Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > 旅行 > 嵐を呼ぶ

嵐を呼ぶ

昨日の早朝に帰りつき、そのまま仕事に行きました。褒めて。笑
流石に疲れて8時半ごろに寝てしまった。
佐賀に行けなかったこと以外は取り敢えず何事もなく帰ってきました。

前回のエントリでも書きましたが、旅先でのトラブルってある意味慣れっこというか「またですか」的な。
段々現地での状況判断のスピードと正確さが上がってるねと家の人に褒められました。悲しい。

今回台風15号が上陸した荒尾は宮崎八郎と宮崎滔天の故郷としても知られていますが、電車でも熊本から30分くらいかな?結構近いんですよ。
それが朝のニュースでまさかの台風荒尾上陸(笑)
ホテルにいたので外の暴風雨の具合は全然分からなかったのですが、テレビを見てびっくりしました。
あんなに酷いとは思わなかった。
というか4時ごろから「外に出ないでください」とか言ってるし…

JRも前日は「在来線九州全線運休、新幹線は運転」だったのが朝にはどちらも運休になってるし。
一応緑の窓口に電話してみたら「10:30頃には…むにゃむにゃ」とか言う話だったので駅に行ったら、
駅で「午前中は運休」→「13時台から何とか」→「15時台から何とか」
指定席を取っている人はこういう時気の毒だなー^^;

仕方ないとはいえ、公共交通機関が何もかも止まっているのには参る。
タクシー動いてて良かった…
交通センター近くのホテルにいたのですが、流石に駅までは歩けない。
まあ、すごかったです。木とか、木とか、木とか、ベンチとか、看板とか。
特に熊大がカオスでビビりました。
そして駅前ではトラックが横倒しになってるし。





こんなのがあっちこっちに。それでも熊本駅周辺は大変マシだった。
JRは中々動かなかったけど、昼過ぎになると市電とバスが動き出したので、駅にいても一緒だろうと熊本城にいく。
呑気である。笑
前日から休園するとはあったんですけど、駅でぼんやりしてるよりはましだろうと。





そしてこんな感じですわー。熊本城のお堀、かなり幅があるんですけど…
こんな感じであっちこっちで木が倒れて、枝が散乱してました。
掃除大変そう…
宇土櫓を眺めて帰ってくる。

そして駅に戻っても新幹線は動いておらずorz
佐賀、結構不便というか、少し奥まった所にあって直通がないんですよね…あれこれの意味で…
新幹線で新鳥栖までは行けるのですが、そこからは在来線。
新幹線が動き出してから1時間程は様子を見ていたのですが、確認しても在来線は動く気配もないので、その時点で博多に行くことに決めました。
そのまま待っていてもその日の内に佐賀には行けない気がした。
博多には5時半ごろに着いたのですが、その時点でも在来線が動いていなかったので判断としては正解だったと思います。

佐賀…orz
関連記事

Comments

post
2015-08-29 00:24 
ジゴロウ #337
まずは、無事の帰還何よりです&お仕事お疲れ様です。

旅先は、特に地方が変わると読めないですね。
東北の交通は、雪に強いはずでは……(汗)
とか、
弱い台風?沖縄って、為替レートみたいに、数値違うの?
ありますよね…
2015-08-29 08:47  >ジゴロウさん
ヒジハラ #338[Edit]
帰ってきました。
いや、なんというか「またかよ…」です(家族も)。笑
強い台風が来ても大したことにならない地域にいますので、九州の台風被害は強烈でした。
本当に数値違うの?という感じで。
普段の時はいいのですけど、旅行時の雨女というか、被災具合はどうにかならんもんかと自分でも思いますorz
2015-08-29 21:46 
object #339[Edit]
えぇ!熊本こんなことになってたんですか!
せいしょこさんのとこがこんなになってるなら、私の母校の大榎も被害を受けたのではなかろうかと心配です。

話は変わりますが、以前いただきました論文が早速役に立ちました。
一柳さんの論文に出てきます木幡行少将のご子息と今度お会い出来ることになりました。
この論文からも話を広げられそうです。ありがとうございました。
2015-08-29 22:02  >objectさん
ヒジハラ #340[Edit]
凄かったです…
お住まいの方は後片付けなど、さぞ大変だったかと。
細川刑部邸も大分被害が出ていたようですし。
もしかして熊大ですか?でしたら本当に大変だったみたいで…
(ググったら画像が沢山出てきます

聖書の論文ですね!
木幡少将随分お名前が出てましたもんね。御子息とというあたり流石です^^;
随分長い間死蔵になっていた資料でしたので、お役に立てましたようで本当に何よりです。
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)