Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

Home > 旅行 > 東北旅程、振り返り5(秋田・後三年合戦関係史跡)

東北旅程、振り返り5(秋田・後三年合戦関係史跡)

後三年合戦金沢資料館(金沢柵跡)から平安の風わたる公園のある西の沼まで、徒歩で行けるのかと思いきや結構距離があるらしい。
前来た時もタクシーで回った記憶があるわー。
車で5分程かな?歩くと2・30分かかるみたい。


平安の風わたる公園


じゃーん。平安の風わたる公園!
奥の方に三重の太鼓橋が見えています。西の沼にかかっている。


西の沼@平安の風わたる公園


金沢柵の辺りは田んぼが多いのですが、当時は湿地だったようです。
西の沼も湿地であっただろうとのこと。

湿地と断崖に囲まれた金沢柵。
さぞかし難攻不落感の漂う柵(城)であったかと思います。
力攻めで行っても陥とすのには時間がかかっただろうなあ…
後三年合戦の金沢柵攻略を巡る戦は日本初の籠城戦ですが、これ以外にあまり攻め方もなかったのではないかという気がします。

横手は日本屈指の豪雪地帯でもありますし、雪が降る季節に掛かれば沼柵攻略の如く敗退していた可能性もありまっせ。
この年は雪が降るのがちょっと遅かったので、それに助けられたというのもあるみたいですけど。


横手駅


この雁行の乱れの舞台になった所がここ。
清原家衡軍が伏兵を置いていたが、その上を飛んだ雁の列が乱れたのを見て、義家がここに伏兵がいると悟り、危うきを脱したというあまりにも有名な英雄神話がある所。

西の沼の傍には


平安の風わたる公園


名場面のレリーフや


平安の風わたる公園


関係者?の銅像が建っています。上は清原家衡像。
で、ここから駅まではタクシーです。
流石に歩くの辛い距離(笑)
でもタクシーが止まっているような場所ではないので、呼ばないといけない…
金沢資料館でタクシー呼んで、公園まで行ってから駅までというのが理想的。


そして公園から10分ほどで後三年駅!(笑)


後三年役 


このセンス(笑)駅名は駅が出来た大正時代から。


後三年駅 後三年駅


19年前はこんなんやったんよ。


moblog_67277856.jpg


立派になって(笑)
沼の柵はどうしようかと思ったのだけれど、奥羽本線を挟んで向こう側、雄物川の方。
車で3・40分と結構遠い。
特に何がある訳でもない感じであるので(現在お寺)、別にいいかと。


後三年合戦に興味のある方はこちらからどうぞ。
残心」(全23話)
金沢柵の攻防は第10話からです。

前九年後三年関係はまだ前九年の役、後三年の役のままになっている所が殆ど…
直さないといけないの、分かってて放置になっている。すまぬ。
”役”と”合戦”では意味が全然違うんだよなあ…
追々直していきます…大変だ…


で、後三年駅から角館駅まで行きます。


秋田旅程
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)