Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > 他し事(あだしごと) > 「芳年」展@京都

「芳年」展@京都

食あたりの記事のままですが生きております。
ちょっとあれこれ落ち着いてきた。


IMG_3906_R.jpg 


今日は朝一で京都へ行ってきました。


IMG_3916_R.jpg


京都駅と繋がっている伊勢丹の中に美術館がありまして、そこで月岡芳年展が開催されていることを昨日知ったのであった…(会期明日まで)
130点程が展示されていたようなのですが、これだけの数を一度に見るのが初めてだったのでこれは嬉しかった。
わーい、全部芳年だー…

あ、これ芳年だったんだと思うものが結構ありました。


IMG_3913.jpg


これとか。
前列右から東伏見宮、三好重臣、西郷隆盛、山縣有朋。
後列右から福原和勝、鳥尾小弥太、川路利良。


「英名二十八衆句」という「無惨絵」といわれる流血ものがあるのですが、それも数が出ていて驚きだった。
美術品と言っても展示しづらい物が多いと思うんですわ。
人の顔面の皮を剥いでいる真っ最中の血みどろになっている姿とか、切腹して腸が出ているとか。
私、芳年の入り口になったのがこのシリーズと安達ケ原の鬼婆なんですよ。
これはちょっと子供には見せられん…
(流石に注意書きがあり、コーナーには仕切りがされておりました)

特に後者は余りにリアルで宜しくないとして、明治政府から発禁処分を受けている。
そこで「明治で浮世絵かあ」と思ったのが始まり。
いや、西南、日清、日露戦争物も浮世絵には沢山あるのですけどね…
広瀬武夫さんのもあるのですけどね…
何となく江戸時代で終わってしまう印象が強かったのだよ明智くん。

気になる方は「奥州安達がはらひとつ家の図」でググれば出てきますのでどうぞ。
これはそこまでエキセントリックではないと思うのですが、苦手な方もいると思うので自己責任でお願いします。

あと面白いなと思ったのは、芳年の鉛筆画の素描が出ていたこと!
すごいなあ、よく残ってたなあ…
大変見応えのある展覧会でした。行って良かった。


IMG_3914.jpg
京都駅~伊勢丹の大階段


そして京都まで行って京都駅から一歩も出ずに、帰途の大阪をぶらぶらしてきたのですよ。
あらま。
京都、人多くてしんどい。


IMG_3900_R.jpg


今年は桜を長く楽しめました。
天気があまり良くなかったのが残念だったな~

ブログ不在は6連勤が続いていて流石にしんどいというのもあったのですが、新年度会という名のご飯会があったり、あと部屋の片付けをしていたり。

新年度会はフレンチだったのですが、大変おいしかったです。
某世界的時計ブランド創業者来日の際のご指名オーナーシェフのお店でフレンチ…しかも芦屋…
お財布的に怖すぎる。笑
しかしお支払の準備をしていたのにご馳走になってしまったのでした。
おいしかった…

片付けの方はあれを処分しこれを処分し。


IMG_3879_R.jpg


あまり触らない本をベッド下に仕舞うためにベッド下の掃除から始めなければならないという。
この際なので不要の本や漫画も処分したのですが、やっぱり捨てられないものが結構あるのだよー
そして漫画は片付けている最中に読んでしまう。終わるかい。笑

撓んでいた本棚の板も新調して、ついでに仕切り数も増やして…
とあれこれしてしたら、本棚周りが思いの外きれいになって私は大変満足です(感想文か
周囲が綺麗だと気持ちもシャンとします。
環境って大事ですね。

ぼちぼちこれから更新していくつもりでおりますので、どうぞ宜しくお付き合いくださいませ。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)