Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > ヒストリ:近代MTS > 大正 > 秋山真之書簡 @なんでも鑑定団

秋山真之書簡 @なんでも鑑定団

一昨日のなんでも鑑定団見ました?
秋山真之の書簡が出てましたね。

再放送待つかと思ってたのですが、もう動画が上がってたので確認した。
7分3秒の辺りから。

書簡は大正6(1917)年3月14日、同年6月5日付で、前川義一に宛てたもの。
秋山は当時第2水雷戦隊の司令官でした。
前川氏は海兵27期、番組での紹介では日本海海戦時に信濃丸に乗っていたとありましたな~

と言うか信濃丸巡洋艦とかゆーてて…
徴用された仮装巡洋艦ですよね!特設艦船ってやつですよ。
そもそも貨客船か旅客船やで!えらい違いやで!(笑)

ちなみに信濃丸の副長が丸橋彦三郎と言って海軍兵学校15期。
海軍兵学校に柔道が導入される前より、海兵の庭で柔道をしていたメンバーのひとりです。
広瀬武夫とは柔道仲間!


番組で紹介された秋山書簡の内容

・3月の 曳航水雷実用化に向けての実験に対する具体的な指示がこまごまと書かれている
・6月の 前川中佐の飛行機搭載の乙雷襲撃についての考察に対し、全面的に賛成を表している

鑑定額が2通で160万円ということで、以前放送された秋山の漢詩が1幅で150万だったのでもう少し高いかと思ったのだけれど。
素人からすると今回の書簡の方が研究対象と言うか、史料的な価値はあると思うのだけれど。
算定の基準がよく分からない。

所有者の方が口にしていたけれど、松山の公的施設に寄託なりされるのかな?
そうかと思わんこともないけれど、預ける等した上で、一般人も見学できるような所ってそこしかないわなあ。


適当に読める所読んでみた。
●(分からん所)以外にもあやふやなところがあるけど笑って許して。
というか誰か読んでorz


★大正6年3月14日

舌代
本日の実験成績ヲ見るに曳航水雷は先ず可成の良績を示し実験に適する見込み相●●●
就テハ愈々其筋にて実用兵器として審査相成る時
必然問題と相成るべき曳索の張度ニ対し十五ミリ乃至十九ミリ位の曳索にて試験致し置く必要可有之
右に対し曳索を十五若ハ十六ミリとし水雷のビルジキールを
幾何広めて可なるやを貴部ノ主たる人にて御研究の上
既実験水雷を其の断案通り可成遺し●造方●斗れ
 (以下略


よく分からん。
終わりの方は武器の部品だか部分だかの名称みたい。
軍事用語分からん。
しかし舌代って、秋山よく使ってたのかな。
田中角栄の本に載っていた書簡にも使ってあった。
(舌代=一筆申し上げますとか、そういう意味。挨拶的言葉)


★大正6年6月5日

拝啓
御直送の飛行機搭載乙雷襲撃ニ関する御考案至正ニ拝読御計画至極大賛成ニ御座候

若国の前途を憂慮する者は現下無一物の実情より●度して
終に同一の結案に到達するものと相見へ
小生も実は書手初読以来此件を考案致居候

無研究実験に付当局の発心を促したることも有之候得ども
昨年来の予算不成立材料勢費縮費のため目下艦政局も融通の資金無之
又来月末の臨時議会ニ於ける平和計画の八四案が通過したとしても左程の融通ハ相待不申

今日ハ実ニ八四とか八八とか呑気な事を云ふてる時節ニハ無シ
書手来より来年来る年に●け最も危急な場合に兎にも角にも適応すべき
武器を急遽に準備するが元も肝要なるに夫れが思わぬ●に参らざるは実以て 
(以下略)


艦政局って…
艦政本部じゃないのかと思って当時の職員録を見たら確かに艦政局。
改変が激しい部署だったみたいですな。
ちなみに当時の局長は15期、中野直枝。

八四とか八八というのは、当時の建艦計画のことで、8・8艦隊計画(戦艦8、巡洋戦艦8)と言われます。
日本は貧乏国ですので一気に軍艦を作ることが出来ず、8・4→8・6→8・8と順次計画を達成しようとしていた。

…のですが、大正10年にワシントン海軍軍縮会議が開かれまして、幻の艦隊と相成申候。

計画通りに艦隊が成立したら、経済的負担が大きすぎて(海軍の費用だけで国家予算の3分の1)、大東亜戦争で敗戦を迎える前に国家が滅亡していただろうといわれています。


以前寺島健の秋山真之の話


秋山さんは将来戦のことを心配されて、アメリカに勝つには奇想天外の斬新兵器によらなければ勝ち目はない。
何でもよいから新しい着想を出せと始終云われた。


を引用しましたが(『小柳資料』)、多分これ、同じこと言ってる。
軍務局長経験者が88艦隊とか呑気な事言ってる場合でない、新しい武器がいる、って、結構な言葉だと思う。
秋山は実際に欧州戦線も見てきているから、説得力はあるよなあ…

全文読んでみたいところですが、テレビでは書簡の初めの方ばかり写しているので、後の方が分からないorz 
関連記事

Comments

post
2014-08-08 02:27 
object #103
動画のほうは、著作権等は大丈夫なのでしょうか?

さておき、今回出た書簡について坂の上の雲ミュージアムのTさんに聞いてみたんですが、特に何のアクションも無かったとのこと。
愛媛での放送は日曜だからまだ見てないって。
ぜひ、この書簡は寄託等していただきたいですね〜
他人の物にどうこう言うのはいけないとは思いますがw
2014-08-08 06:34  >objectさん
ヒジハラ #104
私の住んでいる地域では本放送から割とすぐに再放送があるので待つつもりでいたのですが、直近放送が簡単に出てきまして。動画アップはアウトでしょうね^^;

ミュージアムに連絡取られましたか~
確かに何らかの動きがあるなら本放送以降でしょうし、価値があるとなれば所有者の方も色々と思うこともおありでしょうし…^^;
どうなりますか。

ただこれ、内容からみて軍事史研究の史料になりそうですので、個人で秘蔵するにはかなり惜しい気がします。
寄託云々はさておき、内容だけでも公開して欲しいなあとは思いますねえ…
2014-08-10 22:02 
シロート・モネ #105
お暑うございます。

あの字がお読みになれるとは、すごいですね!
160万円もの値がついてしまうと、ポンっと寄はご決心がつきにくいでしょうから、
貸出という形にしてもいいんじゃないかな~と思いましたけど、、、
どっちにしろ、いいお宝発見でしたね。(^^
2014-08-11 22:16  >シロート・モネさん
ヒジハラ #107
台風一過で暑い日がまた戻ってきそうですね~^^;

今回は偶然読みやすい感じだっただけで、いつもは四苦八苦ですよ~(笑)
確かに価値を知ってしまうと他に譲るという決心はつきにくいですよね^^;
仰る通りいいお宝っぽかっただけに、何らかの形で内容を見てみたいです。
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)