Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

薩摩Jr.

12月初めは薩摩の人の誕生日が多いんですよね。
初旬に桐野利秋、篠原国幹、西郷隆盛の誕生日が固まってる。
篠原さんの誕生日を、私はずっと12月4日だと思っていたのです。
竹下勇(この人も薩摩人)の誕生日が12月4日で、おお一緒だと思いきや、冬どんは5日だったみたい。
ずっと間違えて覚えてたorz
辺見十郎太が11月初旬で、何か書こうと思いつつそのままスルーしてしまった^^;へへ
ごめんね辺見君。

辺見には勇彦(ゆうひこ)という忘れ形見がいます。
薩軍が城山に籠城している時に誕生したので、父子は一度も対面していない。
父が”賊軍”となってしまったとはいえ、薩摩の猛将辺見の息子ということで周囲が陸軍に入れようとするのですが、本人が勉強大嫌い。
陸軍の幼年学校k、士官学校、年限ぎりぎりまで試験を受け続けるも全滅。
同郷の誼で高島鞆之助、次いで上原勇作が家に寄留させてくれていたのですが、余に不真面目なので面倒見切れんと放り出されてしまった。笑
ただ後に理解してくれる人が現れ一念発起、日露戦争の頃には現地で馬賊を率いて後方活動に従事しています。
偵察で手柄を立てていて、その結果奉天将軍府顧問格という結構な役職に就くことになった。
そういう人。
詳しくはサイトに「忘れがたみ~辺見勇彦、馬賊、日露戦争」という文章がありますので、そちらをどうぞ。


誰かの息子という話では、大山巌の次男、大山柏が陸軍に入っています。
地元図書館に『金星の追憶』があってちょっと驚いた^^;
夏頃に借りて読んだのですが、面白かったです。
しかし親と同じ世界に入って、しかも親が陸軍の親玉のひとりと言うのは本当に大変だ。
柏は考古学でかなり名の知れた人です。
私は元々考古学者だと思っていたのですが、陸軍さんだった。
それも陸軍を辞めてからそちらに進んだのかと思っていたのだけれど、陸軍に在籍していた時からだった。
そちらの方に進みたくて、陸軍を辞めたくて仕方なかったみたい。(認められなかった…

大山元帥の息子ということで、大先輩から声を掛けられることも多かった。
雷親父と称された上原勇作の話が結構出ていました。

陸軍大学校の参謀旅行で福岡に泊まっていた際、当時参謀総長であった上原勇作(の副官)に呼び出された大山柏。
公用じゃない、和服で良いから早く!と副官にせかされて上原の宿舎に行ってみると、別嬪の女将相手に飲んでいた。
顔を出すや、

上原「この人は若いが学者だ。だからそのことも知ってるだろうと思って呼んだ」
女将「あらあらうふふ」
大山(何の話)
上原「福岡の炭鉱王伊藤伝右衛門が奥さん(白蓮)と寝る時、若い女をもうひとり連れ込むって女将から聞いたんだけど、三人でどうやってするもん?」
大山「」

呼び出されて聞かれたことが3(自重
大山曰く「大変な難問題だ。これは参謀旅行の問題よりずっとむつかしい」。
一応考えて答えたんだぜ…(笑)
若い方は当て馬で、緒戦用なのではないでしょうか」(その答え)(間違ってた)
緒戦用…流石陸軍(笑)

大山柏は次男なのですが長男は高といって、こちらは海軍に入った。
ただ少尉候補生の時に軍艦の事故に遭い亡くなっています。

大山巌の従兄弟、西郷従道の四男と五男も海軍に入っています。
四男は上村彦之丞の養嗣子・従義(山本権兵衛の娘婿)、五男は機関の方に進んだ従親。
親の西郷従道が海軍大臣まで務めたのに、兵科と比べると冷遇されていた機関の方に進んだというのは若干奇異な感をうけますが、どうも政治的なあれこれがあったみたい。
よく分からん。
機関に進む人が少なかったため大臣の息子に率先して進ませたのでは、という話は読んだことがある。

軍艦が石炭で動いていた頃、如何に少ない煙で軍艦を動かすかというのが腕の見せ所だったそうです。
1隻ならとにかく複数だとそれが如実に分かってしまうため、こっちの煙が濃いと兵科士官が機関の苦労も知らず、「もっと煙を少なくしろ」「もっと」「もっと」と要求する。
ついに「煙を出すな!」と怒鳴ってしまい、
西郷従親 「分かった」
煙を出さない→石炭を焚かない→軍艦を止めた、という話がある。


ジュニアの話も中々面白い。
とはいえ親の存在が大きくて子供が苦労する話が大変多く、なんだか気の毒な気持ちになる。
関連記事

Comments

post
2014-11-29 00:34 
ジゴロウ #184
自分だけかも知れませんけど、お誕生日ネタで困るのが、暦です。

新旧の暦を両方覚えてればいいんですけど、片方だけだと、どっちで覚えときゃあいいんだろう…てな感じです。

大山巌といえば、後妻ゴニョゴニョ…
2014-11-29 05:48  >ジゴロウさん
ヒジハラ #185
そうですよね、ややこしいですよね暦。
私は陰暦の頃に生まれた方はそのままです。旧暦にすると分かなくなるので。

柏は捨松さんとの間に生まれた子ですよ~
大山巌そっくりです。遺伝子強すぎです(笑)
2014-11-29 12:06 
ジゴロウ #186
(笑)わかります。
山川家の美形の血が駆逐されました…

薩摩の遺伝子、強いですよね。
知人の妹さんも、鹿児島の人と結婚→出産しましたが、男の子はお母さんに似るはずが、旦那さんの父親(義父)の面影ありすぎで、写真みてびびりました。


そういえば、大山家の男子って、みんな木編つけてますね。
2014-11-29 19:17  >ジゴロウさん
ヒジハラ #187
駆逐されましたか(笑)
大山柏は父そっくりと聞いたことはあったのですが、本当にそっくりで驚きました(笑)

柏の息子さんは梓と桂ですもんね。
巌の長男は高ですが。
柏の娘は咲子という名前ですが、捨松さんの意志で女子が生まれたら「咲子」にして、ということだったそうですよ~
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)