Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

秋山真之の書簡(続々)

秋山が欧米視察旅行に出かけたのが大正5(1916)年3月~10月末になります。
(この辺りの話は「Extraordinary」をどうぞ)
戦争の真っ最中。

欧州では大戦参加国の大本営に顔を出して戦況を見聞していたそうで、戦争の様子もよく分かっていたのではなかろうか。
当時既にドイツの飛行船がイングランドや東部戦線・西部戦線を爆撃したりしているので、その様子なども聞いていたかと思われます。


帝国海軍では大正5(1916)年4月に海軍航空隊が誕生しているのですが(横須賀鎮守府所管)、安全に飛べる飛行機は10台ほどしかないとか、そういう状態であったそうです。
慢性的な財政難、そして大正3(1914)年1月に表面化したシーメンス事件、第一次世界大戦による資材の高騰といった環境の中、軍艦の建造でさえ困難が生じているので、中々航空関係まで資金が回らない。
大正6年6月の前川宛て秋山書簡にも「艦政局に融通の資金無之」という文言があるのですが、まあそんな感じ。


秋山真之 


日露戦後~大正期は軍艦ひとつを例にとっても非常に技術革新が進んだ時期で、
「やったー!予算取ったー!」
という段階で、まだ作りもしない軍艦が既に旧式艦になっていたりするのですよ…
(技術革新のスピードが早すぎて、当局でもどのスタイルの軍艦を採択すればいいのかが分からない。挙句の果てに旧式艦)


「84艦隊とか88艦隊とか呑気なことを言っている時節ではない」
「危急に適応できる武器を準備する必要がある」

6月の前川宛書簡で秋山はそうも書いているのですが、当時の様子を見ている当局者からすれば真実そうした感じであったのではないかと思われます。
世界と自国の状況を鑑みて、どんどん進んでいく軍事技術についていかないといけないのに、資金がないから思うに任せないというのはかなりのジレンマだっただろうなあ。
文面から読み取れる以上の危機感、焦燥感があったのではないかと思います。

体調が悪く、また通常勤務も難しいという中でも尚且つ頭の中がこういう状況か。
これでは本当に頭も心も休まらなかったのではなかろうか。
その上医者に治してもらうつもりがなかったら、治る病気も治らないよ秋山…

うん。
色々な感慨の沸く書簡でございます…


もう1通釈文を頂いたのは森山慶三郎宛の秋山書簡です。
わーい。もーりーやーまー!(落ち着け
大正3年7月のもので、秋山が海軍省軍務局長の時期のもの。
シーメンス事件について書かれていたようだったので、ちょっと内容が気になったのさ…(結果としてあんまり内容はなかった^^;)
未公開書簡でもあることから、内容は書かない旨お伝えして釈文を頂いておりますので、これについては書きません。
ただ当時森山は在留民保護のためにメキシコ西岸に派遣されていたようで(出雲艦長)、日本の軍艦、結構手広くあっちこっちに行ってるのだな、と感心しました(感想文か


坂の上の雲ミュージアムの担当者様、色々と御骨折り頂きましてありがとうございました。
(こちらをご覧頂いているかは分かりませんが…)

秋山真之の書簡(続)

昨日の続き。
大正5年末から6年の秋山真之と言えば、大本教と出会ってのめり込んだ時期になります。
当時、秋山と初対面を果たした大本教の幹部、浅野和三郎による秋山の印象は以下(詳細は「Changing ~ 秋山真之と大本教」をどうぞ)。


頭脳の働きの雋敏鋭利を極わめ、為めに停滞拘泥することを嫌い、自分が善と直覚するものに向かって、周囲の一切の顧慮を打棄てて勇往邁進する勇気にかけては、確かに天下一品の概を有して居た。

一つの仕事をして居る中に、モウ其の頭の一部には他の仕事を幾つも幾つも考えて居るといった風で <略>


こちらのパンフに載っている平岡宛書簡では体調が悪く2・3日療養していた旨が書かれていますが、6月の前川宛書簡でも「出勤できるようになったら」という一文がある。

パンフによると秋山は大正5年頃から体調が思わしくなく、翌6年春からは通常勤務が難しくなっていたとあります。
秋山は6年5月に盲腸炎で入院し、7月中旬には第二水雷戦隊司令を免ぜられ将官会議員に補されている。
将官会議員はまあ閑職・名誉職ですので、病気療養のための陸上勤務ですな。
勤務ちゅうてもほぼ勤務あるかないか…
まともに働けない状態だったと思われる。


秋山真之


浅野の言に「頭の一部には他の仕事を幾つも幾つも考えて居る」とありますが、6月の前川宛書簡は
既に水雷の話ではなく、飛行機に搭載する機雷の話になっております。
機雷とか小魚雷と書簡には書いてあるのだけれど、要するに爆弾のことだろう。


前川義一の当時の所属は横須賀海軍工廠造兵部になります。
造兵部は海軍の兵器製造部門。
技術畑方面に強い方であったのか、ご子孫様によると、無線電信の開発にも関わっておられたそうです。そうなんだ。
無線電信と言えば木村摂津守(大好き)の三男・木村駿吉博士が海軍の懇望と言う名の無茶振りに応えて日露戦争までに開発、実用に漕ぎ着けており、その木村に日露戦後、秋山は感謝を記した書簡を送っている事が知られています。

今回の2通の書簡を見れば、前川から考案書を送っていたり、秋山から兵器について具体的な改良案等を意見していたり…
前川氏、兵器を初めとする技術方面で秋山と結構関わりがあったのではなかろうか。


しかし飛行機か…
日本の海軍機というと昭和に入ってからの印象が私は強いのですが、実は結構古くからあり、この大正6年の時点で既に帝国海軍には実戦経験者がおります。(大正3年青島攻略戦)
満喜の弟よ!(誰やねん
明治42年の気球研究から始まって45年には海軍航空技術研究委員会が設置され、同年の観艦式と海軍演習では既に飛んでいる。その時点でたった数基(1桁…

大正3(1914)年夏に始まった第一次世界大戦で現れた新兵器には戦車、毒ガス、潜水艦、機関銃等が挙げられますが、飛行機もそのひとつ。
戦争開始当初は偵察を目的として利用されていましたが、その内相手の偵察機の邪魔をするとか、敵地に手榴弾を落とすとか…
終いには敵地を爆撃、敵軍機を機関銃で攻撃といった爆撃機、戦闘機への発展を遂げるようになる。


つ、つづく…(ごめーん!

秋山真之の書簡

3月に松山に行った際、坂の上の雲ミュージアムで秋山真之の書簡の釈文下さいとお願いをしましたところ、快くご了承下さいまして。
3月末と先日に分けて数年前に鑑定団に出ていた書簡2通と、未公開の書簡1通分を送付頂きました。
鑑定団に出ていたのはこちらのパンフで紹介されているもので、2通の内1通の冒頭部分の写真が出ております。

宛先は前川義一、海兵27期で同期に末次信正がおります。
書簡は大正6(1917)年3月14日と同年6月5日付のもので、「舌代」から始まる写真の書簡は前者、3月に書かれたものになります。
ちなみに「舌代」ですが、これ書簡の冒頭に使う言葉なんだろうかといつも思ってしまう…


秋山真之 


頂いた釈文を読む前にもう一回自分で書き下したのですよ。
テレビ見ながら書いた釈文よりはましやったわ…(なぜ書き下せたかと言いますとテレビ画像をスクショで取っておったからです)
というかあの時何故これが読めなかったと思う部分がちらほらあるぞ^^:
うむ…

まあ、分かることはやね、兵器の話は皆目分からん。(おい…
パンフの下の方に平岡貞一宛書簡(T6.1.26)の全文が出ていて、これが話としては繋がっています。
急行掃海具と曳航水雷の製作前(平岡宛)と製作後に行われた実験後の課題の話(前川宛)。


IMG_3918.jpg 
(平岡宛)


水雷関係かあと平岡宛て書簡の冒頭を見れば、「一昨日上京爾来」秋山は具合が悪かったようなのですね。
上京か、と思いきや秋山は当時第二水雷戦隊司令として舞鶴に赴任したばかりの頃でした(T5.12月補任)。
そら話題は水雷で、上京やろ(とセルフ突っ込み

はい、今日はここまで。
短くてごめんね。2回に分けるような内容でもないのだけれど。

大正6年海軍小演習、再び!

1ヶ月程前にobjectさんよりご連絡頂きまして、


大正六年秋、海軍演習


この写真について氏名不詳のまま終わった方の内、2人の名前(阿武清少佐、中村亀三郎少佐)をご連絡頂きました。
流石です。すげえ…
写真やら史料を御呈示頂いて私もそうだなと思ったのですよ。


大正六年秋、海軍演習


で、サイトの該当ページを改訂すべく作業をしていて更に気付いたのだけれど、


大正六年秋、海軍演習


じゃねえ?と書いてますが、この方有地十五郎だと思う。


大正六年秋、海軍演習


そしてもうひとかた、日比野正治。
3列目の樺山可也?(と書いていますが樺山ではありませぬ)の方と迷ったけれど、2列目の方だと思う。
?付いてるけど、多分そうだと思う。
違うかな…

有地と日比野、二人とも当時海大の学生。甲種15期。
古賀も中村も同じく海大甲種15期になります。
そうしたら15期、塊で写ってるのかな?っちゅう。
objectさんどう思う?(笑)(聞くなよ…)
うむー…

ついでに調べていたらこの小演習時、統監である島村速雄が座乗していた艦が通報艦満州だと判明しました。
満州は元々ロシアの客船だったそうですが、日露戦争が始まった際に日本のものに。
内装が豪華であったため、観艦式の供奉艦や来賓を迎える等の艦になっていたそうです。
そうであるので、これは満州での撮影ではないかな?と思う次第。

しかし集合写真はハードルが高いわ~

パラべラム~堀悌吉(16)

*****

この話は19回シリーズです。
サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。

*****


前回が9月20日。
このページの最終改定が9月30日。

色々間に挟まったからですが、なんというかすいません。笑
我ながら(笑)としか書けない。だって初回が8月11日だよ。笑
何時まで続くのって感じですが、目標通り今年中には終わります。
あと4回で終わるんです。本当です。笑



堀悌吉の話から昭和5(1930)年のロンドン海軍軍縮会議を廻る騒動を見ている最中です。
この軍縮条約を受諾したい派(海軍省系軍人)、破棄したい派(軍令部系軍人+東郷平八郎に近い人間)で海軍がふたつに割れてしまった。

この時の海軍の様相が大正10(1921)年のワシントン海軍軍縮会議の時とは全く違っているという話、
ワシントン海軍軍縮会議の時の加藤友三郎海相がどんな大臣であったか、
ロンドン海軍軍縮会議の時の財部彪海相がどんな大臣であったか、
当時の背景や、軍縮で名の知れた将官でさえリストラの対象になったという話

…をパラべラム(14)(15)で書きました。

今回はその続きです。


****


パラべラム(15)は、大正10(1921)年のワシントン海軍軍縮条約(以下ワ条約)の後、海軍士官もリストラにあっていたという話でした。

大体条約締結後の大正11~12年頃のこと。
ではこれでリストラは終わったのか言われたら、そうではなくてですね…
話題にはならなくても軍縮の処理はそれ以降もずっと続いている。
作る筈だった軍艦が作れなくなったので民間の造船会社に補償金やら賠償金やらを出したりしもしていますし、財政削減の折り柄、人件費が削られもしているので大正13年末には再度の人員整理が行われています。


//blog-imgs-59-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/201312231245042af.jpg


大正10(1921)年時、原敬内閣の海相であった加藤友三郎は大正11(1922)年に総理大臣に就任します。
それがワシントン会議から帰って数か月後の事。
帰国した加藤が斎藤実に、

「アメリカでは死ぬかと思った」

と言うほど体調が優れなかったことは以前に触れました。
それがメディアをして蝋燭の燃え残り(残燭内閣)と形容せしめた程の状態で、総理兼海相を勤めた加藤は大正12年8月下旬、現職のままで亡くなります。

その後成立した第2次山本権兵衛内閣から昭和の浜口雄幸内閣に至る迄、間に村上格一、岡田啓介を挟みながら、3度海相を勤めたのが財部彪になります。


財部の時代に更に人件費が削減となったのは、大正12(1923)年9月1日(第2次山本内閣の成立直後)の関東大震災も大きな要因であったでしょう。
財部はそうした軍縮・緊縮財政の時代、経済的に余裕がない時代の海相です。
海軍と政府の間に挟まれる、中々舵取りが難しい時代の海軍のトップでした。


ワ条約で整理された人員は『加藤友三郎』(新井達夫/時事通信社/1958)によると、

準士官以上 … 約1700人
下士官 … 約5800人
(海軍関係の職工 … 約14000人)

とあります。
加藤が人員淘汰は上級者からと考えていたことは既に触れましたが、職業軍人が随分淘汰されている。
そして大正13(1924)年末、財部彪の時代もその方針を引き継いだようです。


財部彪


とはいえ、財部の時には古参将官の多くが既に予備役後備役退役となっている。
ワ条約の際には、海兵26期なんて大佐クラスをわざわざ少将にして予備役に入れているんですね。
この時の整理基準が主として海軍兵学校のハンモックナンバーだったようで、下位者から順番に予備役入りになった様子。
(20数年前の学業成績でこんな重要なことが決まるかと思うと相当キツい)。

26期HN上位者は残っていたものの、それが13年末に人員淘汰の対象になった。
その中に樺山可也がいます。
樺山は以前大正6年海軍小演習の件で名前を出した人物で、同期に清河純一、小林躋造、野村吉三郎、水野広徳がいます。
出身が鹿児島で姓が樺山という辺り、樺山資紀の親族か何かと思いますが事典レベルでは詳しいことは分からなかった。


樺山は海兵の成績は59人中の19位(これが上位とは思わんけど^^;)。
海軍大学校の甲種過程を優等で卒業していた人物で、周囲もかなり驚いたようです。
以前触れましたが、甲種は海軍の最高幹部養成コースになります。
つまり将来的に海軍の中枢に入ることがほぼ見えていた人だっちゅうことです。

その樺山が連合艦隊参謀長から呉鎮守府参謀長に転任した直後に転補内命、事実上待命の内命が出た。
びっくりするよね。
GF参謀長って、そういうレベルの職務にいた人にいきなりって。
当時呉鎮長官であった竹下勇も相当困惑したようです。

「ちょっと待て」

と思った人が多かったようで、野間口兼雄横鎮長官、鈴木貫太郎軍令部長らがそうはさせじと頑張っていたみたい。
また軍事参議官や各司令長官からも、財部自身が驚くほどの反発が出たようです。

そこで再度樺山を転補させたのだけれど、今度は薩派優遇だとの声が内部から上がることになった。
もーどーしよーもないわー

結局同期の清河純一に予備役入りの伝言を伝えさせることになった。(樺山は翌14年末に予備役入り)
判断が二転三転してますな。


//blog-imgs-63-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014822_3.jpg


こういう時にね…支援者がいないとかなりきつい訳です。

しかも上記した民間造船会社への補償も、対象に川崎造船が入っているわけです。
川崎造船の社長はね、松方幸次郎。
この人は松方正義の息子なんです。
思い出して頂きたいのは財部彪の妻の妹の夫が松方正義の子、乙彦である事。
この乙彦の兄が幸次郎になる。
薩摩閥、その上親族ということで、正当な補償であっても薩摩贔屓だ優遇だと波風が立ってしまう。

部内で評判が悪いというのは、こういう時、非常に難しい。
職務という点においては、出身地もさることながら婚姻関係が非常なネックになっていたことが想像されます。

そして財部はこの時点で海相になって1年と少しという辺り。
財部は海軍省勤務の経験がほぼ無い状態で海相に就任したと前回書きましたが、樺山可也の処遇が二転三転したというのは、この辺りにも理由があったのじゃないかと思います。
部内の空気を読み切れてなかったんじゃないかなあ…


人員整理が視野に入るというのは、当時の時節柄仕方無かったと思います。
ただ財部のやり方はこなれてない。
この”こなれてなさ”がそのままロンドン海軍軍縮会議の紛糾にも出ている気がします。


続く


(財部好きな私涙目orz)

ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっと。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^ 
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)