Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home > 2017年08月16日

Road to S

一昨年のリベンジということで、新平に会いに行くことにした。
普段特に意識はしていないのですが、うん、すっ…好きなんですっ…(たんぽぽ持って大告白
神戸で江藤の名前が刻まれた灯篭を見た時の喜びをお察しください。

佐賀は大変昔に研修旅行で吉野ヶ里遺跡と九州陶磁文化館(だったと思う)というピンポイントで2ヶ所行っただけ。
しかもバス移動のドアtoドア状態でこれは佐賀に行ったと言ってはいけないレベル。

しかしながら佐賀市、江藤も含めて細かい史跡は結構あるのだけれど、博物館施設的なものが意外と少ないのである。
そして私は(佐賀市の数少ない個人の記念館がある)大隈重信が嫌いなんであるorz
う、うむー…
まあ面白い人だなとは思うのだけれど。
飼い犬の名前を犬にしたりとか…

とまれ、ぼちぼちゆるゆると史跡巡りして来ようと思っております。
晴れろ。(心の叫び…

そして今更ながら『江藤新平と明治維新』を読んでいるのだった。
読み始めたの昨日からで、出発までに間に合わない空気が漂っておる(笑
江藤関係はこの本振りで2年半程ブランクがあり、久し振りなので頭を少し幕末維新に戻さないと…^^;
ただやっぱり江藤のお墓参りに行けるのは嬉しい。

あと楽しみは郷土資料かな。
佐賀は結構ネット上であれこれと公開しているのだけれど、そういうのではないのもあるだろうし。
そして佐賀海軍関係で何か書籍はないかと思っている(史跡は壊滅的にない。壊滅的というか、ない)。


そういえば、みなもと太郎の『風雲児たち』の解体新書の辺りの話をNHKが実写化するそうで。
そうなんだ。
あの時代に興味を持つ人が増えたらいいな…
本当に涙が出るほど凄くて、愛すべき先人がわが国には沢山いるということを沢山の人に知って欲しい。
あの時代の面白さを知って欲しい。
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)