Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:オール > 江戸(黒船来航以前) > シーボルト事件(3)

シーボルト事件(3)

笑った。
船の座礁、シーボルト事件と全然関係ないやん。

しかも「検証シーボルト事件」(梶輝行)によると、当時のメイラン商館長の日記からは積荷を検査した形跡も見当たらないそうで(記述がない)。
ちょっと。

では何故こんな話が通説になったのか。
論拠はあるらしい。
それが熊本藩の国学者中島広足(橿園)の『樺島浪風記』で、文政11年9月の台風の2日後に長崎を訪れた際の記録があるとのこと。

「検証シーボルト事件」によると、中島は市中の惨状を克明に綴っている。
ここで紹介されている積荷臨検に関する記述は以下。原文ママです。


こたびの大風は、まさしく神風なり…にあひて、
船をふきあげられしかば、
やがてこなたの司人たちゆき見て、
つみ入れたる物どもとりおろし、
とかくせらるゝついでに、さるものどもみなあらはれ出て、…
天保四年正月十五日、橿園あるじ長崎のたびやどりにて、ふたゝ此よしをしるしぬ


は?と思う所ですね。そうですね。
文政11(1828)年やっちゅーてんのに、天保4(1833)年とは何事か。
これ、文政11年台風後の訪問時の記述ではなく、巻末に書かれた天保4年長崎訪問時の伝聞の追記だそうです。

え、まさかのこれが根拠?(真顔)
でも積荷臨検するって言っても


文政11年
9月17日・18日
 暴風雨によりハウトマン号座礁。当時の積荷は銅500ピコルのみ(バラストとして)。
 積込み予定の荷物はまだ出島の倉庫に
 これより以前、既に江戸より高橋とシーボルトの間に不審の筋有りとの知らせが長崎奉行に達する


いや、あの、銅しかない…(笑)


「シーボルト事件」は、日本近世史上あまりにも著名な事件の一つである。
確かに、事件後間もない時期の長崎には、
中島が追記したような風聞も巷には広まっていたことは事実として読み取れるが、

それが後世において実証的な調査研究を経ないまま、
今日まで歴史的な事実として認識されてきたことに、
歴史学研究の陥穽が潜んでいる。 
 
(「検証シーボルト事件」/梶輝行)


当たり前になり過ぎて改めて見直されない事柄、他にも沢山あると思います。
というか、この通説の根拠になっていたのは本当に中島広足の上記引用部分だけなのかと。
当たり前のように言われてきた話の結末がこれって、結構びっくりするんだけど。


事件発覚の抑々は、シーボルトが高橋景保経由で間宮林蔵に小包を送ったからだろと思うのですが(人選の問題。笑)、確かに間宮がそれをお上に届け出なければ、ここまでの大事件になったかなあ…
発覚しなかったかどうかは別として、難しい所だ…
まあ「間宮のせいで」という話ではなくて、間宮は自分の職分に忠実だっただけだと私は思うのですけどね。

当時、高橋と間宮の不仲は有名だったようです。
メイラン商館長も
「シーボルトと交流のある高橋に恨みを抱き、間宮がお上に小包を提出した」
という旨を日記に記している程。
間宮周囲の蘭学関係者などもそう見る向きが強かったようで、
「間宮は上司を売った」
と言われ、間宮が家に来ると書類をさっと隠したり…
怖いよね。自分も密告されるのではないかって思うし。
北方探検で名声のある人だったのに、人が離れて行ってしまった。
色んな人にとって不幸な事件だったと思う。

国外持ち出しが禁止されている品があるとはいえ、実際には結構海外流出はあったようです。シーボルト事件に限らず。
高橋への厳罰は、渡したものもさることながら、その立場でなければ入手し得ない情報を責任者が漏洩したという点が、幕府の逆鱗に触れたのではないかと想像。
見せしめ的な側面もあったのじゃないかなあ。


『ケンペルとシーボルト』(松井洋子/山川出版/2010)で思わず笑ってしまったのが、シーボルトもね、多少性格に難あり、なんですよ。
確かに日本人相手にやっていることを見ても、人の足元を見てあくどいなと思う所が結構ある。

日本滞在時のシーボルトは凄く若い。
事件時で32歳。
28歳で鳴滝塾を立ち上げ、日本の優秀な医者・蘭学者からは先生と慕われ。
江戸参府の時もかなり自由な旅行をしていますし、江戸でも普通なら面会できないようなレベルの人から先生と呼ばれ。

出島での立場はあくまでも医者なんですよね。
そらー他は面白くない。
特に商館長は面白くない。
江戸参府終了後には修復不可能な程商館長とシーボルトの関係は悪化しており、バタビアにあったオランダ総督府が心配する程のものだったようです。
参府後、商館長がスチューレルからメイランに替わりますが、そうした内部不和を解決する為だったそうで。


シーボルトは著者のなかで、ステュルレルの非協力や妨害に言及しているが、
参府旅行は本来オランダ商館を代表する商館長の将軍への挨拶が目的である。

すべてを自分中心に考える秀才で傲慢な若い医官が、
あらゆる点で商館長の感情を逆なでしたことは、想像にかたくない。

日本人のあいだでのシーボルトの高い人気もそれに拍車をかけたであろう。
そしてシーボルトは自分の側にも非があるとはまったく思っていなかったようすである。
(『ケンペルとシーボルト』松井洋子/山川出版/2010)


そらムカつくやろ。笑(※太字はヒジハラ)


先日紹介した年表に、シーボルトに地図を返すよう説得しろ的な話が出ていました。
シーボルトは事件発覚後約1年程出島に拘留、長崎奉行所による尋問と家宅捜査を受けています。
返せと説得された翌日に蝦夷地の地図は返しているが、そのほかは中々返さない。
手元に引きとめている間に模写して、海外へ送ってしまった、とされる。

いや…でもさ…
家宅捜索されてんのやろ…?
説得の際も返さなければ押収しますって言われてるし。
なんというか、本当に話が散っているというか。
シーボルト事件って、それ変じゃない?と思う点が凄く多い。
研究は進んでいるのだろうけど、一般書までは中々その情報が下りてきていない感じがする。

昔の通説や間違っていること、新しく分かったことが混じりあってしまって、何が史実で何がそうでないかがよく分からない。

で、つい最近この地図についての話が出てきた。


シーボルト事件で幕府没収、地図の写し? 独の子孫宅に(日経新聞・2016/7/7)

・シーボルト事件で幕府に没収された地図の写しとみられる地図がドイツの子孫宅で見つかる
・シーボルトは事件発覚前に地図を描き写していたと推測され、発見されたのはそれを基に作成された地図
・縮尺やサイズ、表記などから、「カナ書き伊能特別小図」(3図構成)の「西日本」が基になっていると断定


事件発覚前にって、また話変わってくるw

この地図、現在国立歴史民俗博物館で公開中(~9/4まで)。
9月13日からは東京国立博物館で、来年春に長崎で公開。


日程未定ながら大阪にも来るみたいなので楽しみに待ってる!
多分来年の秋冬になるだろうけど(笑)
関連記事

Comments

post
2016-08-12 17:40 
ジゴロウ #451
読めば読むほど、なにがなんやら…
またまた同じようなコメントですいませんが、まとめると、

元々は、シーボルト、高橋、間宮の繋がりだけで起こった事件だった。

関係があるとされていたハウトマン号の積荷には、禁制品があったわけではない。
さらに、両者に繋がりはない。

にも関わらず、まとめてひとつの事件になっている…

前回の自分のコメントの人物なんですが、薩摩飛脚をやっていた間宮がからんだせいか、禁制品に関わっていたのが、島津重豪という説があるらしいんですよ。

もっとも、家斉に娘を嫁がせているほどの大物だったため、おおっぴらに裁けないから、小伝馬町で死んた高橋にすべてそちらは押し付けて、無理やり終わらせた。

あとは地図さえ戻れば、万事解決…
に、幕府がしたかったらしいです。

今のところ、自分はこれです。
2016-08-12 20:55  >ジゴロウさん
ヒジハラ #452[Edit]
そーなんですよ。
まさかのハウトマン号無関係。
本当にびっくりです。どうしてこんなことに。笑

島津重豪ですか~
確かにやっていてもおかしくないというイメージはありますね。
薩摩はまあ、やりかねない^^;

私個人としては、特に裏はなくシーボルトと高橋の学術的交流から発生した事件だと感じていますが、諸説が出るほどまだまだ詳細が不明な所のある事件なのですねえ…
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)