Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > サイト > サイト更新 江戸中期~幕末の群像

サイト更新 江戸中期~幕末の群像

■サイト更新 江戸時代×1件

【 String 】 1~10話

去年連載していた江戸中後期から大正・昭和頃までの東北、特に岩手県関連の人物数珠つなぎの話です。
全24話ということで文量が多いため3回に分けて更新します。
今回は10話まで、江戸時代中期から幕末よりも少し前の時代が中心になります。

1~4話   平賀源内から蘭学者(解体新書の人々)、林子平、工藤平助、桂川甫周・中川淳庵
5~7話   江川太郎左衛門、斎藤弥九郎、桂小五郎
8~10話  間宮林蔵・佐久間象山

名前だけ出していますが、話は続いている。
1~4話は東日本大震災が起きた頃で、そこから長い間放置していました。
そういうこともあり4話と5話の間には内容にも気持ちの上でも少し断絶があるのだけど、ほったらかしが気にはなっていたので書き終えることができて本当に良かった。
歴史の筋を追うというより、人物の繋がりとそのエピソードが中心になっています。
とっつきやすい感じにはなっていると思うので、お時間がありましたら覗きに来てください。


好きな人物の名前を沢山上げることが出来て私は大変満足でした。
江川太郎左衛門とか川路聖謨とか間宮林蔵とか、こういう人を大河で取り上げて欲しいんだぜ…
あと二宮尊徳も素晴らしい人物だと思う。
知名度はあれど何をしたかは知られていないという点で、これほど有名な人物もいないだろう。

間宮は活躍した場や立場を考えたら難しいかもしれないけれど、江川や川路は本当に申し分ないと思うけどなあ。
幕末の志士以上に激動の人生を、しかも重責を負う形で送っているのだが。
しかもかなり立場はあるものの中間管理職的な立場でもある。
男性は結構興味あるだろうし、平和な時代が崩れていく過程を支えた人たちという点で時代にもマッチするだろうし、重厚な歴史ドラマになると思う。

同じ幕末明治でも佐賀は全然テーマにならないというのも不満である。
再来年のテーマが何になるか知りませんが、幕末するっていうなら薩長土、幕府も会津も新選組も終わっているのだから次は肥ですよね。
大河で佐賀って皆無じゃない?
めっちゃ面白いと思うのだが。
大隈重信は政治家としては問題があり過ぎるので(なぜあんなに一般的な評価が高いのか謎)難しいだろうけど、江藤新平とかどうだろう。
あーでも江藤も幕末は殆ど幽閉か。
そういう人は動きがないという点で難しいよなあ…鍋島閑叟はどうだろう。


今のはすでに見てません。
別に忌避しているわけではなく、単に時間が合わないだけ。
平清盛の時はあれこれ繰り合わせても見ようとは思ったけれど(※平清盛が大好き)、そういう気持ちに全くならないのが不思議である…
幕末に入ったきっかけは長州なのに。
ただ目に入るNHKの番宣を見て、見る気がどんどん失われていくのは確か。笑
始まったばかりだから何とも言えないし、見てないから批評のしようもないし、もしかしたら中盤から面白くなるかもしれないし。
そうは思ってもあまり気乗りはしない。

しかしながら視聴率の悪さが主演俳優のせいのように言われるのは気の毒だなとは、いつも思います。
問題は脚本だろう。
話が面白かったら見る人もそれなりに多いと思う。
原作なしで脚本家が書くからおかしなことになるというのはあるのではないかなあ。
まあ本当に歴史ドラマは無くなりましたね。
近年では『坂の上の雲』と『影武者徳川家康』(再放送で見た)位だと思う。

これは歴史小説にも思います。
特に江戸に関しては時代小説が中心で、人情や情緒とかそんなのばかりが中心になっている。
あと戦国時代でもジゴロウさん曰く「吐く息がミントの香り」(笑)
その揚句素人から見ても間違いだらけの歴史小説が映画になったりする始末。
幕末に至ってはもはやイケメン枠である。

こういうのもあっていいと思うのだけど、そればっかりというのは昔からの歴史小説・時代小説ファンとしては物足りない。
読んでいる時は面白いのだけど、読後は心に全く何も残らない。
酷いものでは読んだことを覚えてすらいない本もある。
歴史劇とか歴史小説はもはや絶滅危惧種なんですかね。
カッコ良さとかさわやかさじゃなくて、もっと力強いものが欲しいだけなんだけどなあ… 
関連記事

Comments

post
2015-01-17 01:19 
ジゴロウ #221
あぁ…
こんな美味しいところを携帯でみれないなんて…またPC使いに、マン喫行かなくちゃですよ…

大河すごいですよ~(棒)『兄様が脱藩した!?』
~松陰の東北旅行は終わった…と、むしろメインだろ?な場面が、理由も過程もなんもナシで、ナレーションで終わりです(笑)

本当、骨太な、いい意味で語り継がれる歴史モノがみたいですね。
尚歯会とか三奇人とか、年末にやってた、白虎隊や奇兵隊くらい濃いやつを希望です。
2015-01-17 08:52  >ジゴロウさん
ヒジハラ #222[Edit]
な、なんかすいません…
ブログ掲載時に結構書き込んでいたので、サイトの内容は同一です^^;

えー…ナレーションで終わりですか?脱藩までして約束守ったのに(笑)
というか家族や周囲にかかる迷惑(ではくくれない迷惑)を全く考慮しない辺り結構DQ…げふんげふん
司馬さんフィルターにかかると称賛されてしまうという不思議マジックの辺りですねー(棒)

確か会津で結構感銘を受けていた気がするのですが、松陰。
他のどうでもいい所より、そういう点をもっとクローズアップすればいいと思うのは私だけでしょうかねえ。
昔からある双方の極端なファン同士の不毛な争いを皮肉れそうなのに…(意地悪な書き方ですね^^;)
2015-01-18 00:33 
ジゴロウ #223
なんか頑なに両藩の交流を避けますよね~
そこを知ったほうが、より深く楽しめるのに…


あら、そうしたら、まずは昔のブログ見に行ってきますo(^-^)o
2015-01-18 09:28  >ジゴロウさん
ヒジハラ #224[Edit]
どうぞそうしてください。
一度読んだ内容をわざわざ見に行くのはもったいないと思うので^^;

どうして罵り合いのような極端なことになるのかなあといつも思うのですよ…一部でしょうけど。
絶対正義とか悪とかないですよね。ましてや政治や政争の話で。
悪い話があったとしてもできるだけ良い方に目を向ける方が生産的だと思うんですけどねえ。
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)