Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

つれづれ

2017514


皇国の興廃なうって見えて思わず笑ったんだけどよく見たら皇国の興廃を担うだった加藤友三郎の伝記小説。


東郷吉太郎が蔚山沖海戦の批判じみたことを上村彦之丞に面と向かって言って(何たるつわもの)めっちゃ怒鳴られた話があるのだけれど、それをどこで見たのかがどうしても思い出せんのだー
今書いてる事に関係あるかと言ったら別にないのだけど(ないんか)、気になって気になってしょうがない。探しても探しても出てこない。
誰か分かる人おる…? (´;ω;`)


しかし久しぶりにあれこれ見るものが多くて楽しいです。
忘れている事が大変多いのが我ながら残念過ぎる。笑
あー…ごんべさん好きやわー…(上村どうした
改めて伝記類を読んでいてふと思ったのだけれど山本権兵衛ってとても几帳面な人なのだけど、几帳面というより一種の潔癖症やったんと違うかな。
剃刀か鉈かでいうと鉈の方だと思うのだけれど、両刃で鉈と剃刀ではという感じがする。
分かりにくい例えだな。


昨日天満の古書店を覗いたら『残花一輪』を見つけて驚いた。
熱血秘史のシリーズではない元の本。おー…
『残花一輪』と書いてすぐ分かるのはMVさんおひとりのような気がしますが、「海軍の本より~『追悼山本五十六』と『残花一輪』より」で触れています。
著者は山本五十六の1期先輩にあたる人物です。
500円と安かったし写真版もあったので買おうかどうしようか迷ったのだけれど、あっても読まないだろうなあと。
というか本を買う前に積読を消化しろという話ですわ…
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)