Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:近代MTS > 大正 > 秋山真之の書簡(続々)

秋山真之の書簡(続々)

秋山が欧米視察旅行に出かけたのが大正5(1916)年3月~10月末になります。
(この辺りの話は「Extraordinary」をどうぞ)
戦争の真っ最中。

欧州では大戦参加国の大本営に顔を出して戦況を見聞していたそうで、戦争の様子もよく分かっていたのではなかろうか。
当時既にドイツの飛行船がイングランドや東部戦線・西部戦線を爆撃したりしているので、その様子なども聞いていたかと思われます。


帝国海軍では大正5(1916)年4月に海軍航空隊が誕生しているのですが(横須賀鎮守府所管)、安全に飛べる飛行機は10台ほどしかないとか、そういう状態であったそうです。
慢性的な財政難、そして大正3(1914)年1月に表面化したシーメンス事件、第一次世界大戦による資材の高騰といった環境の中、軍艦の建造でさえ困難が生じているので、中々航空関係まで資金が回らない。
大正6年6月の前川宛て秋山書簡にも「艦政局に融通の資金無之」という文言があるのですが、まあそんな感じ。


秋山真之 


日露戦後~大正期は軍艦ひとつを例にとっても非常に技術革新が進んだ時期で、
「やったー!予算取ったー!」
という段階で、まだ作りもしない軍艦が既に旧式艦になっていたりするのですよ…
(技術革新のスピードが早すぎて、当局でもどのスタイルの軍艦を採択すればいいのかが分からない。挙句の果てに旧式艦)


「84艦隊とか88艦隊とか呑気なことを言っている時節ではない」
「危急に適応できる武器を準備する必要がある」

6月の前川宛書簡で秋山はそうも書いているのですが、当時の様子を見ている当局者からすれば真実そうした感じであったのではないかと思われます。
世界と自国の状況を鑑みて、どんどん進んでいく軍事技術についていかないといけないのに、資金がないから思うに任せないというのはかなりのジレンマだっただろうなあ。
文面から読み取れる以上の危機感、焦燥感があったのではないかと思います。

体調が悪く、また通常勤務も難しいという中でも尚且つ頭の中がこういう状況か。
これでは本当に頭も心も休まらなかったのではなかろうか。
その上医者に治してもらうつもりがなかったら、治る病気も治らないよ秋山…

うん。
色々な感慨の沸く書簡でございます…


もう1通釈文を頂いたのは森山慶三郎宛の秋山書簡です。
わーい。もーりーやーまー!(落ち着け
大正3年7月のもので、秋山が海軍省軍務局長の時期のもの。
シーメンス事件について書かれていたようだったので、ちょっと内容が気になったのさ…(結果としてあんまり内容はなかった^^;)
未公開書簡でもあることから、内容は書かない旨お伝えして釈文を頂いておりますので、これについては書きません。
ただ当時森山は在留民保護のためにメキシコ西岸に派遣されていたようで(出雲艦長)、日本の軍艦、結構手広くあっちこっちに行ってるのだな、と感心しました(感想文か


坂の上の雲ミュージアムの担当者様、色々と御骨折り頂きましてありがとうございました。
(こちらをご覧頂いているかは分かりませんが…)
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)