Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

Home > サイト > サイト更新

サイト更新

■サイト更新 江戸時代 【お奉行様! 13-22】

今回のサイト修正で更新できる状態なのに更新してない事に気が付いた。
いや、気は随分前についてたんだけどね…
更新できる状態には、2年程前になってたんだけどね…orz
機会を逃すとこんなことになるっちゅう感じで、そんなファイルがいくつかある。

お奉行様の話は割と書き込んでいるので、ストックをひとつずつ出すかとも思いましたが全部出すことにしました。
なので13話から22話まで。笑。相変わらず極端な更新具合…
ラインナップは以下になります。

13~15 高野長英6(シーボルト事件3) / 長英7 / 長英と崋山と8
16~18 長英と崋山と9 / 崋山を取り巻く人々 / 立ち位置
19~21 水野忠邦 / 鳥居耀蔵 / 蛮社の獄1
22   蛮社の獄 2

いやー…何といいますか。
本当にお奉行様はどこに行ったという感じになってます。ははは^^;

中身についてもう少し書きたいんですが、き、今日はちょっとパスしていいですか…
ちょっと色々あって大分疲れてます。ぶっちゃけ疲れ切ってます…
それに拍車をかけてくれたのがわんこ。
ちょっと体調が悪かったみたいで夜中の3時に鳴き、私は3回散歩に行った。朝6時までに4キロ近く歩いたよ…(2日)
昨日から歯が浮いてます。もう寝たい。



今日でオリンピック終わりなんですね。新聞見てて気が付いた。
好きな人からすると私は本当に無関心だと思うので、見るともなくという程度で見ていましたが、ショーン・ホワイト選手とエフゲニー・プルシェンコ選手のふたりは楽しみにしていただけに残念だった…

日曜の朝はがっちりマンデーを見た流れでサンデーモーニングがかかっていることが多く、いつも不愉快になってテレビを消す流れになるのですが、今日のはいつもに増して不愉快な放送でした。
スポーツのコーナーで、本当によくそんなこと言えるなと思うようなコメントが。
メダルの数が少ない、喝!ってなんなの?
国費で行っている以上は云々とか言ってる人もいたけど、いや、本当に何を言ってるんだろうこの人たち…
海外に比べて相当劣悪・不利な環境の中でかなりいい成績を残してると思うんだけど。
練習場が潰れそうとか、練習場がないとか、遠征行くために空いた時間でバイトとか、そんな中で健闘している選手のなんと多いことか。
これをこんなに苦労してました!とか頑張りました!とかいう美談に仕立てる放送の仕方はちょっとおかしい。
何故これは問題だもう少し何とかならんのかって論調にならないのか。
訓練すれば竹槍でB29落せるよみたいな精神論で、悪い意味で日本的だと思う。

この番組には今日は船木和喜さんも出ていたけれど、メディアからの過剰な期待は選手によっては応援になるけれど、凶器にもなると言っていた。
確かに「金取れて当然」ってプレッシャーかけすぎじゃない、という感じだったし。
浅田選手も高梨選手も、マスコミが異常に騒ぎすぎて潰したようなもんだろうと思う。
ただ浅田選手の姿は本当に素晴らしくて、スポーツを見て初めて泣きました。
メダリストのことは忘れても、この選手のことは忘れないと思う。

ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

ランキングクリックして頂きました方、ありがとうございました!
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)