Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

天保の大飢饉の頃

昨日の続き。

大塩平八郎が乱を起こしたのは天保8(1837)年のこと。
既に何年目かに入っていた天保の大飢饉で苦しむ庶民救済が目的でしたが、政治腐敗に対する憤りもあったと思われます。

庶民救済については、大坂西町奉行・跡部山城守良弼に随分提言をしていたようですが、昨日書いた通り元与力が何を抜かすかとスルー。
それで大塩はどうしたかというと、自分が持っていた何万冊にも及ぶ蔵書を売り払い、自腹を切って貧民救済をした。
そうした後に行われたのが江戸の廻米。
更に大阪の豪商は米の騰貴に当て込んで買占めを行っていた為、回るものも回らない状態になっていた。
これはもう、政治の無策とか、そういうレベルの話ではありませんな。
関西の飢餓を促進させとるようなもんです。

天保の大飢饉は、”大”が付くことから分かるように、江戸時代を通して四大飢饉のひとつに数えられる程規模の大きなもので、特に東北が甚大な被害を被った。
当時は地球の北半球はプチ氷河期に入っており、その影響がダイレクトに東北を襲った。
プチ氷河期って言うけれど、どの程度かといいますと、一口に言うと夏が来なかったんですね。
いや、夏が来ないってあんた、って感じですが、本当に夏が来なかった。
長雨、暴風雨、日照がない(田植えができない)。
鳥取の話ですが、土用の一番暑い盛りに半纏が手放せない程寒かったといいます。
況や東北をおいてをや。
東北には天保の飢饉で亡くなった人の慰霊碑が非常に多い。
青森を旅行した時はちょっと移動すればこの手の碑がぼんぼん目に飛び込んできて驚きました。

米が主であればある程被害が大きく、悲惨であったのが農村部。
飢饉ですから当然食べるものがない。
種籾すら食べてしまい、犬を食べる猫を食べる鼠を食べる。死者の肉を食べる。
雑草を食べ、木の皮を剥いで食べ、最後には土を食べる。
食料がないということもさることながら、体力がない所に病気になって亡くなった人も多いと思います。

二宮尊徳はこの時代の人で(小田原)、飢饉に強い稗を植える指導をしていたため、彼が指導に回った村からは餓死者が出なかった。
この方、本当に偉い人です。
学校で教えるべき、誇るべき日本人のひとりだと思います。なぜ教科書から消えた…

一方、渡辺崋山の田原藩からもひとりの餓死者も出さなかったといいます。
渡辺崋山、どちらかというと某お宝鑑定番組のために絵画の方で知られている気がしますが、田原藩のご家老様です。
田原藩、現在の愛知県田原市ですが、三方海に囲まれているという土地柄、海岸防備が藩の重要な職務でした。


http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/tahara.jpg


当時異国船が日本の海岸にやってくることが増え、それに伴う問題も多く起こっていた。
それなのに日本は長い間”鎖国”をしていたこと、平和であったこともあり、近代に繋がるような軍事的分野の学問が全然発展していない。
そのために崋山は洋学を必要としていたんです。

崋山が勉強していたのは海防のことだけでなく、西洋の地理歴史、兵学、文化と広範囲に及ぶ。
崋山は自ら蘭書を読む事はできませんでしたので、読める小関三英や高野長英に翻訳させて、それに目を通していた。
学者の研究や翻訳から知識を得、エッセンスを吸い上げて藩政に反映しようとしていたんです。
それが天保の大飢饉の際、寒さに強い蕎麦の栽培やジャガイモの栽培なんかを藩内に広めて、餓死者を出さずに済むという所に至っている。

これのどこが道楽か
 (cf:看板に偽り) (まだ怒ってる)

崋山が自刃する羽目になったのは幕政批判をしたからではなく、冤罪で引っ掛けられ幕閣の政争の犠牲になったから。
学問で身を持ち崩したからではない。決してない。
『江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた』っていう本の題だけど、歴史を捩じ曲げているのは著者じゃないか。

崋山はね、本当は色々とやりたいことがあった人だった。
儒者になりたかったし、絵描きになりたかった。蘭学を勉強したかったし、長崎に留学したかった。
全部田原藩の笑うしかない程の貧乏と、その藩の家老の子ということで諦めた。
もうね、残っているのが藩しかないんだよ。手慰みの絵しかないんだよ。
絵は確かに崋山の慰めだっただろうけど、あれは家計のために必要で、決してお大尽の遊びじゃない。
そういう藩の責任者がどれだけ必死だったか。
どれだけ必死に勉強して「蘭学の大施主」(藤田東湖の言)とまで言われるようになったか。
それを言うに事欠いて「道楽(学問)で身を持ち崩した」……

ええ、そうですね。私本気で怒ってます。
いくらかでも調べての結論ならまだしも調べた形跡すらなく、先人に対する敬意どころか小馬鹿している姿勢が許せない。
お金とって人に読ませてるんでしょ?自分が書くことにもっと責任を持ってほしい。


こ、こういうことが書きたいんじゃなかったんだけど…
大塩どこ行ったという感じですが続きますorz
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)