Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > サイト > サイト更新(史跡 阿南惟幾像@広瀬神社・太宰府)

サイト更新(史跡 阿南惟幾像@広瀬神社・太宰府)

■サイト更新

・史跡 阿南惟幾胸像@大分県竹田市 広瀬神社
・史跡 太宰府天満宮、太宰府政庁跡

とりあえず2件。
8月に旅行に行ってきた分で、珍しく…というか滅多にない程のスピードで旅行レポが上がりました。笑
まあそんなに近代もない感じの旅行でしたので。
佐賀に行けてたらもっと時間がかかったと思うけど、結局行けませんでしたし。

1件目は広瀬神社に新しく建立された最後の陸相阿南惟幾大将の胸像です。
私は知らなかったのですが境内にある合祀者名碑に使われている台座に、旅順口閉塞作戦の際に閉塞船に積載された石が使われているそうです。
あ、そうだったんだ…というか何かで見たことがあるような…ないような…(どっち)
その写真も追記という形で今回新しく加えましたので、宜しければどうぞ。
その件で秋山真之の銅像の写真も張り付けておきました。

2件目は福岡旅行の前半、太宰府市。
現地で解説版読んで気付く位忘れていたのですが、維新の志士でも有名人が太宰府を訪れています。
その中のひとりに高杉晋作がいまして、太宰府天満宮の宝物殿で高杉の書簡を見ることが出来ました。
これには驚いた。
点数はほんの僅かですがレプリカではなく実物で、それも結構有名な内容のもの。
福岡市博で見てきたものも同様にメモ程度ではありますが書いておりますので、ファンの方はどうぞ。笑
香川琴平の呑象楼に並ぶ高杉晋作穴場スポットかも…
ただ所蔵品が多いだけに展示替えの可能性が高いですよねえ。
行って本当に見られるかどうかは微妙な所かもしれませんが。


0428.jpg


太宰府天満宮の写真は結構きれいだと思います。
早朝にお参りしたので人が殆どいなかった。
参拝が宝物殿オープン時間より大分早かったので、太宰府天満宮→政庁跡→宝物殿というルートだったのですが、宝物殿に戻った頃には某国の観光客で溢れ返っており情緒もへったくれもなかったのである。
混雑というより押し合い圧し合いに近く、その上そんな中で自撮り棒で写真とか撮るんだぜ…
早くお参りして心から良かったと思った。

お時間があれば写真だけでもどうぞ。
そしてまた明日も更新します。明日は文章の方ね。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)