Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

広瀬武夫*113回忌

広瀬武夫の御命日です。
書きたいこともあったのだけれど間に合いませんでした。
しかし触れないというのもどうかと思うので、ちょっと古い雑誌をば。


2017327_1


右のは明治37年4月、真ん中のは明治37年5月、左のは明治37年4月。
左の征露図会は復刻版。
去年鹿児島に行った際、維新ふるさと館で開かれていた古本市で350円やった…
実は中身は持っているのだけれど、本になっているものなら欲しいなと。


2017327_1

ぼろぼろですわ…

久しぶりに征露図会をぺらぺら見ていたのだけれど、広瀬の同期近藤常松の書簡が一部掲載されている。
内務省土木監督の技師であった兄宛。
(この兄が近藤仙太郎と言う高名な技術者だったらしく、利根川や大井川、天竜川の改修でかなりの功績があるようです)


向井弥一_海大講習員 
(左から2番目が近藤。荒川仲吾と向井弥一も同期)


近藤常松は旅順口閉塞作戦当時、駆逐艦漣の艦長で、閉塞隊の援護と収容の任に当たっていました。
大島正毅や松永光敬、九津見雅雄といった同期たちも同様の任に就いており、送る方も送られる方も感慨一入であったのではないかと想像します。


近藤は日清戦争直前、広瀬と同じく水雷術練習所「迅鯨」の分隊士でした。
周囲がどんどん出征していくのを見て、当時の広瀬は焦り、自分の番が来ないことに落胆する日々だったのですが、果たして同僚の近藤までが先に出征することに…
「貴様、俺より先に征くのか」
そう広瀬から言われたと近藤本人が話を残しています。
当時の広瀬(の日記)が大変かわいくて(おっと失礼)、私としては大好きな時期です。
近藤が兄に宛てた書簡の最後に、


一言之を云へば唯壮絶惨絶と申すの外無之候
遂に我親愛なる広瀬武夫を失ひ申し候


とある。
同期ですから当然と言っちゃ当然ですが、やっぱり仲が良かったんだろうなあ…


また作戦に赴く広瀬を見送った霞艦長・大島正毅の回顧も残っている。
霞が福井丸と並走していた際に大島が

今夜は星光微かにして薄き靄あり、決行最上の夜と思はる。
已に天佑あり成功疑ひなし


こう信号した。
そうしたらすぐに船橋天幕に登ってきた広瀬が手旗信号で返信。


我又成功を確信す、有難う左様なら


そのまま福井丸を見送った霞はその後、閉塞隊援護・警戒に回る。
その内に空が白み始め、海を漂う端艇を見つけて近付けば乗っていたのは福井丸の乗員だったそうです。


広瀬中佐は「どうされた」と問ひしに、「戦死しました」と答ふ

それから乗員を収容したのだけれど、


能くゝゝ見れば戦死者負傷者多数端艇の底に倒れ、血肉は飛散し端艇は破れ
実に凄愴惨憺の極みにて、暗愁痛惜無限の感に打たれつゝ、
中佐の肉片を大切に白布に包ましめ、其他の戦死負傷者を丁寧に収容し、
全部終了せしを以て、端艇を舷側に横附けの儘繋止し、沖合に向へり。


この肉片はアルコール漬けにされた上、大島艦長であった兄勝比古の元に届けられ、4月初旬に帰国しております。


日露戦争直前_同窓会_広瀬武夫


向井弥一のご子孫様から頂いて、自分で人物の特定をした15期の集合写真は私の宝物です。
これは明治37年2月5日撮影。
後年の写真でもなく、当時のまんま戦場にいる時まんまの姿で写っているというのは、なんとも感慨無量になります(出征前日ですが)。
この写真には大島も、松永も久津見も写っている。
近藤がいなくて残念ですが、この人たちか、と当時の回顧等を読むと思います。

広瀬についてはもっと多くの人の証言なり回顧を集めたいと思うのですが、それがなかなか難しい。
上の写真の中では、特に町田の話を私は聞きたいと思うのですね…
町田に限りませんが、”軍神”じゃない、”軍人”広瀬武夫の話がもっとあると思うのですよ。
杓子定規な広瀬武夫像でもなく、「広瀬中佐!」と変に敬う感じでもなく、もう少し自然体で広瀬に触れられる機会があればと思うし、そういう場をサイトやブログで作って行ければいいなと思います。

そんなこんなで広瀬武夫の113回忌でございました。
合掌。

書簡と日記と

国会図書館には本当にチョー!久しぶりに行ったのですが、結論としては段取り八分の大勝利でした(いい笑顔)。
手間取るかと思いきや、思いの外スムーズに事が運んで我ながら怖い位だったわー
というか、この日は本当にすべて予定通りに事が進んで自分でもどうしたのだろうと思う程の出来でした。
準備って大事ね…(今更)
マイクロフィルムも触るのが久しぶりだったので大丈夫かと思ったけど大丈夫やったわ。
よかったよかった。

下写真に写っているのは向井弥一の書簡ですん。





財部彪の書簡等も複写してきましたが、ついでがあったら〇〇への代金の立て替えを頼むといった内容が多くて笑う。
こうやって同期同士であれこれ融通し合っていたんでしょうね。

結婚しましたっちゅうご連絡等もあり思わず笑ってしまったりもしたのですが、向井書簡、確かめたら抜けが出ていた…
別途複写依頼出しました。涙。
竹下勇のアルバム系でもしかしたら戦艦朝日関連の写真はないかと思ったのだけれど、写真は全般的に余りに写りが悪かったので今回は捨てた。

財部彪日記は精査する間もなかったので名前が出ている辺り、ばさーっと複写依頼。
明治30年の5ヶ月分くらいかな?あとプラスアルファで若干。
あらと思ったのですが、広瀬には森川潔夫という弟がいます。
森川家は飛騨高山で広瀬家が世話になった家で、請われて潔夫が養子に行った。

明治20年代後半に東京に遊学しているのですが、広瀬が露国留学する前に勧業銀行への就職が決まっていたようなのですね。
書簡から見て広瀬自身の周旋ですが、どうもこれ財部の伝手だったみたい。
やっぱり原典史料からは色々と情報出てくる。

今回時間がなく複写に回せなかったのが明治26年分の日記。
ただ閉室ギリギリまで読んでいたのですが、やっぱり出てくる広瀬武夫さん。笑
土曜に広瀬と遊んで日曜に竹下と遊ぶって、くっそ財部wうらやまw
羨ましすぎるww


財部日記 明治26年5月20日(土)
昼伊木広瀬二氏来参、共ニ昼食ヲナシ雑談
広瀬氏ノ言ニ贅沢ニ染ムハ●キニシテ●クスベキモ質素簡易ニ帰ルハ甚タ難シトスル処ナリト
言ハ簡ナリト言ヘドモ予大ニ之ニ感スル処アリ


そらそうだよね。
そんな大げさに感心するようなことでもない気がするんだけど…^^;
どういう文脈でそんな話になったのだろう。それにもよるか。

ついでに言えば広瀬武夫さん(26)、財部彪さん(27)です。
広瀬はこの時期、水雷術練習の為迅鯨乗組みです。@横須賀。
横須賀長浦に柔道場を建てるべく奔走していた時期で、海軍兵学校に柔道を入れた同志である財部ともあれこれやり取りをしていたと思われます。
6月7日条にも広瀬から書状が来ていて、それが柔道預金の件とあった。

初めの●は「易」かな?と思ったけどちょっと違うっぽい感じも…まあ字は分からんでも意味は分かる。
ていうか伊木って誰や。良く出ててんけど。
こんな感じで始終にやにやしっぱなしでした。この変態。
あー早くコピー到着せんかなー

ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^

積読消化

頑張って積読消化してるよー
なんかね、なんかね、嫂の話によると姪っ子ちゃんと一緒に庭を散歩しながら唱歌を教えたりダンスを教えたりしてたらしいよ!やだ…どうしよう…2828が止まらない…もはや床を転げまわってコピーを読んでます。(生あたたか~い目で見守ってやって下さい…
姪っ子ちゃんを滅茶苦茶滅茶苦茶可愛がってたからそんなこともあっただろうと思うけど実際家族からそんな話が出てくるなんて鼻血しか出ないよ私!
何の話って広瀬武夫の話だよ!(笑)

あーもう!めっちゃ妄想が広がるー!(え)(←ハイ

色々ほったらかしにしていたものを今更読んでるわけですが、八角三郎の原敬の追想記出てきたわ。
Sringsの岩手人脈を書いた後で見つけた文献。
八角の父が原の親友八角彪一郎。
ふたりとも岩手出身で家の付き合いがあって(近所)お互いよく知っている。
八角三郎に海軍行きを進めたのが原敬。

原さんね、司法学校受ける前に海軍兵学校を受験してるのよ。
落ちたんだけどね。
その話を八角三郎にしていた事が判明。笑
伝聞ではなくて本人から聞いてたんだ…へえ…
原が話した所によると試験をなめてかかっていたそうですよ。
ただ落第しまして、それで心を入れ替えたらしい。
受かっていたら何期だったのか、以前調べたことがあるのだけれどイマイチよく分からなかった。
中々表に出てこないプライベートの話は読んでいて面白いです。

八角が「お前も海軍はどうか」と誘ったのが米内光政。
その米内しゃま、おからが好きだったそうで。
学生時代、米内光政大好きな友人がいてねー専攻は室町だったけど。
文献調査関係の授業で片っ端から米内光政の文献調べていた(※感心した先生が一緒になって調べ出すという展開を迎える)。
一緒に盛岡も行ったぜ。お墓参りもしたぜー
で、米内さんがおから好きだったからおからのお菓子作ってよと言われておからのケーキを作ったことがあるのだけれど、そのレシピが出てきてさあ。(※おいしい)
久しぶりに作った訳よ。





結構材料が余ったのでもう1度作ったのだけれど、オーブンにタネ入れた後になんか…
まだ小麦粉の入ったボールが…ある……
偶にあるね、こういう事…orz

そして月末にちょっと呉行ってくるわ呉。
大変久しぶりです。
2泊位したかったけど、諸藩の事情…諸般の事情で1泊になった。
またちょっと慌ただしい感じの旅程になりそうだけど、今回は第六潜水艇の慰霊碑にも行きたいなあと。
そして何か美味しいものが食べたいなあ。


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^

ボイス

明日で6・連・勤!連休なにそれおいしいの。
流石に辛いわー^^;
そろそろ休みたい。
水曜日が大変な仕事のピークであったのだよ明智君。
昨日は朝起きられなかった上に夜は寝たの9時過ぎだよ!子供か!(笑)

それでも毎日1時間ほどは広瀬には触れてます。潤いが必要だわ…(潤いなんか
朝5時起き、5時半頃までお弁当作って6時過ぎまで犬の散歩、7時頃から8時頃まで広瀬タイム。(←笑)
頑張ってる方だと思う。
資料や史料を見たりぼちぼちやっとるわけですが、よくよく見れば手持ち史料から広瀬の同期の写真を発見したり、以前見た時とはちょっと感じ方が違ったりするようなものがあったりするのですよ。
偶に見返すのもいいと思いながら、溜めすぎた資料整理を進めてます。

増えすぎて管理から漏れているものちらほら出てきたり、必要事項のデータ転記を怠ったりしてたからなあ。
見直しの中で新しく気が付いたり今だからこそ分かることもあるので、それはそれでいいかな。
そして今朝は加藤寛治の証言を読んでやっぱり笑ってしまった。

広瀬関連は私にしては割と丁寧に記録をつけている方なのですけど、その他がねー
『米内光政追想録』とか出てきてそういやそんなんあったわ…という…(笑
でも広瀬の他迄はもう手が回らんわ。


広瀬と2度の旅順口閉塞作戦を共にした栗田富太郎という人物がいます。
この栗さんが広瀬の声について遠方に通る高調子と言っているのね。
『坂の上の雲』でも甲高い感じで描かれていたと記憶しているのですが、恐らくこの栗さんの証言から来ている。
ただ今回あれこれ資料を雑多に見ていたら、この栗さん証言を含めて4・5件の声についての話を見つけた。
随分前から見ている資料たちだから見付けたというのも変な話だけど、「あ、皆結構同じこと言ってるのね」という改めてそこに気付き。
その証言、

・声が大きい
・細く強い
・立つ声(甲高い)

と大体共通していて、要するに声は高めで大きい。
私が持っていた勝手なイメージはテノールではなくてバスだったのですよね。
だってこの顔


広瀬武夫、栗田富太郎  左)広瀬、右)栗田富太郎


テノールに見えない(笑)
なのでちょっぴり意外な感じが…
大声というのには超納得だけど。笑

近代は写真や映像や音声が残っているという点、本人を確認できるという点が他時代とは一番違う。
広瀬の場合は写真しか残っていないけれど、声ひとつ取っても探せばそれなりに証言があるのだなというそこに改めて驚き。
人となりに関してなら伝記の残るような人物ならそれなりにあると思うのですが、声とか、普通過ぎて中々ないように思うのですよね。
それだけ特徴的だったんだろうなあ…


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^

@九州

今熊本にいます。笑える。
明日は始発から電車止まるって。笑えるorz
けっこう疲れたので熊本でのんびりしてもいいかとも思うけど。
というか全然雨も風もないのだが…
台風とか本当に来てるんですか?(往生際の悪い事

久々に竹田の広瀬神社にお参りして来ました。
神社ではないのだけれど、結構笑撃だったのがコレ。

20150824202651d58.jpg


たけお君。笑
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)