Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

Home > 旅行 > 東北旅程、振り返り6(秋田・角館)

東北旅程、振り返り6(秋田・角館)

秋田旅程


後三年駅から角館駅へ。
12時前に乗車して角館に12時40分頃着の予定。
途中大曲でJR田沢湖線に乗り換えます。

大曲、上地図が一部くの字になっていますが、その曲がり角。
大きく曲がっている所で、縁起が悪いのでギャンブラーが近づかないと言われる所。笑

乗り換え時間含めて35分程なのですが、わたしーあろうことかー

乗り過ごした…

あ、角館と思った目の前でドア閉まった(ちーん

064f6e6b1f97f972c29566670d4bf0ba.jpg 

笑った。
乗り過ごしは流石に今までなかったわー
というか東北で電車の乗り過ごしとかwマジで死活問題ww

後三年駅は無人駅。電車はワンマンカー。
駅の規模が小さいと下車の際に車内で支払い(バス…)なので、角館の次の駅で車掌さんにすかさず相談w

この電車は田沢湖迄行ってまた帰ってくる。
この駅で待っててもこの電車で帰ることになるから、田沢湖まで乗っていればいいよ。

だそうで。
田沢湖まで行く。


秋田旅程


角館→田沢湖→角館で田沢湖での停車時間20分くらい含めて大体1時間。
1時間のロスで済むなんて奇跡だ…
今回不幸中の幸いであったのは角館と田沢湖という大きな観光地が比較的近かった事ですね。
危なかったわー

東北行く時はワンマンカーに乗る機会が多いです。
個人的に気を付けているのは、なるべく小銭を作っておくこと。
福沢さんは使えない事も多いで!
あと車掌さんのすぐ近くに座ること(運賃箱が運転席の後ろにあり、出入り口が1両目1番目のドアのみになる事が多い)(それでも乗り過ごした今回…)

これはバスでも同じで、地方でローカルバスで移動する時は、分かっていても絶対に
「○○行きますか?」とか
「○○(史跡名)行きたいんですけど、どこで降りたら」
と聞くことにしてます。
地元民じゃないことが分かるので、ここで降りてとか、下車する時に声を掛けてもらえることが多い。


で、当初の予定では角館に1時前について、何か美味しいものでも食べてから観光するつもりでいたのですが、ちょっと無理っぽい…
というか、まあ着いてから考えようと思ったんですね。
考え甘かったんだけど。

五郎がびっくり焼


と言うことで田沢湖駅停車中に食べたこの残り(2個)がお昼ご飯(暫定)に。


そしてハイ、2時前頃に東北の小京都、角館に到着しました。
武家屋敷が多数残っていることで有名で、桜の時期の美しさといったら。


角館駅 


この日の内に米沢まで行く予定にしていて、4時半若しくは5時半頃の電車に乗るつもりであったので、思っている程時間はない。

駅から観光ポイントのひとつ内町武家屋敷はちょっと離れているので、とりあえずそちらへ。
徒歩20分くらい。


角館 


武家屋敷のあたり。
無料で見学できる家もあり、有料で見学できる家もあり(計6軒)。

全部が全部武家屋敷ではなくて、住宅の間に残っている武家屋敷を公開している感じだった。
普通のお宅もあり、武家屋敷っぽいけど非公開になっている所もあり…
写真のように黒板で統一されているので、景観は非常に美しかったです。

石黒家住宅で伺ったのですが、この道路の幅、昔のままだそうです。
6間(10.8m)、角館の町割りがされてから約400年このまま。
すごいね。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)