Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:近代MTS > 海兵15期 > 今日の財部日記(4)

今日の財部日記(4)

財部彪日記、今朝2周目が終了しましてとりあえず打ち出してみました。





2段組両面印刷で24枚あるよ…け、結構な枚数で…
そしてこれからもう一度読み直し。
印刷物だと頭への入り方が違うのですよねえ。
文書読んでそのままパチッと分かればいいのですが、そこまでの能力は私にはない。残念ながら(笑)

しっかし読んでいて思ったのだけれど、艦隊勤務って碇泊中って本当に暇なのな
何してるんだろうこの人たち…(真顔
財部は割と頻繁に外泊をしているのだけれど、そういうの割と緩かったのか。


財部は明治30年に海外留学生に選出されましてイギリスに向かいます。
その時旅程を共にしたのが秋山真之(米国留学)小田切延壽(機関科、英国留学)、更に外務省の坂田重次郎という話を先日書きました。

8月5日に横浜を出発、ハワイに到着したのが8月14日。
そこからサンフランシスコに到着したのが8月21日、ワシントン到着が8月30日。
ロシア留学の広瀬武夫が横浜を出発したのが8月7日で、8月30日頃にはインドの辺り。
ロシア到着が9月26日です。旅程からしてもロシアは遠い国だったんですねえ。

まあそれはいいのですが、約1ヶ月一緒ということで、頻繁に秋山の名前が出てきます。
大した内容はないけどな。

青山学院の教師だったアメリカ人女性から短冊を渡され何か書いてと頼まれ、秋山と坂田はさらさらと数枚書いている。
和歌とか金言とか。
財部はそういうの苦手だったのかな?
自分で「性来ノ悪筆ナルノミナラズ文辞ニ拙」と言っていて(悪筆には納得する。笑)、考えた挙句書いた言葉が

四海皆兄弟

http://blog-imgs-58.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/064f6e6b1f97f972c29566670d4bf0ba.jpg

たーからべくーん(笑)
もっと他に何かなかったのー

「文辞ニ拙」というのも、なんとなく分かる。
何でかというとこの船旅の時に詠んだ和歌が一首認められていて、

月影は隈も残さず見つれども 故郷人は未だ見ざらん

………
素人でも分かる。この人にはセンスがない(笑)
でな、これ秋山に見せたんだぜ!なんというつわもの!
見せられた秋山は直ちに筆を執って訂正。

有明ノ月ハ隈ナク見つれども 故郷人は如何に見るらん


秋山、この船旅の時に財部に薩摩人の通弊について忠言をしている。
その時に一朝事が起こった時に大和魂を発露する点では俺は君より勝っているとか言われてるのね。
財部日記から見た秋山は終始ちょっと上から目線で笑ってしまう。

***

1ヶ月程前から足に違和感があって先日整形外科に行ってきました。
そこで足のアーチが崩れかけてるという衝撃宣告(笑)
今なら矯正できるからとのことでオーダーメイドでインソールを作ることに。
結構なお値段だったけど、靴のアンフィットは本当に悩みだったのでそれはそれで良かったわー。
足裏トレーニングでタオルギャザーしてねと言われたのだけれど、これってどのくらいの時間すればいいの?^^:
肝心なこと聞き忘れた…

ちょっとお高めのお買いものという事では、とうとうオーブンレンジを買い替えることになりまして!わーい!
現行オーブンの寿命を今か今かと待っていた!(笑)やっと!(笑)
作りたいおやつが沢山あるぞー
マカロンでしょーパリブレストでしょーブッセでしょー(指折り
温度管理で悩まなくてよくなるのがすんごく嬉しい。
機種はあれこれ調べて話も聞いてもう決めていて、来週位に電気屋さんにGOかなー。
楽しみやわー
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)