Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:近代MTS > 広瀬武夫 > 広瀬武夫の写真

広瀬武夫の写真

去年向井弥一のご子孫様から頂いたこちらの写真なのですが。


//blog-imgs-72-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20150123_2.jpg


去年12月に同じ写真が某オークションに出ていたのを発見しました。
500円から始まって最終的に2万円ちょっとで落札されていた。
1枚ものではなく16枚を張り付けたアルバムがそのままぼーんと。その中の1枚。
そこに「明治三十七年二月五日磐手艦上ニ於ケル巳丑会員」という付箋が張り付けてあった。

いやー日時が判明しましたよ。
恐らくこのアルバムの出所は「巳丑会員」という書き方から見ても15期の誰かです。
中にはひとりで写る爺ちゃんのポートレートが1葉だけあって、恐らくその方のアルバムではないかなと。
まあ分からんけど。

そしてこの爺ちゃんは誰ぞやと以前頂いた巳丑会のアルバムや写真と見比べていたのだけれど、荒西鏡次郎で間違いないと思います。


//blog-imgs-72-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20150123.jpg


かなり特徴的な顎のたるみ方と耳の形が一致する。
荒西は既出です。この方です。


//blog-imgs-72-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20150123_3.jpg


同じく以前紹介させて頂いた写真に写っていました。何をした人かは全然知らん。調べても出てこない。

とにかく日露戦争出征前の集合写真です。
人物比定に関する考証をサイトで書いた際、出征前の撮影ということで2月6日に佐世保発ちから考えて撮影日時は2月初旬だと推測しましたが、大体合ってましたね。
わーい。

しかしこのアルバムにつけられていた説明は酷かった。
この爺ちゃんの写真は山縣有朋とあり(※一見して明らかに別人)、15期の集合写真には広瀬武夫と秋山真之の他、島村速雄、有馬良橘、加藤友三郎、舟越揖四郎、武富邦鼎らしき人たちが写っていますと書いてあったぞ。
書いてあったぞ。おい。
希望的観測過ぎる。笑
ただ広瀬だけは合っていたし、挙げられていた将官の名前も豪華だし、そういう点に惹かれて入札した人が多かったのだと思う。


しかしオークションは怖いよー。
広瀬関係は書簡で言うと印刷物も結構あるのですが、そういうのも普通に「直筆」とか書いてあるもんね。
出している人も多分よく分かっていないのだと思う。
まあ確かに直筆の印刷物ではある。そういう意味では嘘ではないのか。笑
ただ肉筆でないことは確かだ。

実家にあったこれ本物だと思うんです、と


//blog-imgs-72-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20150123_4.jpg


こういうのを見せられても私は困る。古かろうが新しかろうが。
だってそれは私の部屋にもあるぞ。広瀬神社で売ってたし。
でも額縁に入ってて…軸になってて…
はい、そーゆーのは戦前からありますがな。私も広瀬の写真と一緒に額に入れてますがな。笑
持っている人が本物だと思うんならそれでいいんじゃないっすか(アバウト)。
それ以上は言いようがない。

入札者は細かい所まではいちいち調べてはなさそうだから、出品者の言葉に引っかってしまう人も多そうだなと思います。
一度は明らかに他人のものを軍神広瀬と書いているかなり悪質な出品物があって、これ別人ですよねと書いたらスルーされた。笑
確信犯ですかそうですか。
既に入札されていて、自己責任だしいつもなら「うわー騙されてるよ御気の毒様(笑)」だけど、その時はちょっと気の毒な感じだったのでなけなしの良心を発動したのだけど、入札者は掲示板のコメント読んだかなあ…


横道にそれました。
続きます。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)