Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > 他し事(あだしごと) > 再放送(NHK)やら展覧会(国会図書館)やら

再放送(NHK)やら展覧会(国会図書館)やら

高杉晋作の従兄弟が日本の国際結婚第1号だった件…(びっくり
木戸孝允や井上馨、伊藤博文といった長州系の人々の名前が頻出する本。


 国際結婚第1号 明治人たちの雑婚事始


正直あまり興味がないジャンルの本だったのですが、ちょっと気になることがあって手に取った(お盆前だよ…)。
その気になることをブログで書こうかと思ったのだけど、サイトにあげることにした。
出し惜しみし始めたよ!(笑)


で、堀悌吉の話はどうしたという話ですが。
この話、本当に沢山の方に読んで頂いているようで正直ビビる。笑 (チキン)
続きを書く前に違う話を挟んだ方が読みやすいかなと思う所もあり、ちょっと悩ましいわー…
まあそろそろ進めますので、もう少し待ってくだされ。
やっぱりサイトに持ってけば良かったか~


***


ドラマ『坂の上の雲』、再放送ですって。
 公式 → 坂の上の雲再放送

10月5日から、BSプレミアム、毎週日曜日(正午~)。
1回分を45分に分割して、半年に亘って放送するとのこと。

再放送の要望が多かったそうで。
そういえば豊後竹田でも再放送して欲しい!と言うことで、再放送の請願?で署名のお願いが広瀬武夫顕彰会から来てた…
サイトで書くかと思ったのだけど、見に来てくれてる方は録画してたりDVD持ってたりしてそうだしなーと。
あとはお察し。
というか私に迷惑が及びませんように。(真顔)


あとね、国会図書館ですんばらしく面白そうな展示会あるよ。

企画展 「あの人の直筆」 (国会図書館 公式HP
 ・2014年 10月18日(土) ~ 11月18日(火) 日・祝除く
 ・10時~19時(土曜日は18時終了)
  ※展示替えあり (前)10/18~11/1 (後)11/4~11/18

・近世から戦後にかけて各分野で活躍した有名人約150人の直筆資料を展示
 ex) シーボルト、杉田玄白、高野長英、西郷隆盛、吉田松陰、勝海舟、板垣退助、大久保利通、徳川慶喜
    伊藤博文、原敬、尾崎行雄、秋山真之、乃木希典、崎弥太郎、渋沢栄一、陸奥宗光、斎藤実(日記) 
    坂本龍馬(船中八策)、木戸孝允、高杉晋作、中岡慎太郎 等 

うわあああ!関西館でもやって!同じ展覧会やって!!
政治家はとにかく秋山真之の書簡とかあるんやな~
憲政資料室にある誰かの史料の中のひとつやろうなあ… 斎藤実宛とか?

これ憲政記念館みたいにパンフレット作らんかな?
電話したら送って貰えんかな?^^; 
関連記事

Comments

post
2014-10-26 07:58  行ってきました。
MV #161[Edit]
>斎藤実宛とか?

ピンポーン!!
憲政史料室の、斎藤実関係文書のうちの1点だそーで。
明治35年アメリカ発信で、アメリカ海軍の拡張計画進捗表を送ります、という内容です。
どうせなら、手紙よりその進捗表が見たいですねぇ。真之はレポートの上手い人だったそうなので。
そっちは防衛研究所なのかしらん。

笑っちゃったけど、ちょっと待てお前それどころじゃないだろう、なのが大山巌。
出先から奥さんあての手紙で、こっちに来る予定の甥にアイスクリームを作る道具を持たせてくれと書いているのですが、日付が明治10年5月28日。
……。

パンフレット作ってます。
A6オールカラーで、表紙も数に入れて16ページ。
写真と内容紹介と書いた人の説明が載ってるのですが、作りがゆったりしているので掲載点数が少なく、展示のうちのごくこく一部しかありません(-.-)。
もう少し詰め込み感があってもいいから、たくさん載せて欲しいな~。
もう一冊くれませんかと頼んだけど断られてしまいました(ケチ!)

まあ面白かったので、ご都合がつけばおいでくださいまし。
特に今度の3連休は神保町でブックフェスティバルがありますよん。
http://jimbou.info/news/book_fes.html
ワゴンセールだけでなく、古書店の店舗内のものも割引してくれるとこが多いですよ~。
2014-10-26 11:02  >MVさん
ヒジハラ #162[Edit]
斎藤実宛てでしたか(笑)
竹下勇関係文書にも秋山の書簡があるので、そちらもあるなーとは思っていたんですが。
進捗表は防研にありそうですね~
もしかしたらアジ歴の外駐員報あたりで公開されてるかも。
しかし35年なんですか?その頃秋山多分日本…キャプション間違い?^^;

というか大山…(笑)
アイスとか言うてる場合と違う(笑)

パンフありましたか~。
あれだけの書簡、書類を出しておいて16ページと言うのは寂しいですねえ。
物足りん…
憲政記念館のクオリティがかなり高いだけに比べてしまう。
ただあちらは個人的にはもう少し写真を入れて欲しいです所ですが^^;
そしてあちらではもう一冊もらえませんかと頼むとくれました(笑)
国会図書館(笑)

うーん、面白そうなものが多いので遊びに行きたいんですけど、ちょっと都合がつかないんですよ…
万世橋の話も書いて、あの辺りどうなったのだろうと久しぶりに行ってもみたいんですが。
どこでもドアが欲しいorz
2014-10-26 12:29  疑問は放置しちゃいけませんね(笑)
MV #163[Edit]
>その頃秋山多分日本

ですよね(笑)
あれ、そんなギリまで向こうにいたっけ?とちらっと思ったのですが、放置してしまいました。数字覚えるの苦手なもんで。(笑)
「五」がつぶれているように見えるんですが、「二」なんでしょうね。
32年ならアメリカ駐在の時期ですから。

真之の項目にはもうひとつペケがありまして、「作戦参謀として各海戦を指揮」。
参謀が指揮しちゃいかんだろ~(笑)

ギャラリートークで学芸員さん(図書館だから司書?とにかく研究員の方)も、展示会をやるとご指摘をいただくことがあり、そうすると夜の間に展示を直しているとおっしゃってました。
パンフはどうするのかな~。
2014-10-26 12:59  >MVさん
ヒジハラ #164[Edit]
秋山は確か33年に帰国していたと思って。
斎藤実関係なら冊子の目録が出ているのですが、それを確かめなかったのか、それともそっちが間違っているのか^^;
確かめなかったということは、さすがにないだろうとは思いますが…

>参謀が指揮しちゃいかんだろ~(笑)

確かに(笑)越権過ぎですね~
いくら偉くても参謀は幕僚ですからねえ(笑)

今回の展示のように多岐に亘る分野の人物が対象になると、展示品全部を完璧にカバーするというのは難しそうですね。
あっちこっちから色んな指摘が入るのだろうな、とは思いますが…
でも秋山だけで2ヶ所って、他の解説は大丈夫なんでしょうか(笑)
2014-10-26 14:15  ごめんなさいごめんなさい!
MV #165[Edit]
アメリカ海軍の進捗表という事から、てっきり留学or駐在中と思いこんじゃいましたが、アメリカ発とは書いてませんでした。
パンフを見直してみたら、常備艦隊参謀の秋山少佐から、と書いてあるんですが、これは書簡の文字を「三十五年」と判断したor本題の進捗表に年を特定できるものがあるので経歴を見て当てはめたのか、?

でもやっぱり、「三十五年」じゃなくて、「三十二年」に見えるんですよねぇ。
それに、パンフの「策定中の海軍拡張計画の参考とするべく」のあとに、パンフにはないんですが展示会場では、三笠などもこの拡張計画で建造された、という意味の補足があったんですよね。
ちゃんとメモしてくれば良かったんですが、「三笠」が私の見間違いや記憶違いでなければ、35年では遅すぎると思います。その辺も思いこみの原因でして。

言い訳になっちゃいますが、私の眼には色々とトラブルがありまして。
バスの中で「安全を最優先に運行します」が「女王を最優先に運行します」に見えて二度見したことがあります(笑うとこです。少なくとも本人は面白がってます。笑ってもらえると喜びます)。

あやふやで申し訳ないので、なるべく早く見直してきます……。
2014-10-26 15:59  >MVさん
ヒジハラ #166[Edit]
わわわこちらこそすいません。なんか余計な事を書いてしまった感がorz
斎藤関係文書の目録、国会図書館がPDFで公開していました。
https://rnavi.ndl.go.jp/kensei/tmp/index_saitoumakoto_shokan1.pdf

明治三十五年一月二十五日
米国大使館付武官より受領の米国海軍拡張案実施後の本年十月に於ける進行程度表及び新聞切抜送付

これかな?
三笠だったら確かに35年では遅いですね…^^;
回航委員が渡英しているのが33年ですし。

既にご存知だと思いますが(…)私も見間違いや勘違いが本当に多いのでどうぞお気になさらないでください~
というか、女王を最優先(笑)すいません、笑ってしまいました…

所で上の目録を見ると斎藤宛秋山書簡は3通所収で、その内の3通目が明治43年、

「待命中佐千秋泰二郎未だ自己の非を自覚致さず就ては閣下より今一度厳重訓示を願いたし」

何があったの(笑)
千秋って人事局にいた同期の千秋さんですかねえ
恭二郎の誤字かな?
2014-11-03 15:24  平あやまり
MV #172[Edit]
見直してきました。

結論から言いますと、私がちゃんと読んでいなかったの一語です。
混んでてあまりゆっくり見られなかった……という言訳さえもできないような早合点でございまして、文面からして真之の帰国後で間違いありません。

現物↓
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8737517

「三笠」もそれ自体は見間違いではなくて、
「連合艦隊の旗艦「三笠」もこの(引用注:日清戦争後の)一連の拡張計画により英国で建造された。」
なので、しっかり読んでいれば防げた勘違いです。

非常に恥ずかしいですが、だからと言ってコメントを削除してとぼけるのはもっと情けないので、上のコメントはこのままにさせていただきます。
本当に申し訳ありません。

で、反省したその舌の根も乾かないうちに、ですが(ホントに反省しとるのか)。
真之は指揮したままでした。あ~あ。
しかも、柱の一つに初代~昭和初期の歴代首相の花押が紹介されていたのですが、ヒジハラさんが「しゃま」をつけてお呼びになる37代首相の名前の一文字が「政」でなく「正」になってまして。
軍事に疎くても仕方ないけど、ここは「国会」図書館だろ~。

ところで、上のURLは国会図書館のデジタルコレクションですが、他の書簡は出てきません。
私の探し方が悪いんですかね~。
2014-11-03 20:47  >MVさん
ヒジハラ #173[Edit]
デジコレで出てましたか!
探し方が悪いのではないと思いますよ~
以前私も財部彪と竹下勇の関係文書を検索しました(笑)
まだ江戸時代末期~明治20年代辺りまでの一部の史料しか公開されていないんですよ。
どういう基準で公開しているのか、また憲政史料全部を公開する予定なのかとか知りたいところなんですが…
秋山書簡は今回の展示会に合わせて特例で公開したのではないでしょうか。

そしてわざわざご確認の上ご連絡まで頂きましてありがとうございます。
私もうっかりでのたうちまわりたいような失敗が多々ありますので、本当にお気になさらないでください(><
御存じの通り訂正が多いブログ&サイトですorz
ご丁寧に訂正を入れて下さり、感謝感謝です。

リンク先の書簡を見ると日付が明治35年1月25日ですね。
内容に
「目下其筋ニ於テ御計画中ナルヤト内聞セル吾海軍拡張案ニ対シ多少ノ御参考ト」
とあり、明治35年の段階で「計画中ナルヤト内聞」となると、え?と思ってしまう…
なんか変な書き方だなあと思うのは私だけでしょうか。
米国拡張案の実施状況を記した別紙が見たいところです(笑)

米内しゃま、実はよく間違われてます(笑)
一般書籍でも間違っているものがあったりして。
確か変換で一発目に光正って出るんですよ。
でも仰る通り国会図書館が間違ったらあかん気が^^;

実は桐野もよく利明って書かれてるんですよ…
流石に書籍で見たことはありませんが、ネット上での誤字は結構ありましたね~
その上桐野の御屋敷があった現岩崎邸の側の坂道の解説にも利明とあって崩れ落ちました(笑)
数年前の話なので、今は直ってるかも?
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)