Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > 旅行 > 御朱印(中尊寺・米沢)

御朱印(中尊寺・米沢)

旅行には必ず持って行く御朱印帳。


御朱印


歴史的に有名な所でしかもらわないというマイルール。
遅々として進まない。現在2冊目。

上のは今回の米沢。
右から上杉神社、上杉家廟所、林泉寺。
林泉寺は直江兼続の墓所。
林泉寺には兼続さんの位牌の他、歴代の上杉家当主の位牌も見せて頂けてびっくりしました。
上杉謙信の位牌とかあるんやでえ。
よ、よく参拝させてくれるな…
本堂内の写真は流石にアウトでしたが、ちょっとびっくりでした。

あともうひとつ、堂森善光寺という前田慶次の供養塔があるお寺でも頂きたかったのだけれど、人がいなかった…
結構な郊外(※スズメバチ事件)だったのに残念。


御朱印


こちら4件は中尊寺。
右から中尊寺、金色堂、讃衡蔵(宝物館)、一字金輪仏。
後者2件は初めて頂きます。

今回はラッキーで一字金輪仏頂尊を参拝できました。
普段は非公開なのですが、今年は世界遺産認定5周年ということでの公開。
とはいえ私こちらを参拝するのが2回目なのだ。


一字金輪仏@中尊寺 


平成9年にも公開されていて(上写真)、4年前にも公開されていました。
19年前が本邦初公開だったような記憶があります。
初めて平泉に行った時に秀衡の持念仏を拝観できるなんて、なんて幸せなんだと思った。

今回は讃衡蔵での参拝でしたが、当時は不動堂での参拝でした。
ガラスで区切られている訳でもなく、畳に座って秀衡の仏様と思いながらぼーっと眺めてたんだよねえ。
近い所から参拝できるという点では今回の方が遥かに良かったけれど、ありがたみという点では19年前の方が遥かにあった。


中尊寺で購入できる御朱印帳は中々豪華で、


御朱印 


右からのふたつ。
左側は御朱印帳本体で、右側は御朱印帳のカバー。
ちなみに現行2冊目は真ん中の赤間神宮@下関、次からの3冊目は熊野那智大社@和歌山の。

1冊目中尊寺で購入した御朱印帳は、屋島(香川)に行った時の暴風雨で荷物がずぶ濡れになり(※雨女)、華鬘の金箔の一部が剥げてしまった。
それから御朱印帳はビニール製の袋に入れて持ち歩くようになりましたね。ははは。


御朱印 


中尊寺では何ヶ所かで購入できるのですが、私は断然金色堂での購入をお勧めします!
1ページ目がこれよ!
見開きで金色堂ってある。これが嬉しくて御朱印を続けようと思った平成9年。
それから19年経つというのに未だ2冊目。
どういうことなの。笑

しかしその2冊目もあと3ページで終わるのよー!
まあ今年中には終わらないと思うけどね!(笑)

そしていまだに捨てられないグッズの残骸

IMG_2693.jpg


平成9年初岩手…
の、えさし藤原の郷で発見した唯一の!唯一の!

炎立つグッズ!!(笑)

この時点で炎立つ放送終了から既に5年経っていたので、グッズなんてもう無きに等しかったね!
前回はまだ平泉駅にも主役を演じた渡辺謙扮する藤原経清の絵が駅構内には飾ってあったのだけれど、もうなかったし。
駅もきれいになってたしなー。まあしゃあない。


そしてやっぱりこの扱い↓には腹立たしさを感じるのであった…


岩手お土産


偉人ってもっと他にいるでしょうがー
新渡戸稲造、宮沢賢治、石川啄木、金田一京助、源義経。

なんで原敬入れないの?(真顔)東北初の首相やで!?
今なら後藤新平とかいれたらいいじゃん。
斎藤実や米内光政は難しいだろうけど(職業と一般的な知名度から見て)、高野長英だっているのに。

何がって藤原氏を押しのけて義経がいるところが一番不満だよ。

せめて秀衡にして…
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)