Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

Home > サイト > サイト更新 広瀬武夫人物関連数珠繋ぎ

サイト更新 広瀬武夫人物関連数珠繋ぎ

 わが愛する広瀬武夫のご命日です。
何か書こうかと思ったりもしましたが、取り立てて書くことっちゅうてもねえ…
折に触れて書いているつもりでいるので、特別今日だからという感じでもない(ファン失格か

まあ…
何かするにしても何の準備もしていませんので、ここ数年やるやる詐欺で終わらせていた「数珠を繋ぐ」を完結させます。
とりあえずあと1話書いたら終わる筈(筈って


要するに広瀬武夫関係の人物等を数珠繋ぎで挙げている話なのですが、こんな感じです。

内田良平(柔道)→末永節(扶桑)→国木田独歩→押川春浪→
川上俊彦・常盤(汁粉)→生方敏郎→広瀬中佐銅像→辰野隆→
上泉徳弥→財部彪田中義一→江頭安太郎・安保清種→三宅雪嶺→広瀬武夫
      ↑今ここ

ということで約1年ぶりに更新するこの話、今回は第10話財部彪から田中義一へ。
ブログだけでは飽き足らずサイトの更新でも財部彪か。笑(タイムリーだっただけです…

とは言え今回は財部彪というよりほぼ児玉源太郎の話になります。
田村怡与造の急逝後、児玉が参謀本部次長職を襲いますが、その時の財部彪の感想がすごい。
それは今回更新分をご覧くださいw
史料初見時思わず2度見したわ。
話の行き掛り上「第9話:上泉徳弥から財部彪へ」(の下の方)をご覧頂いた方が10話に入りやすいかと思います。

大体において児玉源太郎は神様のような扱い方だなあと思うのですが、まあ、実際には色々あったのでしょうね。
今回引用した『今村均回顧録』は名将今村の名前もあって結構有名だと思う。
そういうこともあり、結構知られている内容かと思うのだけれど、一般書関連では割とスルーされているというか。
書かれてること、だいぶ違うやん…(という感想


取敢えずはサイトの更新案内のみにて。
余力があったらまた出てきます。笑
そして10話以降はリンクが貼ってあってもまだ繋がっていませんのであしからず。


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram


歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^

 
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)