Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

Home > ヒストリ:オール > 江戸_幕末 > 薩南の風(4)

薩南の風(4)

少年読本桐野利秋


モチベーションを上げるために借りたのだけど、貸出しOKで驚いた。
家にある一番古い本と同じ年の出版、明治37年(第3版、初版は32年)の本やでえ…

私この本のコピーを持っているのだけど、本を読む方が本読んでる感があって(当たり前や)テンションあがる。
「少年読本」とは言え桐野に会ったことがある人が桐野を知っている人から話を聞いて書いているという夢のような本である。 ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

桐野の西郷との関係について私が感じているイメージは、実はこの本に近い。
両者とも、幕末であれ明治であれ割と距離があるように思うし、桐野からは他の薩摩人が西郷を思う強い熱気のようなものは、そんなには感じないんだよなあ…

どちらも割と冷めた感じでお互いを見ているというか、どちらかと言うと思う以上にビジネスライクだったのではと個人的には感じる所がある。
桐野は薩摩人にしては珍しく、独立、個人、という感じがする。
生まれ育った環境が影響している様に思いますが、山本権兵衛と割と似た空気を感じるのですよ。

そういう理由で以前書いた宝塚のチケット販売の宣伝文には「西郷に忠誠を…」という言葉があったのですが、この甚だしい違和感よ。笑(個人的な…


桐野利秋と別府晋介 


この本を読んでいても思うけれど、何故桐野が文字の読み書きが不自由という話が流布したのかが不思議ですわ…
小説のイメージがイコール人物像になっているのでしょうが。
そもそも文盲の意味が今とは違う(「大坂のお奉行さん」、真ん中辺り)。
当時の士分と比べたら今の日本は文盲ばかりだろうよ。
(そして当時の正当に学問を修めた士分から見たら確かに桐野は無学文盲の域に入っただろうなとも思う)

司馬遼太郎は現代的な意味での文盲に近い印象で桐野を描いていたように思います。
司馬さんが意味の違いを知らないことはなかっただろうと思うのだけれど、あれはちょっぴり悪意があったかなと、今思い返すと思わないでもない。

そして『翔ぶが如く』の最初と最後の桐野(だけではなく薩軍の人々)に対するスタンスの変り様。
『翔ぶが如く』の作品内だけでなく、『竜馬がゆく』など幕末からの薩摩っぽの扱いの変り様。
司馬さんの小説は面白いし好きなので(ただもう読むことはないと思う)、いまだに苦しむわ。
まあ、途中で書くのが嫌になったのだろうということは分かる。笑

作品の傾向からしても、司馬さんはどう見ても合理的な人間が好きだ。
西郷よりは大久保、近藤よりは土方、大村益次郎(合理主義の鬼…)、河井継之助。
”司馬さんの中の乃木希典”は司馬さんの好みからは程遠かったでしょうね。
そういう意味でも明確な最終目的も戦略も戦争指導もなく崩れていった薩軍を描くのが堪えがたかったのではないかと思う。
ご自身の戦争体験も重ねられたと思うし。

ただ乃木の事について書くと、『殉死』は「憎悪で書いた気がする」と司馬遼太郎本人が言っているぐらいだしなあ(※)。
憎悪かよ。
そう思いながらフェアな扱いで描くなんてできないのではとは、思いますな。
(多分西南戦争時の薩軍にも似たような感じを持っていたのではないかという勝手な想像)

※『歴史と小説』収録「維新の人間像」(萩原延壽との対談)中、土方歳三の美意識と乃木希典の美意識について語っている場面で。
関連記事

Comments

post
2016-10-08 22:05  凄い図書館ですね。
なかむらきりの #479
以前も広瀬氏の書簡掲載本の貸し出しがokで驚きましたが、少年読本が借りられるなんて、ビックリです。
鹿児島県立図書館でも貸し出し不可ですから。
しかも、とても綺麗ですね。
鹿児島市の維新ふるさと館の古書販売展で、8000円でしたが、買えませんでした。(汗)
今、少し後悔しています。

鹿児島ご訪問は11月ですか?
私は今月下旬に訪鹿します。
12月の桐野お誕生日もふっこう割を利用して行きたかったのですが、家の事情で断念しました。ホントにお安くなるのに残念です。(笑)
2016-10-09 01:54  >なかむらきりのさん
ヒジハラ #480[Edit]
私も流石にこれだけ古い本を借りられるとは思っていたなかったので、驚きました。
10年程前に1度借り出された形跡がありますが、それからはどうだろう…
ほぼ新品に近いです。笑

そうなんです、私は来月です。
復興割、申し込みたかったのですが「そうだ京都行こう」レベルの思いつきだったので、抽選に出遅れました。笑
でも復興割利用以上に安いかな?

滞在時にちょうどふるさと維新館で郷土古本市があるようなので、覗いてみようかとは思っているのですがちょっと怖い…笑
しかし地元なら少年読本も出てくるんですね。流石。




Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)