Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home 2017年03月

広瀬武夫*113回忌

広瀬武夫の御命日です。
書きたいこともあったのだけれど間に合いませんでした。
しかし触れないというのもどうかと思うので、ちょっと古い雑誌をば。


2017327_1


右のは明治37年4月、真ん中のは明治37年5月、左のは明治37年4月。
左の征露図会は復刻版。
去年鹿児島に行った際、維新ふるさと館で開かれていた古本市で350円やった…
実は中身は持っているのだけれど、本になっているものなら欲しいなと。


2017327_1

ぼろぼろですわ…

久しぶりに征露図会をぺらぺら見ていたのだけれど、広瀬の同期近藤常松の書簡が一部掲載されている。
内務省土木監督の技師であった兄宛。
(この兄が近藤仙太郎と言う高名な技術者だったらしく、利根川や大井川、天竜川の改修でかなりの功績があるようです)


向井弥一_海大講習員 
(左から2番目が近藤。荒川仲吾と向井弥一も同期)


近藤常松は旅順口閉塞作戦当時、駆逐艦漣の艦長で、閉塞隊の援護と収容の任に当たっていました。
大島正毅や松永光敬、九津見雅雄といった同期たちも同様の任に就いており、送る方も送られる方も感慨一入であったのではないかと想像します。


近藤は日清戦争直前、広瀬と同じく水雷術練習所「迅鯨」の分隊士でした。
周囲がどんどん出征していくのを見て、当時の広瀬は焦り、自分の番が来ないことに落胆する日々だったのですが、果たして同僚の近藤までが先に出征することに…
「貴様、俺より先に征くのか」
そう広瀬から言われたと近藤本人が話を残しています。
当時の広瀬(の日記)が大変かわいくて(おっと失礼)、私としては大好きな時期です。
近藤が兄に宛てた書簡の最後に、


一言之を云へば唯壮絶惨絶と申すの外無之候
遂に我親愛なる広瀬武夫を失ひ申し候


とある。
同期ですから当然と言っちゃ当然ですが、やっぱり仲が良かったんだろうなあ…


また作戦に赴く広瀬を見送った霞艦長・大島正毅の回顧も残っている。
霞が福井丸と並走していた際に大島が

今夜は星光微かにして薄き靄あり、決行最上の夜と思はる。
已に天佑あり成功疑ひなし


こう信号した。
そうしたらすぐに船橋天幕に登ってきた広瀬が手旗信号で返信。


我又成功を確信す、有難う左様なら


そのまま福井丸を見送った霞はその後、閉塞隊援護・警戒に回る。
その内に空が白み始め、海を漂う端艇を見つけて近付けば乗っていたのは福井丸の乗員だったそうです。


広瀬中佐は「どうされた」と問ひしに、「戦死しました」と答ふ

それから乗員を収容したのだけれど、


能くゝゝ見れば戦死者負傷者多数端艇の底に倒れ、血肉は飛散し端艇は破れ
実に凄愴惨憺の極みにて、暗愁痛惜無限の感に打たれつゝ、
中佐の肉片を大切に白布に包ましめ、其他の戦死負傷者を丁寧に収容し、
全部終了せしを以て、端艇を舷側に横附けの儘繋止し、沖合に向へり。


この肉片はアルコール漬けにされた上、大島艦長であった兄勝比古の元に届けられ、4月初旬に帰国しております。


日露戦争直前_同窓会_広瀬武夫


向井弥一のご子孫様から頂いて、自分で人物の特定をした15期の集合写真は私の宝物です。
これは明治37年2月5日撮影。
後年の写真でもなく、当時のまんま戦場にいる時まんまの姿で写っているというのは、なんとも感慨無量になります(出征前日ですが)。
この写真には大島も、松永も久津見も写っている。
近藤がいなくて残念ですが、この人たちか、と当時の回顧等を読むと思います。

広瀬についてはもっと多くの人の証言なり回顧を集めたいと思うのですが、それがなかなか難しい。
上の写真の中では、特に町田の話を私は聞きたいと思うのですね…
町田に限りませんが、”軍神”じゃない、”軍人”広瀬武夫の話がもっとあると思うのですよ。
杓子定規な広瀬武夫像でもなく、「広瀬中佐!」と変に敬う感じでもなく、もう少し自然体で広瀬に触れられる機会があればと思うし、そういう場をサイトやブログで作って行ければいいなと思います。

そんなこんなで広瀬武夫の113回忌でございました。
合掌。
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)