Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > > ミリメシ

ミリメシ

久々に兵食関係の話。
森鴎外の悪口ではない。笑

図書館の新刊コーナーで秦郁彦の『旧日本陸海軍の生態学』という本を見つけたので借りてみた。
読むと言っても論文の寄せ集め集なので、好きな所だけ捲った感じ。
203高地攻め論争、閔妃殺害事件、ミッドウェー開戦や軍用動物に関する話など、日清戦争以前から大東亜戦争に渡る範囲の話が収録されているので、興味のある方は面白いかも。

私が面白そうと思ったのは「旧日本軍の兵食 - コメはパンに敗れた?」という論文に「嫌われた陸軍のパン食」という節が含まれていたからで、特に脚気論争云々からの興味ではない。
まあ、森鴎外の事績も簡潔にひどく書かれてました。笑
仕方ねえ。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20141220.jpg


脚気の話は今まで何度か触れているし、サイトの方でも纏めたものを既に載せているので、そちらをどうぞ。
大体において
・陸軍vs海軍
・森鴎外vs高木兼寛
…という構図になっていく話ですが、ただここに森鴎外を当てはめるのはちょっと気の毒な気がせんでもない。

日清日露戦争時はいずれも上司がいるので、全部森が悪いという訳でもないと思うし。
私としては森も責任を免れるものではないと思うけど、有名人だから名前が挙がっているという点は少なからずあると思う。
まあそれはいいのですが、この本、ちょっと切り口が違ってて面白かったのよ~


日露戦争で陸軍は少なくとも25万人程の脚気患者を出していると考えられています。
(※実数が隠されていて正確な人数が分からない。ちなみに出征数は約100万人)
そして脚気による死者は2万5千人。

麦飯(白米と麦の混合食)に変えりゃ或る程度防げただろうに、陸軍医務局がそれを頑強に拒否した為に起きた悲劇でした。
流石に日露戦争後には改善された…
のかと思いきや、正式に麦飯が採用されたのは大正2(1913)年。

大正2年。


えー…日露戦争から10年近く経ってるんだけどー…


パンも主食として取り入れようという動きも、大正中期にあったそうです。
そうなんだ。
シベリア出兵の時に米飯だと凍ってしまうという問題が起こり、しかも当時米騒動で米価が上昇していたため、当時陸相であった田中義一がパン食を導入してみようとしたらしい。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20141220_2.jpg


米飯凍るって…^^;
それ日露戦争の時も全く同じ問題起こってたよね。
森鴎外(当時第2軍の軍医部長)がどうすれば凍結しないおにぎりを作れるかって研究してたよね。
それはどうなったの。

ただ凍結だけでなく、熱帯では米飯は腐りやすいという問題もあったのでパンの代用を考えたそうです。
パン食に慣れさせておこう、というもの。

当時、流石にパンも普及してきていて、米や麦にはかなわないものの嫌悪する人はそんなにはいなかった様子。
そういうこともあって、陸軍省から全師団に対し、毎週少なくとも1食はパンにして、という指令が出ていたそうです。
その流れを受けてシベリア出兵の際は毎日1食は必ずパン食を励行することになった。
野戦パン焼車も配備されていたそうです。

ただ現地では米飯はやっぱり凍結して主食をパンに頼らざるを得ず、従軍兵士には
「ロシアパンのまずいこと天下一品」
「やっぱり日本人は米でなきゃ」
とか言われる始末。笑
めっちゃ不評だった。
日露戦争後に大連で子供時代を過ごした人の回顧だと、
「焼きたてのロシアパンは美味しくて子供心に売りに来るのが楽しみ」
って話だったのに(笑)
時代と年代によるのか。

パンを嫌悪する人はそんなにはいなかったとはいうものの、陸軍で兵士に主食として出すものとしては馴染まなかったのだと思う。
結局パンを主食にという動きは定着せず、昭和8年には兵士が望めばパン0で米麦のみ、その麦も米に変えることができるようになっていたようで、結局元に戻ってしまった。


聞いたことのない言葉がちらほらある。
野戦パン焼車?^^;もう少し名前…


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_12200209.jpg


防睡菓子とか航空チョコとか、活性鉄飴とか(笑)
航空元気酒…(いつもながらのこのネーミングセンス。笑)
防睡菓子ってフリスクみたいなもん?
というか、右上の写真に書いてあるサプリメントにはちょっと驚いた。


同じ論文でへーと思ったのが、明治23年に海軍で食事への不満からサボタージュが起こったという話が載っていたこと。


明治二十三年春、軍艦「海門」で下士官兵の集団サボタージュが起きた。
理由を聞いてみると
「ワシらは白い米の飯が食えるという理由で海軍に入りました。ところが、フネでは飯の代わりに、出るのはオヤツばかり」
の不満からと分かる。
たしかにオヤツ(乾パン)に缶詰か塩漬の肉、乾物野菜の組み合わせでは不満が高じたのもむりはない。
分隊長の坂本一大尉(のち中将)は艦長に
「ひとまず米を食わせて落ち着かせましょう」
と進言したが、規則を重んじる艦長は煮えきらない。
そこで大尉は独断で取り寄せた白米を食わせて「鎮圧」した代りに本人は転勤させられたという。



出典が『海軍逸話集』だったので確認した。
神戸沖での話で、坂本一(7期、同期に加藤友三郎、島村速雄ら)は当時海門の2番分隊長。
兵員の不満の押さえ方がまずかったようで、言う事を聞かない。
坂本は抜刀して2番分隊の名簿を読み上げ上甲板に整列を命じ、

「言う事を聞かなかったら斬り殺す」


……^^; (一件落着したそうです…
ただ上にあるように独断で米を取り寄せたという話はねーなー。
全体的にちょっと話違うし、他に種本ありそう。どこからの話だろう。

てゆうかね、この時の様子、広瀬武夫が見てたんじゃないかと思う。
広瀬は明治23(1890)年3月中旬から海門乗組みの少尉候補生なんですよ。
で、海門で少尉になっている。
秦郁彦は23年春と書いていて、坂本一は23年とあるだけだけど。
アジ歴見てたのだけど、引っかかる書類がないのでちょっとよく分からん。

今年の初めに書いた三笠のストライキにしてもそうだけど、ちょこちょここういう事あったのね。
時期的には同じで、22年、金剛でもちょっとしたことで下士官と水兵がストライキを起こしてる。
これ多分15期の遠洋航海の直前だと思う。
岡田啓介が回顧を残しています。
注目されないから知らないだけで、明治30年ぐらいまでは結構こんなこともあったのかなと思います。


(しかしこの本を読んでいて一番驚いたのは昭和20年3月に至っても日本に騎兵旅団が存在したことだった…)


**


大体想像の範囲だったけど忙しい。
忙しいというよりしんどいorz
まともな更新はあと2回と書いたけれど、これでおしまいだわ~
今日は今から奈良ですよ。休みねえ。 
関連記事

Comments

post
2014-12-31 19:17 
ジゴロウ #208
国々もそうですが、時代による兵糧事情も面白いですね。
幕末、軍事訓練の際に、干し飯で数日過ごしてみたら、全員お腹下したとか…

昨年中は、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
2014-12-31 23:13  >ジゴロウさん
ヒジハラ #210
時代によって事情が変わるのは当たり前といっちゃ当たり前なのですが、私の場合どうしても脚気の話辺りで止まってしまうので、ちょっと新鮮な話題でした。笑

干し米は本当に非常食だったみたいですね。私もその話を聞いたことがあります。
消化が悪くて本当にいまいちだったそうで。
唯近代に入ってもまだ軍隊食として生きてたみたいで、それも驚きでした。
流石に時代が進むと消えてましたが。

こちらこそ来年もよろしくお願いいたします^^
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)