Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:近代MTS > 広瀬武夫 > 広瀬武夫の話、色々

広瀬武夫の話、色々

ちょっと笑ってしまってんけどな(いきなり馴れ馴れしいのな)、前のエントリで福田庫文司の話書いたやん。
あれの写真出てきた。
古物商の方が送ってくれた写真ではなくて、戦前の写真。


//blog-imgs-72-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0570.jpg


まだ福田本人の手元にあった時の写真。
『われらの海軍』所収の写真で、これ、三越の大阪支店が開催した展覧会の図録だと思う。
出版年が1930年、昭和5年で日露戦争から25年。

大阪三越と言えば同年に『日本海々戦二十五周年記念海軍展覧会目録』という本もあってだな。
こちらは残念ながら文字情報だけなのだけれど、福田からの出品物が1点記されている。
題して「広瀬中佐の壮途に上る所感の書信」。
あら、ま。
多分上の写真の書簡。

こちらも出版年が1930年なのですよ。
さすがに同年に被る展覧会をするとは思えないので、図版と目録を分けて出したのかな?と。
ただ調べてみたら『われらの海軍』には展覧会の展示物が全部出ているわけではなく、目玉っぽい写真が幾つか出ているという程度でした。
単なるラッキーだったのね。


//blog-imgs-72-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0573.jpg


広瀬武夫のコピーも100の大台を突破しました。
これは直接関係あるものだけで、さらに纏まった新聞や雑誌は別冊になっているのでどれだけあるのか自分でも^^;
私の虎の子・広瀬武夫文献目録の台帳で見たら、自分で確認したものだけで350ありますわ…

取り敢えずコピー取りっ放しのものを片付けようと整理をしていたのですが、久しぶりに見て、あーそうだったと思うものが。
戦前、広瀬武夫は修身の教科書に載っていました。
そのひとつが「ヤクソクヲマモレ」という話。


//blog-imgs-72-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0575.jpg


これは修身の教科書用に作られた話ではなく、実話です。
広瀬が切手を送った少年の名前もちゃんとわかっていて、関重広という。
この少年が広瀬に宛てた御礼状(葉書)もちゃんと広瀬神社に残っています。 
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)