Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:近代MTS > 明治 > ダイバーシティ(4)

ダイバーシティ(4)

日露開戦後、山本は仮想水雷母艦日光丸の水雷長兼分隊長でした。
何をしていたかと言うと、駆逐艦や水雷艦隊への魚雷等の供給、機雷の組立と補給という後方支援。
当時の機雷組立は危険な作業で、原因不明の爆発で殉職する人も少なくなかったそうです。

そんな機雷を沈置する将兵はしばしば戦功を立てるのですが、組立てる方はその功を認められることもないわけで。
無いと困るのに、表には出てこない作業は認められにくい…

山本の部下の兵たちは、自分たちが苦労して作った機雷で戦友たちが功名を上げていく状況に耐えられなくなってきて、
「自分たちも機雷沈置の選抜に加えるよう、上長にとりなして欲しい」
そう嘆願してきた。

そしてその願いを一蹴する程山本は冷淡にはなれなかった…
命懸けで機雷を作る部下たちを見ている人なので、何とかしてやりたいと思うのが人情だろう。
これ明治37年5月頃の話だと思われます。


山本は艦長経由で東郷平八郎連合艦隊司令長官に願い出ます。
そうしたら秋山から
「艦載水雷艇隊を率いて旅順港口に機雷沈置に行かないか」
と声を懸けられ、山本はこの話を承けた。
ただ嘆願してきた部下たちと共に、とはいかなかったようですが。


艦載水雷艇 


旅順口封鎖に従事していた艦隊が当時持っていた艦載水雷艇は8隻であったけれど、1隻は東郷司令長官用として必要で、実動可能なのは7隻。
その内1隻は6月初旬の機雷沈置の際に喪失しており、山本に話が下りて来た時には6隻だったとあります。


調べてみたらアジ歴に指揮官の報告書がでており、作戦の実施は明治37年6月7日、指揮官は田中茂蔵少佐(37年6月7日第1回艦載水雷沈置戦闘詳報)。
10期ほど上と山本が書いていたので、15・6期ね!知ってる人かも!と思ったのだけれど知らん人やった…(ごめん…)
16期、井出謙治クラスの人。

しかし報告書にある艇隊の編制を見ると8隻になってるよ…
ん?
三笠の戦時日誌を見ても8隻とあったので、こちらが正しいですな。
(浅間、八雲、三笠、朝日、敷島、富士、八島*2)

報告書によると機雷投下中に敵の砲火を浴びせられたけれど、特に損害は出さずに済んだ。
その帰還時に曳航してくれていた駆逐艦白雲の転舵が原因で八雲の艦載水雷艇が沈んでいる。


艦載水雷艇 


これだけ小さいと曳航する船の速力や方向転換に大きな影響を受けただろう。
というかこんなのでよく敵陣近くまで行けるな…こわいわー
報告書からは分かり辛かったのだけれど、山本の回顧を見ると、猛烈な砲火により作業途中で退却した、というのが実際の所のよう(実施責任者の書いた報告書なので中々そんな感じでは書かれないと思われ^^;)。


とまれ、先にこうした失敗があり、加えて先の指揮官より遥かに経験不足の山本では無理だろう。
そう考えた島村速雄参謀長は山本へは4隻の艦載水雷艇を任せるよう秋山に告げたそうですが、


処がどういう訳か、(※土原註:秋山)参謀は私の為にいやに頑張られて、終に最初の意見を通され、私は六隻全部をお預かりする事となった。
私は責任のいよいよ重大且大なるを覚えた。


秋山の主張で6隻を預かることに。
そらー男としては期待に応えたい所ですな。
あれこれ考え幾らかの実験をした後、6月13日に6隻を率いて旅順港口へ機雷沈置に向かっております。
これもアジ歴に山本本人の報告書が残っていました(37年6月13日旅順口外機械水雷沈地の行動に関する報告)。
そしてこちらは機雷沈置に成功した。
(あっさり…


山本は明治33・4年の常備艦隊附から始まって、明治37年の旅順港口での作戦、38年のネボガトフ、ロジェストウェンスキーの通訳と秋山と縁があり、分かる所ではここでおしまいかと思いきや、まだあった。

秋山が大正5(1916)年3月~10月末に欧米視察に出掛けた事は何度か触れていますが、その際立寄った国にイタリアがあります。
当時島田繁太郎がイタリアに駐在しておりまして、その際の軍務局長が秋山でした。
その赴任の際に島田は

「イタリア語を覚えても仕方ないだろうから、フランス語でも学んでこい」

そう秋山より言われたと回顧しています。
田中宏巳『秋山真之』にも以下のような記述があります。


七月下旬、イタリアに入った。
山本信次郎中佐と嶋田繁太郎少佐が出迎えた。
山本はフランス語とイタリア語を自在に操る語学の達人で、その上、熱心なカトリック教徒で、イタリア人の高い人望を得ていた。


続くのだけど、このままブログで続けるかちょっと迷ってる…
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)