Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home 2017年07月

ひとくせ(加藤拓川)

20170731.jpg


松山旅行で見つけた『加藤拓川』(畠中淳/松山子規会/S57年)をつまみ食いしながら読了。
いや、松山の郷土出版だけに正岡子規関係での出版物なのですよ。
私正岡子規にあんまり興味ない…
とはいえ加藤が新聞で発表した文章や書簡、加藤を知っている人の追憶や座談会も収録されていたので、これは結構面白いと思う。
この座談会の出席者がビッグネームでびっくりしたのです。
犬養毅、古島一雄、内田康哉、石井菊次郎、林権助、吉田茂…

<●><●>

古本屋で見た時こんな感じになった。笑
原敬の名前がちらほら出ている時点で買うか大分迷ったのだけれど、ここは決定打だったわ。

加藤、原とは私が想像していた以上に仲が良かったみたい。
というか、人生の転機に関わった重要人物のひとりとしてこの本では紹介されていた。
このあたりの関係は先日「青森と盛岡つながり」で書いたので、そちらをどうぞ。


司法省法学校を退学させられた学生のひとりに国分青崖がいるのですが、国分はこの時の仲間で明治11年に富士登山をした話を回顧していた。
登山メンバーは、国分、陸、福本、加藤。原はいてない。
国分曰く、その当時もっとも親しかったのはこの5名だったそうです。


原敬、加藤拓川、陸羯南


当時はまだ列車が東京横浜間しかなく、横浜からは徒歩。
しかも国分、下駄。
下駄で横浜から富士山まで歩き、更に登山し、その上大阪まで行った。
若いから出来る業である^^;
しかし神戸まで行った所で、余りに異様な風采を怪しまれて、大久保利通暗殺の嫌疑者か一味の者として警察に引っ張られた。笑
その後どうなったかは描かれていないので不明ですが、まあ嫌疑は晴れたんだろう。


上記追憶座談会で思わず笑ってしまったのは、加藤、下ネタに事欠かない人物であったらしい。
相当下ネタがあるらしい。
外交官では珍しい気がするし、加藤にそういう印象なかったわ。
この本には座談会2回分が収録されているのだけれど、1回目も2回目も伏字が(でも大して過激な内容でもない)。笑

石井には、
「奇談があるけど言わない方がいいよね」ァ '`,、ヽ(´∀`)'`,、'`,、
「記録には書けない」
とか言われ、加藤が松山市長を務めていた時の副市長には
「この前の座談会も猥談に始まり猥談に終わったけど、記録にしてはどうも困る…」^^;
とか言われ、
林権助には、こんな座談会、
「野郎ばかりならまだよいが、家族などがおられた時は本当に困ることがある」
とか言われ。笑

随分いたずら好きでもあり、上司が「加藤が苛めてきて仕様がない」と零すようなこともあったそうです。
思っていたよりも一癖二癖ある人物だったみたいで、思わず笑ってしまった。

関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)