Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

Home > ヒストリ:近代MTS > 昭和 > パラべラム~堀悌吉(7)

パラべラム~堀悌吉(7)

*****

この話は19回シリーズです。
サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。

*****


続き。

進め方を考えていたのですが、そのまま行くことにした(おい)
政策決定に関与できる立場にない堀悌吉は殆ど出てきませんが、いい機会だと思うのでロンドン海軍軍縮会議の話でも。
大変だから今迄避けてきたのに(笑)



大正10(1921)年のワシントン海軍軍縮会議で主力艦の制限がかけられたものの、補助艦艇(巡洋艦、潜水艦等)の制限はかかりませんでした。
それを知った軍令部第1班長斎藤七五郎が、
「それではいずれ補助艦艇の競争が始まるではないか」
とがっかりしたという話が残っている。(軍令部第1班長と言う作戦計画の中心人物が思う所がミソである)
その予感は遠からぬ後年、現実のものになります。


昭和2(1927)年のジュネーブ海軍軍縮会議がその歯止めを掛けようとした会議で、この時の首席全権は斎藤実。(内閣は田中義一内閣)
堀悌吉はこの会議でまたもや随員となっています。


http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014830.jpg


参加国は日米英の3ヶ国ですが、米英の主張が平行線のままで会議が決裂。(日本が仲裁…
何の成果もないまま、問題が昭和4(1929)年のロンドン海軍軍縮会議にまで持ち越されています。
ロンドン海軍軍縮会議は1次と2次がありまして、昭和4年の会議は1次。
2次は昭和10年、その前に予備交渉があり、その時の日本代表が山本五十六でした。

ジュネーブ会議の決裂後、英米がその問題を摺合せまして、それが大体妥協点に達してから日本が呼ばれている。
要するに英米で打ち合わせしてから日本を入れた訳で、日本としては不利な立場で交渉を始めなければならないという状態でした。


第1次の軍縮会議に参加すべく赴いたのは以下。
全権と海軍関係者のみピックアップ。

全権:若槻礼次郎(首席)、財部彪海相、松平恒雄駐英大使、永井松三駐白大使
顧問:安保清種海軍大将
随員:左近司政三中将、山本五十六大佐(少将)、豊田貞次郎大佐、中村亀三郎大佐、岩村清一大佐、山口多聞中佐

山本五十六が次席随員として参加しています。

本国の陣容は海相不在の間、海軍の事務管理となった首相浜口雄幸、海軍次官山梨勝之進、軍務局長に堀悌吉。
本国では山梨次官と堀軍務局長が非常な労を執ることになります。


海軍としては会議以前から主張すべき立場は決まっていまして、それが「対米7割の維持」。
何となく初めから割合に拘る派と拘らない派に分かれて争っていそうな気がしますが、さにあらず。
ワシントン海軍条約会議時の条約賛成派とか反対派とか関係なく皆「対米7割」。
海軍の総意として、軍事的な視点からこれは譲れないという意見でした。

一方浜口雄幸首相、幣原喜重郎外相、そして首席全権若槻礼次郎らの政治家は、
 ①経済的問題(国民負担の軽減)から軍縮は必要
 ②協調外交の立場からも軍縮に賛成する必要がある
この意見で、政治的な視点からとにかく軍縮条約には調印する というスタンス。

既にこの時点で意見が割れている。


財部は全権になった際、若槻主席全権に対し、
「軍人である自分が7割を貫徹するのは難しく、政治家である貴方に協力してもらいたい」
という旨を依頼するのですが、上記の通り若槻は妥協できる所で決着しようと考えているため、うまーくそれを避けて「うん」とは言わない。
この最終決着地に対する意見の相違がそのままロンドンに持ち越されています。

ロンドン海軍軍縮会議は、政府側と海軍側のこの手の擦れ違いが非常に多かった。
条約調印の後、あれだけ揉めた大きな原因は、このコミュニケーションの悪さにあったと思われます。


続く。


拍手の返信があります。『続き』からどうぞ


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっと。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
>2014/9/7 巻さん 

初めまして。広瀬関係で来て頂いたとのこと、ありがとうございます。
また素晴らしいと言って嬉しいです。調子に乗るのでほめ過ぎ禁止ですよ~(笑)
ブログでの海軍話は細切れの続き話になっているものが多いので、若干読み辛いと思います。
発表後3・4か月程経ったものは加筆訂正してサイトに移していますので、宜しければこちらもご利用ください。
こちらこそどうぞよろしくお願いします^^
コメントありがとうございました!
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)