Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > サイト > サイト更新 広瀬武夫

サイト更新 広瀬武夫

■サイト更新

・広瀬武夫 【 意向処筆随処(10) 】


広瀬3連パック!
「行方」、「佐世保秘話」、「広瀬武夫@産経新聞」。

「行方」が一番長いかな?
広瀬が講道館柔道をしていたことはよく知られていますが、広瀬の交流の広さの一因がここにあります。
講道館、実は通っている層が相当インテリなんです。
そこで実業界の人や政府高官の息子なんかと繋がりが出来ている。

そもそも嘉納治五郎自身が東大出(政治学、理財学、哲学)で、学習院の教頭をしていたり宮内省に出入りしていたり、そんな風だったので政府高官の子弟を預かることが多かった。
嘉納の印象というと「柔道」というのみというのが一般的なような気がしますが、実際には「教育者」だと私は思います。

今回はその講道館で繋がった弟のような年代の友人、大鳥圭介の息子が出てきます。
広瀬のロシア土産の話。

後は適当に。
最後のはちょっと愚痴っぽいかなー(笑)


夜にでも出て来れたら出てきます。
意外と忙しい。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)