Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

徒然

先週の新聞記事なんだけど。


IMG_0673.jpg


竹を割ったような正直で剥きだしな性質
男らしく潔白で豪放
さっぱりした快活な男 (高島鞆之助)

功に奢らず謙虚なる人
至って勇猛にして敵ならば鬼を挫く勢いでありながら、また至って愛情深き人 (佐土原藩富田道信)

磊落な淡泊な性質の人で、何人に対しても障壁を設けることをしなかった。
上下の貴賤の差別なしに誰が来ても同じ部屋に通し、遠慮なしに話をするのが常だった(肝付兼行)


朝からなんてもの見せる。


朝から大興奮ですよ!こんなにどきどきさせて私をどうする気!(どうもせんがな)
いいぞーもっとやれー。
ついでに「なんであいつばかりモテる」っていう友人のやっかみも入れてー(笑)

肝付兼行は桐野の姻戚関係での繋がりで、明治4~6年頃は桐野邸にいたそうですん。
海軍の水路方面の草分けになったひとりですが、海軍入りも桐野の勧めがあったからみたい。
当時の桐野邸は現在旧岩崎庭園になっています(東京上野)。

『竜馬がゆく』の中村半次郎が(かわいくて)大好きで、それでそのまま明治に来たのよね…
桐野に会わなければ広瀬に出会うこともありませんでした。
そういう意味ではまさしく恩人。

広瀬は割合冷静に見つめていると思うのだけれど、桐野はまず浮き足立ってしまう。笑
見てて溜息がでちゃう感じ。
カッコいい男の人よねえ。大好き。


日曜日にロフトに行ったらボディバランス見ますよと誘われて。


IMG_0672.jpg


インストラクター?さんと話してたんですけど、自分で申告した通りの事が全部上に出ててビビられた。笑
測定の必要なかったですねだって。

体ねー歪んでんのよー。
肩の高さが左右で違うのよーくびれ方も違うのよー
一見姿勢はいいのだけれど反り腰なので疲れが全部腰と背中に来る。
ついでに言えば結構な反り具合なので仰向けで寝られない。寝たら朝腰痛で起きられなくなります…
大体の原因は分かっていて骨盤が前傾しているから。
このせいで反り腰、軽くO脚、下半身が中々痩せない(涙)。
肩こりも片頭痛も多分そこからくる歪から起きている。
これ根本から直した方がよさそうということで、整骨院やら整体院やらを探しているんですが、どーも激戦地区らしく…
土地柄阪神タイガースの選手がとか、神戸製鋼の選手がとか、なでしこが来てるとか、結構あるのですけどね。
それこそ赤星のパーソナルトレーナーだった人とかさ。
よく分からなくて選ぶに選べない。

そんなこんなで明日整形外科に行くことになりました。(え?)
いや…なんか1ヶ月ほど前の小指悶絶事件(笑)、実はまだ痛い。折れてるんじゃないかとかorz


IMG_0674.jpg


走ってもないのにお腹一杯ご飯を食べてしまう。
石焼ビビンバ大好き。ついでにチョコミントのアイスも食べた。幸せだ。笑
というか箸置きがないのは辛い。
ペーパーナフキンでもあればそれをつかうのだけれど、それもなく…とここまで書いて自分のカバンに懐紙が入っていたことを今になって思い出すという。机に直にお箸を置くのは無理orz
家で偶にビビンバ作りますけど、お店のはやっぱり味が違ってておいしいですね。
家では出せない味ってあるしなあ。
「おいしい」は幸せだ。^^
関連記事

Comments

post
2015-06-17 07:29 
ジゴロウ #307
桐野といえば、若い頃に橋から城士の集団に川に落とされたけど、いちいちこんなことに構ってらんねぇよ、とばかりに、何事もなかったように、さっさと立ち去った逸話が好きです。

最近、なんかクラッときたのをきっかけに、レバニラ炒めを食べてますけど、あれも、店でしかだせない味、ありますね。
2015-06-18 05:10  >ジゴロウさん
ヒジハラ #308[Edit]
それで一目置かれるという話でしたね!
私もその話好きです。

レバニラも独特というか、家では出せない味ですね。
お店で食べた方が断然おいしい。笑
というかジゴロウさん、大丈夫ですか?
暑かったり涼しかったり変な天候が続いてますし…ご自愛くださいね
2015-06-18 15:58 
ジゴロウ #309
はい、ありがとうございます。
自分は、左足を折って、バランス崩して、体調も崩しましたが、土原さんも、お身体を大切にしてください。

あと桐野といえば、戦後、會津に同情したことで、容保公に細工付きの太刀をもらって、すごく喜んでたって逸話がありましたね。
2015-06-18 20:39  >ジゴロウさん
ヒジハラ #310[Edit]
左足折って…ひー…(;△;

そうですね~
鶴ヶ城受け取りの正使でしたもんね。
松平容保父子の境遇に涙したという話も残っていますが、やっぱり名前の残るだけのある”人物”だったのだなと思います。
ついでに言えばお城受け取りの副使が広瀬の恩師山縣先生です。笑
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)