Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > サイト > サイト更新 堀悌吉

サイト更新 堀悌吉

■サイト更新 近代 【Parabellum~堀悌吉 1-10】

山本五十六のハナシなんかも絡めつつというあの話ですが、連載開始日からそろそろ1年経とうとしている事に驚愕しました。笑
実際には堀悌吉の話というよりは大正10年と昭和4年の2回の海軍軍縮会議の話と言った方が正確です。

連載終了時にも書きましたが、いつかは書かないといけないのかなーと思っていた海軍軍縮の話、あと海軍の人員リストラの話、財部彪の話が書けて私は大変満足しました。
特に財部のことはこれは本当にいつか書きたいと思っていたことだったので、個人的には色々と充足感があります。
人はそれを自己満足という。笑
…知っとるわ!(笑)

内容はブログ掲載時でも結構書き込んでいたので、特に書き加えることも修正する点もなく…
ほぼそのまま…というか、そのまんまです。
まあ…あの、うん。余り有名でないだろう集合写真をいくつか付け加えました。その程度。
よく見たら山本五十六写ってるわと思うのが1点あった。
自分でもよく気付いたと思います。笑

全19話で今回の更新分はその前半部になります。
色変えたりの操作が煩わしいのでそのままアップしましたが、後半部はまだ未アップですのでもう少しお待ちください。


***

今日は台風一過…
というほどいい天気でもないのですが。

昨日は朝から晩まで(というか今朝まで)何らかの警報が出ているという、私の住む地域では超珍しい感じでした。
テレビで散々脅されても朝起きたら快晴とか普段通りとか、大体そういうパターン。
JR以外の電車もまず止まらんでえ。全く普段通り。
「出勤時は雨でも昼にはやむと思ってたー」と皆言い合っていた。
こういう時何が困るって犬の散歩とこういう時は本当に酷くなる癖っ毛ですよorz
周りからはパーマをあてていると本気で思われている。
うぬー。 
関連記事

Comments

post
2015-07-18 23:24 
object #315[Edit]
堀悌吉ということで飛びついちゃいました。
玉木信助の写真が一応あったのでどうぞ(PASSは1941)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org422574.jpg.html

最近、海兵33期の洪泰夫少将のご子息様と仲良くしていただいているのですが、
洪少将と堀さんは条約派ということで大変仲が良く、一時期フランス駐在の際も堀さんと同時期だったりで、堀さんがよく家に遊びにいらしていたらしいです。
戦後は海軍の法人を再建しようと堀さんに呼ばれて将官たちの会議に必ず招待されていたとか・・・
戦後も堀さんは海軍のために働いていたんだな〜と実感してますます好きになりましたw
2015-07-19 05:38  objctさん
ヒジハラ #316[Edit]
玉木の写真ありましたか~
ありがとうございます。
確かに通常死?ではないですからねえ。あの場合戦死扱いになるのかとか疑問が…

というか仲良くって!^^;すごい!
先日最後の将軍徳川慶喜を実際に見たことがある人がまだ生きているという話が出ていましたが、先の大戦前だと本人を知っている方も多いですね。
伝記などの本に載らない話もあるでしょうし、消えて行ってしまう話も多いのでしょうねえ…
2015-07-19 16:21 
object #317[Edit]
海軍では公死扱いでした。
とりあえず、昭和一桁までの戦死・公死の方々の肖像写真はありますので必要でしたら言って下さい。

水曜のダウンタウンですね?見ましたw
最近は水交会に入り浸って証言を取りまくっていますが、よく「君に話したのが初めてだよ」と言っていただける方がいらっしゃって、感謝と、そして重圧を感じる日々です。
この証言をどう残していけば良いのか、どう伝えれば良いのか・・・・
歴史を託された時の、肩にかかる重みに苦しむ日々です。
2015-07-20 21:48  >objctさん
ヒジハラ #318[Edit]
公死ですか。言われてみたら確かにそうですね。
番組自体は見ていなかったのですが、ネットニュースで見まして。
見出しを見て「!?」ですよね(笑)

水交社ということはご本人の生のお話を伺っておられるんですね。
私の実体験としては若い方に話したいという欲求をお持ちの方が結構多いのだなと思うのですが、ただ聞く方としても知識がないと聞くに聞けない、理解できないという難しさが…

あまり重く難しく考え(すぎ)ず、とりあえずは話を受け止めることと、貴重な話が消えてしまわないように文字情報として残す作業が大事かもしれませんね。
中々大変ではありますが…
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)