた。

このAさんのご家庭が特別な家業であると聞かされたのが著者が幼稚園の時で、特別と言っても従兄弟なんかの親戚と大した違いはないと思っていたそうです。
いやいやいや…
徳川さんのいとこや親戚ってどんなんよという感じですが、大東亜戦争が始まった頃にはこのAさん宅の事情とその跡継ぎであるAさんが別格であることが段々と分かってきた。

敗戦で華族は元華族になったけれど、そのAさんの家業だけは形を変えて戦後も存続。
それに対して著者は良かったと思った反面、御苦労なことだなと同情を覚え、自分たちは自由になったのにすまないな、というちょっとした負い目を感じた、とあります。
うーん、何と言いますか。
「住む世界が違う」と言いますが、本当にその世界の話でした…

このAさんがどなたかが気になる方は本で確認してくだされ(丸投げー)
大体の想像はつくかとは思いますが。
読んでいて私も段々「あれ?もしかして」でした…^^;
関連記事

Comments

post
2017-06-22 03:57 
ジゴロウ #525
お久しぶりです。自分好みな記事で、嬉しうございます。

自分も読みましたよ。
あと、幼なじみAさんのことは言いませんでしたけど、宗家当主がテレビでも語ったりしてて、本当に世界が違いますね。

寛仁親王の、隠れてタバコ吸ったとか放課後ケンカしたとか、そんな物騒な話が、微笑ましく思えてしまいます。

親戚と言えば、現代の宗家当主と慶喜家当主の母親が、いとこで、どちらも容保公の曾孫ですが、未だにそういう付き合いをしてることにもびっくりしました。
2017-06-22 06:58  >ジゴロウさん
ヒジハラ #526[Edit]
こちらこそお久しぶりです!

本当に世界が違い過ぎて(笑)
しかも同じ教室に島津さん、毛利さん、徳川さんや松平さんって普通に漫画ですよね(笑)

>親戚と言えば、現代の宗家当主と慶喜家当主の母親が

私もその話をどこかで見て、え、そうなんだと思いました…
しかし昔の大名家は殆どがどこかで繋がっていますね。
自分では考え及ばない世界である上、既に”歴史”の括りに入ってしまっているので、こういう話を聞くと、へーと驚きが…

やっぱり住んでいる世界が違うんですね。笑
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)