Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > 旅行 > 戦利品

戦利品

今朝帰ってきました。
ニュース見て驚愕。や、やばかったー…
去年はこんなこんな感じだったのですが、1日遅かったら今年も同じ目に遭ってたわこの雨女め。
今年は滞在地を離れた次の日に雨のパターンでした。
ただ今回の台風もかなり被害が出ているようですし、進行方向にお住いの皆様、御気を付け下さいませ。


そして今回の戦利品。


IMG_2692.jpg


うん。ヒジハラさんはあんまり買い物しない。笑
基本的に行けるだけでいいのである。
行って写真撮って御朱印貰う位でいい。
あと博物館関係はリーズナブルな図録があれば更にヨロシ。

中尊寺で見付けた華鬘(国宝)のしおり、後三年合戦金沢資料館で見つけた後三年合戦の漫画。
そして米沢で見つけた『前田慶次道中日記』。
一番高かったのが道中日記という。どういうことなのw
というかこの本凄いわ。ワロタ。これ改めて書く(笑)

そして密かにツボったのがこちら。


IMG_2695.jpg 


お手紙(書簡と言いなはれ)
手前のが直江兼続渋谷弥兵衛宛書簡。
奥のが豊臣秀吉朱印状。上杉景勝宛て。
右上のが足利義輝御内書。上杉謙信宛て。

何かというと、米沢市上杉博物館にあった書簡の封の仕方の実演用に置いてあったもの!
手前右にある2種類が封後の物で、左が捻封、右は折紙。

直江書簡、上半分と下半分の文字の方向が違いますが、半分に折り畳んで書き、終わらなかったら引っ繰り返して下半分に書くのね。
だから広げたら文字方向が上下逆になる。
折り紙はその書簡を半分半分…と折っていくもの。シンプル。


IMG_2696.jpg


半分に折った状態。
で、下のが捻封の練習。練習ていつ使うねんこの技(技?


IMG_2697.jpg


右のが封筒になる紙。
手前は書簡ともう一枚白紙(礼紙)を重ねています。一緒に折るん。


IMG_2698.jpg 


2枚巻き終わったら封用の紙でくるくる巻いて、上下を折り曲げる。
上の方は三角に折り上げ、更に三角に折りあげる(意味の解らない説明


IMG_2699.jpg


じゃーん。出来上がり!
というか捻るのは確か上だけで良かった筈。下はそのまま折れば良かった筈。

これ、初めから墨引き(上の棒線ね)と宛名が印刷されているので大変難しい。
ちなみに宛名は「長尾弾正少弼とのへ」、上杉謙信宛て。
内容は「腫物の具合はいかがですか、心配なので左衛門佐を派遣します」
もっと他になかったんか。

墨引きは今でも開けてませんの意で「緘」という判子を押したりしますが、それと一緒。


IMG_2701.jpg


…墨引き合わない…(右写真)
印刷物に併せてこんなんするの、至難の業やでえ…

ちなみに去年行った福岡市博には捻封と切封の練習版がありました。
楽しいなこういうの。
関連記事

Comments

post
2016-08-22 22:56 
ジゴロウ #455
お手紙(笑)楽しいですよね。自分も好きです。

折り方もそうですが、公的なものと私的なものの書き分けとか。
あの固そうな三成が、
『さいす(真田伊豆守信幸)様へ』
と略すのとか、文字の書き方で、違う一面やら見れますし。

最近笑ったのは、山川健次郎の、あんた會津人じゃないの?と疑うほどの超クセ字でした。
2016-08-22 23:07  >ジゴロウさん
ヒジハラ #456[Edit]
さいす、ありましたね。
光成がという所がギャップ萌えと言うか。笑
良いですね。

違う一面、確かにそうですね。
実際に字を見て、自分が思い描いていたイメージと随分違うなと思う人もいますし。

そして私は今回の旅行で行こうかどうしようか迷っていた真田丸の特別展に行く決意をしました。笑
書簡が沢山来てそうで…


Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)