Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:オール > 江戸_幕末 > 薩南の風(3)

薩南の風(3)

宝塚の話を知る少し前に、舞台で響の片方が西郷隆盛をするというネットニュースが出ていると教えて頂きまして。(※仕事中です
へーと思ってググったのですよ。(※仕事中

公式見て笑った。http://www.mononofu-stage.com/cast.html
机に突っ伏しました。(※仕事
別府君麗しすぎる…(おーい

というか、人物相関図(上URL)が凄すぎて。笑
明治になって10年も経つのにひとり明治を迎えてない桐野利秋(中村半次郎のまま…)。
抜刀隊の括りに入れられている佐川官兵衛、斎藤一、山川浩に大山巌。
……大山巌!?
ちょwちょっと待ってww
ど う い う こ と な のwww
(ついでに書けば間違われることも多いが鬼官も斎藤も抜刀隊ではない。というか抜刀隊の括りにいる人がことごとく抜刀隊とは関係ござらぬ…)

「え、どうなんこれ、どうすればええん?そうか事故やったんやこれ、見んかったことにすればええんや…」(独り言)

めちゃ笑われる(※仕以下ry
取敢えず別府君ち(跡)で盛大にムカデ2匹に咬まれた話を披露しておきました。仕事中。


別府晋介誕生地@鹿児島
(@鹿児島市吉野町実方)


この時は本当に大変だったんですね。
別府の生誕地碑をぼんやり眺めていたら足首の辺りがもぞもぞしましてね…
靴とジーンズの隙間から10センチ程あるムカデ2匹が足を這い上がっていたのを見た時の恐怖と言ったら筆舌に尽くしがたい。
引っぺがそうとした時にがぶー!といかれました。
めっちゃくちゃ痛かった。
あんなんもう、二度といやや…

忘れもしない鹿児島旅行最終日の日曜朝8時頃で、桐野別府の生誕地辺りは吉野の中心地からは少し外れていて本当に住宅しかないし。
取敢えず町っこ()なので、咬まれた後の対処方法とか知らんのです。
ただ痛さが尋常でなく、しかもみるみる内に足の形が変わる程膨れ上がっていたので、とりあえず市街地に帰った方がいいと。
くそう。長居したかった。

バスに乗っていたら前方に薬局が見えたので急いで降りて、薬局のおじさんに見てもらったら
「よくあるよくある」(笑いながらマイルドな薩摩弁で)
マジか。
鹿児島ではよくあることなのか。
鹿児島怖ええ…

今回探したら当時のブログがあった。2006年。
こういうことがあるから、旅先での飲料のチョイスが水オンリー。
というかそもそも水かお茶か、野菜or100%ジュース位しか私の中には選択肢がないのだけれど、水なら怪我した時に洗い流せる…
…って一体どういう旅行をしているのかこの女。

ムカデに咬まれたのは別に別府君のせいではないのだが(当たり前や)、私の中ではなんとなく別府君のせいになっている。笑
ごめんね別府君。


別府の家から歩いて5分程の所に桐野利秋生誕地があります。


桐野利秋誕生地@鹿児島


小さい公園になっていた。
2006年時の写真なので、今も同じかどうか不明。

西南戦争が始まるまで桐野がいた吉田の方にも石碑やゆかりの地が残っているのですが、そちらにはまだ行っていないのですよ。
次に行く時は必ずと思っている。

ぐだぐだ続く。

関連記事

Comments

post
2016-09-16 01:40  ちょっと感動しました。
なかむらきりの #475
御無沙汰致しまして、申し訳ありません。
13日に、初めての宝塚大劇場で、桐野主役の「桜華に舞え」を見て参りました。
史実というかあれこれ言いたいことはありますが、なかなか良い舞台でした。
桐野の北翔海莉と架空人物の紅ゆずるの明るさ、楽しさ、もう一度見たいですが、チケット入手が難しい........。
榎木孝明さんよりはるかに若々しい桐野でした。(笑)
今回の驚きは、一応「ヒサさん」登場。但し、竹下ヒサです。
これでわかるように「九重の雲」を参考にしたわけですが、それだけでなく、池波正太郎、映画「半次郎」などが色々混じっています。
紅ゆずるの役が弥一郎とも重なるので、数多の薩軍の登場人物がいるのに出てきません。
来週、例大祭に出席の予定です。
2016-09-16 04:36  >なかむらきりのさん
ヒジハラ #476[Edit]
お久しぶりでございます!!
こちらこそご無沙汰しております。

遥々こちらまで来られたのですね、御足労様でございました…
大劇場と手塚治虫記念館以外何もない所へ^^;
実は宝塚から数駅の所に住んでいるのです(笑)
もしかしたらすれ違い位していたかもしれませんね~

宝塚も実際に見るといい意味で大分違うようですね。
新選組ものを見に行った友人5人程が、全員が全員ド嵌り→宝塚通いを始めてびっくりしたことがあります。笑

私も榎木さんはもう年齢的に無理があるなあと(笑)(榎木さんファンがそう思う…)
40を越えていても非常に若い印象が強いですものね、桐野は。
しかし久さんが出ていたんですか~…驚きです。
あちこちの小説や映画のいいとこどりをした感じなのかな?
限られた時間の舞台を更に宝塚風に仕上げるというのは、まあそういうものかもしれませんね。
出てくる人も限られてきますし。

チケットの入手困難は北翔海莉さんの退団公演だからだと思います。
公演は10/3迄、舞台もこれから後半戦ということでこ慣れ感が出てきて面白い頃ですし。

例大祭に行かれるのですね。
今年は週末で行きやすいですねえ。羨ましい…^^
御気を付けて行ってらっしゃいませ!
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)