Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > 旅行 > 高野山行き

高野山行き

http://blog-imgs-81.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_1186.jpg


高野山に行ってきました。
連休最終日だったこともあってか思っていたよりは混んではいなかった。
以前来たのが2007年、その頃にくらべたら恐ろしくきれいになっていた…
世界遺産にも登録されたし、観光客も以前より増えたのだろうなと。


http://blog-imgs-81.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_1175.jpg


今回の目的はこちらの摩尼宝塔(ビルマ戦役供養塔)と、


http://blog-imgs-81.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_1165.jpg


奥の院にあるこちら、ビルマ方面戦没英霊納骨塔(パゴダ)。

母方の祖父が烈兵団の山砲第31連隊所属でして、インパール作戦(コヒマ方面)に参加しておりました。
祖父は烈兵団の師団長佐藤幸徳中将の英断のお陰で生還できましたが、祖父の戦友は沢山亡くなっている。
戦争が終わって70年という区切りの年に、どうしても行っておきたかったのです。
じーちゃんももう何年も前に戦友の所に逝ってしまっているので、代わりにお参りしておきたかった。
行けて良かったです。


お決まりと言えばお決まりですが。


http://blog-imgs-81.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_1172.jpg


信長のお墓とか。
すぐ左後ろに写っているのが筒井順慶のお墓。
墓とは言いつつ、何を以て墓というのかとここに来ると思うわー
特にあの並み居る(というのか)大名家の墓…
髪なり爪なりが埋まってる訳?笑

今回初めて金剛峰寺の参拝をしたのですが、稚児の間という部屋に副島家から奉納された地蔵尊がありました。
副島種臣の持念仏で、没後にやや年月を経てから副島家より奉納されたものだそうです。
台所とかちょっとすごかったなー。
というか、真言宗の総本山の台所に神棚があって笑った。
火の神様だと思うけど、鳥居もばっちりである。神仏習合だわ…(そうなのか)

副島と言えば今年12月にエルトゥールル号遭難の映画が封切です。
関西では去年、一昨年頃からぼちぼちローカルニュースなどで串本(遭難地)での撮影の様子やら遺品引き上げやらが放送されています。
その感じを見ると現地でのレスキューが主な話のようなので、外交的な話は大して出てはこない…かな?

家は真言宗なのですが余り熱心という訳でもないので、プラプラ回って帰ってきました。
母(初訪問)を連れて行ったのですが、あの奥の院への参道はやっぱり驚いたみたい。
確かにあの雰囲気はちょっと他にはないですよね。

神様がいると言われたらそうだろうなと思うし、お大師さんが寝ていると言われたらそうだろうなとも思う。
また行きたいなと思うのだけれど遠いのだよ明智君…orz
同じ関西でありながらそうそう行ける場所でもない。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)