Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

青森と盛岡つながり

借りてきた本に絡めてつれづれ。


20170708_2


上写真はダイバーシティ関係で借りている外交官関係の本(内一冊はまったく関係ない)。
欲しい情報があまりないのでそのまま返すつもり。
そして珍田捨巳の本は早々に返却の憂き目にあったのであった…
ごめんねすてみん。


珍田捨巳は青森は弘前の人。クリスチャン。
肝の据わった外交官として知られた人物で、後に侍従長を勤めている。
山本権兵衛が内閣を組織した時に外相としての入閣を何度も依頼したけれども断られておる。
近代史では和初期では割と名前を聞く人物。
既出で、竹下勇関連で一度名前を出しております。

東奥義塾の出身。
東奥義塾の話って書いたことあったっけ?記憶が遠すぎて覚えていない。
同窓に陸羯南(ジャーナリスト)、一戸兵衛(陸軍)、佐藤愛麿(外交官)といった人々がおります。

陸羯南は今迄何度も触れている日本三大ジャーナリストのひとり。
司法省法学校(現東大法学部)での賄征伐事件に巻き込まれて退学処分になってしまった人物です。
この時一緒に退学になった同級生に原敬と加藤拓川がおり、後も親しく交わっていたようです。


原敬、加藤拓川、陸羯南


加藤拓川は正岡子規の叔父にあたる人物で、秋山好古とは幼馴染で家族ぐるみのお付き合い。
加藤は後に原敬の斡旋で外交官となるのですが、よくよく調べると加藤・原・秋山の在巴が重なっていた時期があり、三人がパリで顔を合わせることも少なからずあったのではないかと想像します。笑
ちなみに原と秋山がワンショットで写っている写真もあるのよ。
大正中期ですが。

加藤は甥っ子正岡子規を友人陸羯南に預けますが、子規の門弟に原敬の甥っ子・原抱琴がいるなど、結構面白いつながりがあります。
原の俳句はこの甥っ子の影響があったようですね。


珍田捨巳、一戸兵衛の1年後輩に藤田潜がいます。
東奥義塾出身だったかちょっとうろ覚えですが(調べんかい)、長く攻玉社の副社長を務めていた人物。
明治期の海軍軍人は海軍の予備校的位置づけであった攻玉社の出身者が多く、広瀬武夫もそのひとり。
勿論藤田も広瀬のことを知っており、広瀬がロシアへと出発する際は攻玉社の生徒を連れて見送りに行っています。
広瀬は攻玉社を卒業しても、新設された柔道部の部長をしていましたから、結構関わりはあったと思うよ。

この藤田の息子が海軍大将藤田尚徳で、海軍兵学校29期。
同期に米内光政、八角三郎、高橋三吉、佐久間勉(佐久間艇長)らがいます。
昭和14年、米内を海軍大将として残すため、高橋三吉と語らって自分達が予備役に編入されることを願い出た。敗戦前後を挟んで侍従長を勤めています。


米内光政_紅葉館
(盛岡出身者の集まり)


米内と八角は同郷盛岡の友人で、八角の父・彪一郎と原敬がこれまた友人であったのですよ(家が近所)。
八角彪一郎は早くに亡くなるのですが、それだけに原が結構三郎のことを気に掛けていてだな、海軍に行けと応援したのが原敬おじさんであった…
そしてさぶちゃんがみっつぁんもどうかと海軍に誘ったという中である。笑


原敬、栃内元吉、八角彪一郎 盛岡の友人ショット


原敬の友人・栃内元吉は栃内曽次郎(海兵13期)の兄(最終陸軍中将)。
栃内元吉の妹(曽次郎の姉)が八角彪一郎の妻になる。つまり栃内兄弟は八角三郎のおじさん。
(長い寄り道)


東奥義塾出身者、佐藤愛麿の養子が特に敗戦時のソ連関係で有名な外交官・佐藤尚武。
日露戦争直後のロシア公使館に配属されております。
当時、当然ながらまだサンクトペテルブルグでも広瀬武夫を知っている人がいた。
佐藤の初めての下宿先が広瀬が下宿していた家であったり、街中の古本屋の親爺に
「広瀬さんは真面目でいい人だった」
とか言われてんぜ。笑
この親父さんは広瀬行きつけの古本屋さんで、広瀬がロシアを引き上げる際に持って帰れない書籍を全部タダで貰っている。
ついでに鰹節2本も貰っている。笑


20170708_2


沢田節蔵。外交官。
大正10年の皇太子外遊に供奉員として参加した人物としてしか知らん。
ごめん。笑
ぺらぺら見ていたらこの方もクリスチャンだったわ…

よくよく考えると、昭和天皇は
幼少期の養育掛に足立たか(鈴木貫太郎の後妻)
青年期~の御用掛に山本信次郎
侍従長として珍田捨巳
で、周囲にずっとクリスチャンがいるのね。
こういうのって、特に取り沙汰とかはされなかったのかしら。
まあ、人物を見ての選定だったと思いますけれども。

沢田は『皇太子殿下御外遊記』を二荒芳徳と共著で出版した人物で、回顧録を見ると背表紙の文字は、専門家に依頼して聖武天皇の文字から探してもらったとありました。
まさかそんな所から引っ張ってきているとは思わなかったので、少し驚いた。笑

(沢田は鳥取の人です…)

ダイバーシティ(5’)

ダイバーシティをお読み頂きました方、ありがとうございました。

山本信次郎はクリスチャンでした。
今回の更新分でも少し触れましたが、クリスチャンである事が海軍軍人としての出世の枷にはなっていなかったようなのですね。
将官への進級要件である「大艦での艦長経験がある」を満たしていないけれども、最終は少将。
ただしこの要件には例外があるようなので、山本はその例外であったかと思われます。

クリスチャンで、かつ古い時代の海軍士官としては瓜生外吉大将がいますが、この方は大艦の艦長どころではないわな。笑
海軍は宗教にはあまり頓着しなかったのだろうか…

ただ大本教に関わり部内で布教をした秋山真之や浅野正恭(海兵15)を思うと、頓着しなかったということはなかったと思う。
時代背景も多分にあるだろうし、当時の当局者にも多少は左右されるだろうし。

大本教は国家神道(の祭祀者である天皇)を大本教の下に置くものなので、海軍のみならず国家として容認できるものではなかったということもあるだろう(そしてこの新興宗教は大正中期から爆発的に信者数を伸ばし、昭和初期には国民の約1割が信者になってました。国家としては看過できず、2度にわたり弾圧しています)。

山本や瓜生は海軍で布教活動をしていたような形跡がないので、その辺りに差があったのか。
しかし海軍士官数の内、どの位の割合でクリスチャンがいたのかはちょっと不明。

同じ山本でも山本権兵衛の方ですが、明治20年代の終わり頃、広瀬武夫と財部彪、上泉徳弥が3人連れだって山本宅に柔道研究会を設立したいと話に行ったことがある。
その時に
「海軍部内に小団体が発生するのは徹頭徹尾好ましくない」
と言葉を尽くして言われているのですよ。

小団体でさえ。

こういう事を考えても、横須賀の海軍機関学校の近くに教会があり、機関学校生徒がそこに通っているとか、横須賀・呉・佐世保の鎮守府が設置されている所に軍人ホームがある、というのは内心問題だと感じていたのではないかと、私なんかは思うのですが。

ただ山本信次郎が進路を宗教か軍人かで迷った時、フランス人宣教師が勧めたのは後者で、曰く、
「軍人として国の為に尽くすと同時にカトリックの為に働きなさい」
全ての人がこうではなかっただろうけれど、国家(海軍)が向う所と矛盾しなければとりあえずは良かったのか?


しかしながら『歴代海軍大将全覧』(半藤一利他/中公新書ラクレ/2005)の瓜生外吉の項目には、昭和期の話だろうけど海軍でも段々クリスチャンが増えて問題になるとあるのですね。

この辺り、どれぐらい増えてどう問題になったのかを知りたい所ですが、何を見たらいいのかが良く分からない^^;
そこまでこの連載で触れるのは方向も違うしなと(放置
書籍というより論文になるのではないかと思うわー

しかし日蓮宗は問題にはならんかったんか。笑(意地悪な見方
こっちも団体的な感じになっとったぞ。
(とはいえこちらは参加者が東郷平八郎だったり上村彦之丞だったり佐藤鉄太郎だったり…


とまれ、ダイバーシティは恐らく次の話で終了です。
まだ書けていないので暫しお待ちいただけばと思いますん。

考課


以前書いた戦艦大和、動画が公開されたよ!

戦艦大和の「いま」、呉市が新映像公開 菊の紋章も鮮明(朝日新聞)

動画ありのニュースページです。
菊の御紋章、バルバスバウの辺りが写ってる。


****


サイト用に海軍の考課表の例を書き写していたのだけれど、例として出されている文章が結構酷いと私の中で話題に。
上司による考課の一例で、「気質及欲望」の欄(欲望って言い方がこれまた…
気質は飛ばして欲望の方ですが、細目に分かれていて、初めに出ている項目が「飲食欲」、そして次に「性欲」(笑)
しかも例に引かれている上官の考課は


性欲 女色ニ耽溺ス


ちょっとw

064f6e6b1f97f972c29566670d4bf0ba.jpg


そしてこんな例文も…


所有欲 出シ吝ミノ取込ミ志義ニテ義理ヲ欠クコトアリ
社交欲 広ク人ニ交リ調子等甚タ宜シク如何ニモ円満ニシテ人ヲ外サヌ風アレトモ薄ツペラニシテ誠ハ鮮シ

趣味及感情

 趣味 卑猥ナル談話ヲ好ミ惚気ナト云フテ喜フ風アリ


士官やったら海軍大臣に進達される文章やで!(笑)
これ、現代だとものすごい問題になりそうですよね^^;

ぼちぼち頑張って「閻魔」の続きを書いていますので、もうしばしお待ちくだされ。


***


昨朝、改札を出た際に向こうの階段から歩いてくる人に目が釘付けに。
そのおじさん、海軍士官用の第一種略帽を被ってらっしゃる…!
しかも このくっそ暑い時に カーキのトレンチコート。

<◎><◎> ガン見である。

暑かったのかトレンチは途中で脱いではったけれど、その下は普通の半袖Tシャツだった。
一体何だったんだろう…ぐ、軍装マニア…?
ちょっとびっくりしたわー

追い手に帆かけて(2)

海の神様金毘羅さん。
海上安全にご利益があるため、船乗りからの信仰が篤い。





香川の辺りを通行する船は、金毘羅さんに奉納する初穂料やお賽銭、御神酒を樽に入れて蓋。
それに「奉納金毘羅宮」という幟をくくりつけて海に流していた。
塩飽諸島の辺りの潮流の関係で、大体は金毘羅さんに近い海域に流れ着く。
これ、「流し樽」と言いまして、流れ着いた先であったり海に漂っている樽を見付けた漁師なんかが拾って金毘羅さんに届けていたそうです。

で、この流し樽を海軍でもしていたそうで。
そうなんだと思ってさ。
岡田貞寛『海軍思い出すまま』によると、昭和13(1938)年、著者が新少尉で戦艦金剛に載っていた時も瀬戸内海を呉から小松島に行く著中に御賽銭を入れた樽を流していたそうで。
以下引用。


ただし(※土原註:樽の)中に現金は入っていない。
二斗ぐらいの醤油か味噌の空樽を熱湯で洗い清め、
「奉納 一、金拾圓也、大日本軍艦金剛」と墨書した半紙を納め、
海水が入らないように鏡をしっかり閉めて、その上に木の角柱を立て、御幣を麻糸で縛って海に流した。
昔は現金を入れたが金ぴらさんに届かないことがあって、約束手形?に変わったのだと聞いた。
<略>

樽が拾われると、前に書いたように金ぴらさんへ届けられる。
持参するのが中身だけ郵送するのか知らないが、遠い他県から一々持って行く訳には行くまい。
神社はこれを受け取ると、お礼と十円の領収書を金剛に送ってくる。
金剛ではそれと引き換えに郵便為替で送金するという段取りである。
<略>

主短現七期の北島秀治郎君のエッセイ集「侏儒の戯言」の中に、

戦争中戦艦大和が讃岐沖を通った時、
やはりお賽銭の金額を書いた紙を入れた樽を流したという話を同艦の乗員から聞いたと書いている。






金毘羅さんから送られてきた御札は艦内神社にお祀りされていたそうです。
前近代的な昔の風習というか、近代以降でも漁師であったり一般船舶であったりでされていた印象があったので、軍艦でもこういう事してたのかとちょっと驚きが…
昭和になってもこうしたゲン担ぎがされてたんですね。
本書には海上自衛隊でも同じことをしていると書かれていて、あ、そう言われたら10何年か前に私も聞いたことあるわ、それ。

というか船乗りはゲン担ぎとかジンクスとか大事にするよなあ…^^;
船は女人禁制だとか、猫を乗せるとか(船の守り神)、オムライスに乗せるグリーンピースの数だとか(奇数)。





女人禁制は船の神様が女神であるため(嫉妬されて悪い事が起こると言われる)。
猫は船の守り神。

奇数は海軍どうこうというより、日本古来の風習から来ているものだと思う(中国から来た陰陽思想ですが)。
奇数=陽、偶数=陰で、奇数の方が縁起が良い。
なので五節句、

 1月7日(人日:七草)、3月3日(上巳:桃)、5月5日(端午:菖蒲)
 7月7日(七夕:竹)、9月9日(重用:菊)

はいずれも奇数が重なるめでたい日なんですねえ。
1月7日?
1月1日は?ということですが、これは元旦ということで特別で別枠になるらしい。


財部彪が英国駐在を終えて帰国する際、水雷艇霓の回航委員長に任命されています。
責任者として霓で帰ってきた。

音読みは想像がつくけれど、水雷艇の名前は音じゃねえなあ。
何と読むのか分からず字通を見たのですが、「にじ」です。





虹ね。
これ、雌のにじだそうですよ。

メス!?(笑)

虹に雌雄ってあるんかい。
確か『聯合艦隊軍艦銘銘伝』だったと思うけれど、船=女神ということで霓の方が選ばれたのでは、という話が載っていた。


間に挟まっている桜は間違い写真ではありません。笑
虹は去年の7月に撮影したもの。2重になっていた。

追い手に帆かけて

引き続き岡田貞寛『海軍思い出すまま』からです。
面白い話が結構あった。

金毘羅さんの話があったのですよ(「金ぴらさんのお賽銭」)。
実は母の実家から金毘羅さんまで歩いて15分っちゅうね。
香川に行った時は散歩がてら毎日必ず金毘羅さんにお参りするという自分ルール。
というか田舎なので金毘羅さんしか出かける所がないのだ。笑
高杉晋作に関係する史跡もありますが、石碑だけなので。

それでも自転車で15分位すっ飛ばせば善通寺には行ける。
善通寺には第11師団司令部の跡がそのまま残っています。
初代師団長が乃木希典でして、現在”乃木館”として遺品が展示されています。
乃木に限らず歴代師団長の遺品や遺筆が残っている。
マレーの虎・山下奉文が着用していた軍服等もあります。
善通寺は戦災に遭わずに済んだので師団司令部も残っているし、偕行社も残っています。
どちらも結構前(10年近く前かな)に改修されて綺麗になっている筈。

こんぴらさんと呼ぶことが多いのですが、正しくは金刀比羅宮。
海の神様で海上安全の関係から、昔から船乗りの信仰が多く集まる神様です。
農業や芸能の神様でもある。
境内に絵馬堂があるのですが、船舶の写真に海上安全祈願なんて書かれているものが多く飾られている。
中には護衛艦の写真もあります。


本宮に上がる手前には掃海殉職者顕彰碑がある。
目の前に本宮が見えているのであまり寄って行く人がいないのですよ。
もしかしたら訪れたことがあっても存在を知らない人が多いかもしれない。
写真があればいいのだけれど、自分にとってはあまりに身近すぎて却って撮影の機会がない。


昭和20(1945)年8月に敗戦を迎えた際、日本の主要港や周辺海域には日米軍が敷設した機雷が約6.7万個。
瀬戸内海は機雷のみならず沈没船にも航路を塞がれ、海上交通不能といったような状態だったそうです。
これら機雷の除去に当たったのが、敗戦翌月に海軍省軍務局に設置された掃海部。
同年11月海軍が無くなった後は復員省に引き継がれている。

掃海作業は昭和27年頃まで続いているのですが、
当然ながら危険な職務で、触雷で沈んだ船もあり79名の方が殉職されています。
その慰霊碑が金毘羅さんにある。
毎年5月最終土曜日に海上自衛隊が追悼式を行っています。

慰霊碑だけではなくて、作業服?(宇宙服みたいなん)とか、道具?が展示されていた記憶がある。
まだあるのかと思ってググってみたのだけれど、それらしい画像は出てこないなあ…
無くなったのかな。


ごめーん、続くー(またか
まさかの前振りで終わったー(笑)
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)