Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

Home > ヒストリ:近代MTS > 明治 > 過ぎたるは猶

過ぎたるは猶

バトン」を書いて、久々に『上村将軍言行録』(昭和5年)を出してきた。
というのも『上村大将追悼録』(大正6年)、『言行録』と編者は同じである上、内容も被っている所がある気がして。
確かめたら被ってたわ。気付くのが遅すぎですねそうですね。節穴ですねそうですね。

『追悼録』が『言行録』に再録されている。
海軍兵学校15期辺りの日露戦争辺りの追悼ばっかり読んでいたので、幕末~維新辺りの話は記憶が完全に飛んでました。笑
全然覚えてねえわ。
ただ省略されている部分もあるので、元になる『追悼録』も見られて良かったです。


海軍の父山本権兵衛


「上村副長に鉄拳制裁」

こちらは『海軍の父山本権兵衛』(中村嘉寿/水産社/S17)から。
著者中村は山本と交流のあった薩摩生まれの国会議員(元はジャーナリスト)で、山本やその周辺から親しく色々な話を聞く事が出来た人物。
本人にようそんなこと聞いたな、と思うようなことも聞いていて、読み物としても結構面白い本。


上村といえば酒豪として知られ、しかもそれが結構乱暴な酒だった。
兄妹かのように仲が良かったと言われる海軍料亭小松の女将、コマツさんからも
「ずば抜けて酒に強かったが、酒癖もずば抜けて悪かった」
と言われるほど。oh…

若い頃からであったようで、海軍兵学寮にいた時も酒を飲んでの乱暴狼藉を随分繰り返していた。
監督官らが上村があと一度狼藉を働いたら放寮処分にするという協議をしていた矢先に、門限過ぎにいい気分で帰ってきた上村。うわー
締め出されていたんでしょう、窓ガラスを割って部屋に入ろうとしたらしい。
それを見かけた山本が、さっと手を伸ばして上村を引き上げ、事なきを得たという話があるそうです。


海軍の父山本権兵衛 


で、表題の上村副長に山本が鉄拳制裁、という話なのですが。
この話では山本が艦長、上村が副長なのですね。
調べたら両者が同艦勤務になったのは明治19~20年頃の天城艦しかなく、当時山本は艦長で上村は分隊長でした。


或る夜の事、提督は例の如く乱酔して陸から帰艦、乱暴を遣りだしたと見るや、
伯は何思ひけん静かに二言三言副長に囁やいて其の儘連れ立つて甲板の方に行かれた。

この様子をハムモツクの上から目撃した富岡少佐は、コレハ何事か起るぞ…
と内心怕々ながら就寝を装つて覗いてゐると、伯は提督を強か打擲したが、
提督は一言の抗争もせず、さるゝが儘に服従して居られた。


提督は上村、伯は山本。
富岡少佐は名前が載っており、富岡延治郎のこと。
富岡定恭の弟で、機関科なのですが本書では砲術長とある。

色々と間違いすぎている。笑
あれこれと齟齬がありますが、富岡も同時期に少機関士として天城艦に乗り組んでいるので、著者の記憶違いだろうと思います。

富岡は思いの外山本艦長の腕っぷしが強いのに驚いたのだけれど、


艦長の態度、其折檻の凡てが友情の迸りであり、
又之を甘受して只管自己の罪を悔いて居る副長の平生の傲岸にも似ぬところに、
味はひ尽せぬ友情美と感受性に富める点は、実に後世に教訓を垂れたものであり、
多くの学ぶ可き美徳である、といつも親しき人達に(※土原註:富岡が)話して居られたとの事である。


教訓云々はひとまず措いて、”漢”だなあという感じがします。笑
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)