Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > 史跡 > 品川神社(1)

品川神社(1)

先週末は東京でした。
宿泊が品川で、早朝に少し時間が取れそうだったので周辺に史跡がないか探した(ヒジハラですから。笑)
…ら、板垣退助のお墓があった。
何となく青山霊園とか多磨霊園とか、あの辺りかと思っていたので意外でした。

ということで取り敢えず品川神社まで。


品川神社


京浜急行新馬場駅の目の前。
電車の中から結構大きい神社だなあとぼんやり見ていたのですが、よく見りゃ


品川神社


<●><●> 富士塚じゃね? (覚醒)(笑


正直板垣退助の墓所よりこちらに興奮した。(どうなの…

階段を登ればちゃんと富士塚の説明がありました。
一度見てみたかったので、これは嬉しかったぞ!

富士塚とは江戸時代の人工富士山のことで、富士の山開きの時に富士講で富士登山するのですが(なんのこっちゃ)、それに行けない人々が富士塚に登った。(※品川富士は明治2年に作られています)
富士信仰は関西でも昔からあるらしいのですが、富士塚はないのです。
それやこれやでいっぺん見てみたかったのだけれど、思いの外大きくて驚きました。


富士山


帰りの新幹線から見えた富士山。
東京出てから20分くらいで見えるもんなあ。
江戸から富士山は見えていました。
見えなくなったのは高層ビルが立ち並ぶようになったこの数十年だと思う。
とういうか数年前まで山手線から見えとったはず。
まあ、日常生活している上でどう頑張っても欠片すら見えない関西と関東では、富士山に対する感じ方はちょっと違うと思うんだ…
(※三重・滋賀・奈良・和歌山の県境辺りの山頂が可視の最西らしい)


品川神社


鳥居の近くに大きな石碑があったので近づいてみる。
荏原郡長を務めた林交周という人物の顕彰碑でした。


品川神社


篆額が小松宮彰仁親王、撰書が伊藤博文。
リリー自分で書いたんか。所縁の深い人物だったのかな。

階段を上ると包丁塚等あれこれ石碑が並んでいたのですが、ゆっくり見る時間はなかったのでスルー。
富士登山(笑)する時間もちょっとなかった…
踵のあるヒールだったのでしんどかったのもある。笑


品川神社



本殿の前に忠魂碑があったのでまたもや近づいてみたら、


品川神社


「希典書」とある。
あら。


品川神社


明治43年4月に品川町の在郷軍人会が日清日露戦争の戦没者の慰霊の為に作ったもので、乃木希典に揮毫を依頼したそうです。
何度か移転の後に品川神社にやってきたとのこと。

結構色々なものがありますな。

続きます。


関連記事

Comments

post
2017-02-09 20:45  富士塚!
MV #513
わが市には埼玉県最古で他都県を含めても古い方に属する、国指定重要有形民俗文化財の富士塚がありまする。
品川神社のほど大きくはありませんが、古さではこっちの方が断然上。
再び市の広報↓(笑)
http://www.city.kawaguchi.lg.jp/kbn/Files/1/01050027/attach/P26-27.pdf

ここから歩いてちょっとの所の東沼神社には悠仁さまご生誕記念に再建された新しいのもあります。
調べてないけどひょっとして最新の富士塚かも。

↑の広報の「見沼通船掘との関係」の所にちょろっと書いてありますが、見沼代用水は、八代将軍吉宗の新田開発方針に従って作られたもの。で、わが家の前を流れておりまする。
なので吉宗にはちょっとばかり思い入れがありまして、暴れん坊将軍ではない松平健さんになじめないのは生で将軍姿の松平さんを見たからばかりではないのです(笑)
(しかしこの広報、見沼通船掘は市境の向こう側、さいたま市にあることに全く触れてませんね。笑。)

富士山に対する思い入れは確かに見えない所とでは違うかもしれませんね~。
バブル期に建売住宅が立ち並ぶ前、小学生の頃は通学中、田んぼの向こうに富士山が見えました。
今でも通勤時に快晴だと、京浜東北線で荒川を渡っている時、今日は見えるかな~なんて確認しちゃいます。
去年は富士山の絶景で有名な三つ峠山に登ったり(雨で真っ白で見えなかったけど。高速バスのチケット買ってあったので日付変更できませんでした。泣)、
冬至の日にダイヤモンド富士を見に高尾山に登ったり(うす雲がかかってダイヤモンドになりませんでした。泣)したりして。
自分の家の二階から富士山見えるのに(笑)

あ、それで思い出しましたが、もし日光へ行くなら浅草から東武線で行くのがお勧めです。
建物が立て込んでいる間は高架だし、地面に降りる頃には周囲が田んぼになるので、群馬に入って山に遮られるまでに、空気の乾燥する冬場はかなりの高確率で富士山が見えます。
前に書いたとおり春日部駅で途中下車すれば鈴木貫太郎記念館にも行けますしね~。
もっとも、鈴木貫太郎記念館、この間行ってきましたが、小さくて展示物も多くない(つーか、はっきり言って少ない)ので。あまり期待しませぬように。

さらに余談ですが、記念館まで車で20分ぐらい?の所に住んでいる人よると、記念館のある関宿で開催されるテニス大会では「鈴木貫太郎賞」なるものがあるそ~で。ただ、地元へのテニス振興に貢献した人かと思ってたそうな。
知人の誰一人として水野広徳を知らないのは知名度から言って仕方ないけど(泣)、鈴木貫太郎すら知られてないのかとがっくりしました。

長文失礼しました~。
2017-02-11 23:24  >MVさん
ヒジハラ #514
こんばんわ。
確認が遅れましてすいません。

木曽呂の富士塚はそちらだったのですね!
貼って頂いた広報を読みましたが、200年も前に作られた土盛りのものが残っていることに驚きました。
高さ5.4m、直径20m、そこそこの大きさですが無くなる時は一瞬ですし。
地元にあった古墳が近代に入って国道等を通すために2つ程潰されておりますので、ちょっと思う所があります…
とは言えそにに至るまでに前方後円墳であったらしい形も結構崩れていたそうですが。
古墳時代と江戸時代では流石に時代が隔たり過ぎですが(笑)、信仰の対象というのはそれだけ強いものかもしれませんねえ。
長く残って欲しい史跡ですね。
また新しく再建されたというのも驚きました…(新設?の発想はなかった^^;

確かにそれだけ身近だと上様に対する思い入れがあるの、分かります。笑
家の前なんて、見るたびに思い出す感じですもの。
私の地元で吉宗繋がりだと、象がやって来た時に地元の川を渡ったとか、その程度です(長崎から江戸まで陸路で連れて行ったそうです)。
この江戸との距離感。笑

関西にいると本当に日常生活に富士山はないんですよ。
新幹線乗る時に見えるかなとか、その程度です。
私のように滅多に新幹線で東京にも行かない人間には本当に縁遠いというか。
生活している上で普通に見えるというのが想像できない…
なので偶に見られる機会があるととってもテンションが上がります。笑
しかしご自宅からも見られるというのは羨ましいです。素敵ですね!

東武線利用でも見られるのですね。
何年か前にMVさんの仰る経路・浅草発で日光に行ったのですが、もしかしたら見られたかもしれないんですね。
(縁遠過ぎて関東圏から見られるという頭が全くない…

鈴木貫太郎記念館の情報もありがとうございます。
展示物少ないのですか…それは残念…首相まで勤めた人物ですのに。
特に現代寄りの近代になると知名度は本当に低いですね。私もがくーっと来ることが結構あります。切ない。

しかし関東は足利学校など、他にも色々行きたい所もあるのですが、東京横浜辺りで止まってしまって中々旅行する機会がないです…
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)