Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

Home > ひなみ > 軍歴証明到着

軍歴証明到着

軍歴証明がやってきました。
香川県の方は申請してすぐ来ました。2月初旬ごろ。


軍歴証明 


複数枚に亘る原本。うわー凄いわこれ…
所属部隊担当者が作成した書類の原本写しから傷病証明書まで。
中耳炎で入院した記録がある。
上官のビンタで一時耳が聞こえなくなったと母が祖父から聞いたと聞いたことがある。
所属部隊が参加したのはインパール作戦が最後っぽい。
祖父が復員したのは昭和22年で、ビルマで敗戦を迎えたのち2年ほど開いている。
見ていると連合国軍の作業に従事とあって、これは現地の復旧作業に従事していたらしい。
復旧作業なのか使役なのか、実際の所は調べてみないと分からない。


軍歴証明


一方先週末奈良県からやってきた軍歴証明である。
1枚。ぺらーん…
戦争末期におっさん部隊で招集されたので、軍歴らしい軍歴は殆どないというのは分かっていたのだけれど。

記録昭和20年の4月10日で途切れとる上、知りたい情報皆無っちゅう。
聞いてくれ、敗戦時の所属部隊すら書いとらんのだこれ。
何時復員したのかさえ不明。抑留されているのにシベリアのシもない。どういうことなの。
寧ろ重要なのはそこなのだが。

抑留先で亡くなった方の名簿はあるのだけれど、復員した人の名簿は見当たらない。
調べ方がイマイチなのか。うーん…
舞鶴で聞いてみるにしても何も分からない状態では聞くに聞けないしなあ…

抑留先の様子を知りたくて、しかし所属部隊さえ分からなかったので調べるに調べられずの軍歴証明申請だったのだけど、全く何の役にも立たねえ。
駐屯先から自分で割り出せということなのか。
見せていい情報を書き出して送るとは言われていたのだけれど、正直ここまで簡略されたものが来るとは思っていなくて、がっかりを上回る残念さ。
頼んどいて文句言うなよと言われたらそれまでですけど、香川県のが詳細を極めていただけになあ…

そして6連勤がまだ今週来週と続きますよ。今3周目。
少し疲れてきた…

続きにお返事があります。


>三宅さん
返信が遅れましてすいません。
難しい話よりも面白いと思える話を書けたらと思いながら書いている所もありますので、三宅さんのように感じて頂けて私も嬉しいです^^
近代は人柄や顔立ちが分かる人も多いですし、そういう意味でも生身の人間として先人を知ることの出来る貴重な時代ですよね。
広瀬の墓所は青山霊園でして、兄の勝比古氏と隣り合っております。
もし機会がありましたらぜひ墓参されてみてください(広くて少し探し辛いので管理事務所で場所を尋ねるのが早道です)。
コメント頂きましてありがとうございました。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)