Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Home 2016年06月

財部日記 第2弾

帰ってきた。
え、何処からという感じですが広瀬武夫の勉強会@東京に行ってきたー。
色々お話しを伺ってきましたぞ!
皆さん熱い方ばかりで私場違いだったんじゃないかと心配。
迷惑ではなかっただろうか。
 
そして頂き物!


グッズ 


クリアファイル(竹田市の)とサクマドロップ。
ビスコとチロルチョコがカスタマイズできるのは知っていたのですが、サクマドロップまでとは…(笑

午前は国会図書館に行ってきました。
引き続き財部日記を見てきた。
今回はあんまり収穫はなかったのだけれど、ぺらぺら見ていてたら、


財部日記 


お?と。
伊木壮次郎の話が出ていた。
明治28年7月11日条で、病気で加療のため鹿児島の自宅に帰っているという話を聞いて吃驚とある。
以前書いた諜報のことと関係あるのかなあとも思うのだけれど、さすがに1年前…
否定するのも肯定するのも微妙だわあ…


あとここ。


財部日記


財部の結婚式当日の日記。
薄すぎて読めないよ!でも広瀬って書いてある(※根性)
この日ともう1日について、職員の方と交渉したら、本当に特例ですよって現物を見せてもらえた…!

B6サイズほどの小さい日記帳だったよ。
そこにめっちゃ細かい字で書いてあるの。明治30(1897)年、119年前の日記。
上写真の薄い所は青の万年筆っぽく、急に濃くなっている後半部分は毛筆。なぜ。

もう1日の薄いところは、鉛筆(きっと先の丸まったやつ)でした…
職員の方に「これは読めないですね」と言わしめた!(笑)

上写真の話は、広瀬とあるから、向井弥一の名前も出てくるのかと思ったのだけれど、そうではなかった。笑
巳丑会(クラス会)のみんなで何か贈るから、何が欲しい?ということを広瀬が代表して聞いてきたという内容。
置時計か、盃か、花瓶のどれかがいいと返事したんですって。
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)