Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

Home > ひなみ > つれづれ

つれづれ

・生きてます
・花粉のおかげで鼻水が止まらない
・花粉のおかげでムスカ大佐。目がー目がー
・春の日差しで片頭痛誘発のおそれ
・紫外線
・着るものがない
・クッキー焼いてた
・ティラミス作ってた
・グラノーラ作ってた
・桜もち作ってた

食いもんばっかりか。
いやーすいませんブログにまで手が回らない。忙しくて。(半笑い
ただ調べものもしていて、先日書いたスマホ対応云々を調べている内に自分のサイトの作り方?が古いものになっている事に気が付いた…
え、いつの間にそんなことに?と思いきや既に4年ほど前の話。
YO・NE・N!
流石に笑う。

今すぐどうこうという話ではないみたいなので、既存のページは基本的には触らないつもりでいる。
ただちょっと新しいことも勉強しないといけないような感じはしたので、この何日か手を動かしてはいるんですけど、もうやめたい。(早い
必要最小限で自分が必要な所だけしか分かってないというのは、こういう時に本当に苦労する。
基本がないのは辛いなー
慣れるまでがしんどい。



米朝師匠が亡くなったとのことで。
………(;△;)
学生時代3年程テレビの無い生活をしていまして、その時にラジオと落語には大変お世話になりました…
何を思って落語のCDを買ったのか今となってはよく分からない。
一番最初に買って聞いたのが米朝師匠の「崇徳院」と「肝つぶし」でした。
歴史好きなので(知っとるわ)、崇徳院、猫の忠信、こぶ弁慶、景清とか歴史っぽいやつから崇徳院をチョイスしたのは覚えている。
両方面白いのだけど、肝つぶしの「夢やねん」の辺りとか初めて聞いた時は相当笑った。
それから図書館で借りられる事に気付いたので後は全部そちらで。枝雀師匠も全部借りた。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0312.jpg


10数年ほど前生で聞く機会があったのですが、当時でも結構なお年だったのでCDで聞くような迫力はなかった。
ただやっぱり面白かったです。演目は「まんじゅう怖い」でした。
夏目漱石の言葉にあったけれど、こんな落語家と同時代に生まれ合わせた幸せってあると思う。
私の年齢からして仕方ないと言えば仕方ないのだけど、もっと早くに米朝落語に出会いたかった。

落語が面白いというのもあるのだけれど、米朝師匠の言葉が好きだったんです。
柔らかで優しい上方言葉、船場言葉。
綺麗な関西の言葉をテレビで聞くことは本当に少ない。
よく見る人では料理の土井先生くらいだと思う。あと俳優の國村隼さん。
(関西の言葉のイメージは芸人が滅茶苦茶にしてしまった。リアルであんな雑で汚い話し方はあまりしない)
寂しいなあ…


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0310.jpg

桜もちはお彼岸用に作ったの。広瀬にもお供えしといた。


ブログランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)