Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

インパール

NHKスペシャルの「戦慄の記録 インパール作戦」を見ました。
祖父はこういう戦場で戦ったのだと途中から涙が出てきて堪らなかった。
「戦争の事なんてなにひとつ話さなかったけど、こんなの話せる訳がない」
と母が隣で号泣しておりました。
書籍で読むのと、現場の様子を見たり聞いたりするのとでは、肌で感じる具合が全然違う。

見ていて驚いたのは、祖父と同じ部隊にいた方がまだご存命であったこと。
第31師団、通称烈兵団の山砲兵第31連隊。
しかも上等兵とのことで、祖父と全く同じ立場である。
手榴弾持って戦車に飛び込めって、それがギリギリのところで助かったって。
私の祖父も勿論この方と同じ立場だっただろう。
爺ちゃん、そんな所にいたんだね…

生きている方の証言を取れるのはもうこの1・2年が限界でしょう。
NHK、頑張ってあちこちで話を聞いて来てくれ。
それに斎藤と仰る当時少尉の方の日記と証言、よく見つけて撮ってきましたね…

(兵隊を5千殺せばここは落とせる等と平気で口にする高級将校らの姿を見て)
日本の軍隊の上層部が考える兵隊なんてそんなもん
その内実を知ってしまうと辛い

そう吐き捨てる様に言って泣いておられる姿が胸に迫りました。
本当にね…
牟田口や辻政信がやっている事なんて鬼畜の所業としか思えない。


20170815_2


折しも叔母に送付を依頼していた祖父の連隊史が到着した所だったのだ。
本当にしんどいけど(精神的に)、頑張って調べようと決意新た。
祖父の為にも祖父の戦友の為にも、話されなかったから知らなかった、で終わらせていい話ではないと思うから。


20170815_1


そしてお盆が終わりました。
今年も例年同様お仏壇にお膳をあげておりました。
13、14、15日の3日間。
13日は早朝に近所の川までご先祖さんを迎えに行って、15日の夕方にお供えしていたお花やお供え物と一緒に送りに行く。

お膳は宗派によるそうです。
家は真言。母の実家は浄土真宗ですが、こういうのはなかったとのこと。
へー、そうなの。

ちなみにお膳の後ろに見えているのは自家製梅干しです。笑
三日三晩干すという、最後の日に雨である。あーあー

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(6)

昭和天皇の周辺、続き。

★★昭和53年12月4日の記者会見

記者:足立タカさんは鈴木貫太郎首相に嫁がれたわけですが、二・二六事件の時はいろいろ陛下もご心痛だったと思うんですが。

天皇:そのことは、かえって記者あたりの方がよく知っていると思いますが(大笑い)、
鈴木タカが、首相が非常に悲しむべき状態になった時に屹然として、もうこれ以上殺さずにという希望を述べたということが話に載っているように思います。


『陛下、お尋ね申し上げます』にある戦前の臣下の話で、一番ボリュームがあるのが鈴木貫太郎。
2・26事件と終戦関係の話は、記者でなくても興味はあるよな…


昭和11年2月26日未明に起きた事件で、内大臣斎藤実、大蔵大臣高橋是清、陸軍教育総監渡辺錠太郎が即死。
首相岡田啓介は無事でしたが、人違いで義弟松尾伝蔵が殺害されています。


斎藤実、岡田啓介、高橋是清


当時侍従長であった鈴木貫太郎も襲撃され、銃で撃たれて本来なら即死であったのでしょうが、妻たかの行動により奇跡的に一命を取り留めております。

老臣らを襲撃した青年将校の言い分は「君側の奸を取り除く」というものでしたが、昭和天皇から見た彼等は紛れもなく「股肱の臣」(最も信頼をおく臣下)。
それを虐殺した。
国家から与えられた武器と兵まで使って丸腰の老人を。

昭和天皇は激怒します。
決起将校たちに対して同情的であった川島義之陸相に対しても、また侍従武官長であった本庄繁に対しても非常に激怒しております。

本庄の娘婿は決起将校のひとり山口一太郎(秋山真之と同期の山口鋭の甥)で、本庄は襲撃の事を予め知っていた人物でもある。

本庄は昭和天皇に、
「軍隊を勝手に動かしたのは許されるものではないが、天皇と国を思う精神からでたものであるので、咎めないでほしい」
と、立場を利用して何度も進言するのですが、昭和天皇は決して肯んぜず、こう言い放ちます(本庄日記)。


「朕が股肱の老臣を殺戮す、
此の如き凶暴の将校等、其精神に於ても何の恕すべきものありや」

「朕が最も信頼せる老臣を悉く倒すは、真綿にて朕が首を締むるに等しき行為なり」


ブチギレである。


鈴木貫太郎、たか


鈴木貫太郎はこの事件時、股と左胸、頭と肩に銃弾を撃ち込まれています。
指揮官安藤輝三大尉が止めを刺そうとした時に、妻たかが止めてくれと懇願した。
鈴木は直径1mほどの血の海の中に倒れている状態で、ここで息の根を止めなくても助からないだろうと判断されたため。

また、たかの緊急処置が良く、さらに医者がすぐに駆け付けた為、鈴木は何とか一命を取り留めました。


***


★★昭和55年9月2日の記者会見

記者の、元侍従長鈴木貫太郎と大変長いお付き合いがあったと聞いているが、何か思い出があれば聞かせて下さい、との質問に対して。

天皇:
鈴木とは苦楽を共にしました。
なかんずくニ・二六事件は最も不幸なことだと思っています。
その時の印象は、今日もなお強く残っています。
それから、鈴木が総理になったということは、戦いを終わらせることに力があったと思います。


記者の、2・26事件の印象は特に強烈だったと思うが、特にどういう点がと問われて。


天皇:
そのニ・二六事件の時のことは、皆も知っているように、鈴木が反軍のために襲撃された、
あのことが一番印象が強くあることですが、このことはかえって新聞記者が知っていることと思います(笑い)

記者:
いや、いつもそれでまいっちゃうんです(大笑い)。
陛下、あの鈴木侍従長が襲われたということを聞かれたのは、どこで聞かれたんですか。

天皇:それは皇居で聞きました。

<略>

記者:
それから当時の侍従武官長本庄繁大将が『本庄日記』の中で、陛下が大変お怒りになって直ちに鎮圧するようにとおっしゃったとか記しているわけですが、事実でございましょうか。(※土原註:上記本庄日記の引用部分のこと)

天皇:それは大体、事実だと思います。

記者:
鈴木貫太郎総理の自伝の序文の中で、終戦の8月15日の夜、鈴木総理が自宅へ戻ると、陛下が非常によくやってくれたと二回いわれたと、それで総理が感涙にむせんだということを息子さんが書いていらっしゃいます。
やはりそういうことはあったんでございますか。

天皇:
あるいは、そういうことをいったかもしれませんけれども、今覚えていないですけど。

記者:
終戦における鈴木総理の力というか、鈴木総理をおいてあの決断で終戦まで持っていくことはむずかしかったのですか。

天皇:
ええ、そうです。
なかなか閣議でも、御前会議の席上でも、伝わっているように決定が鈴木総理ではできなかったので、鈴木総理が私の意見を求めたからいったわけです。

しかし、さっきもいったように、鈴木のような人が総理になったということは、そういう御前会議のような状況ではありますけれども、そういうことになるのも、鈴木総理だったからできたのかもしれません。

記者:
陛下、御前会議で意見が三対三にわかれてしまって、総理としては裁断をすることができなくて、ご聖断を仰いだわけですが、陛下のご聖断を仰ぎますというようなことは、事前に一応のお話はあったんでございましょうか。

天皇:それは今、はっきりそうした記憶はないんですが。
記者:やっぱりその、ひとつのアウンの呼吸といいますか……。
天皇:ええ。


******


特に終戦の部分に関しては、鈴木の事を信頼されていたということがよくわかる記者会見であると思います。
しかし阿吽の呼吸でか。
こういう国家存亡の秋にこういう人物がいたというのは、日本にとって本当に幸運だったと思います。
鈴木は「九死に一生」の連続ですが、このために生かされてきたんじゃないかなあ…


と、まあこんな感じでこの話は一旦終了である。
なんというオチのなさ。笑
後はそうですね、西園寺公望の話が少しあったのと、加藤友三郎の名前が一ヶ所だけ。

加藤は関東大震災の直前、大正12年8月24日に亡くなっています。
当時皇太子として摂政を務めていた昭和天皇、箱根にいく予定だったのが加藤の死去に伴い政変が起こり、東京にいた。
大震災は9月1日。
より震源に近い小田原、箱根の被害はとても大きくて、避暑に来ていた皇族数人が亡くなっている。

箱根は震災で大被害を受けたが、もし箱根に行っていたら……加藤が守ってくれたのだ

こう言われれば加藤も本望だろうなー…

阿南惟幾像@広瀬神社

8月22日、大分県竹田市の広瀬神社に建立されたばかりの阿南惟幾像。
7月の産経新聞(夕刊)にも結構大きな記事となって出ていました。

阿南自身は東京出身ですが父が竹田出身、阿南の本籍地も竹田にあったということで、竹田ゆかりの人物という扱いのようです。
細かい所はサイトの系図をご覧頂いたらいいのですが、広瀬神社の初代宮司を勤めた広瀬末人海軍中将の親戚でもある。
恐らくそうしたこともあり、阿南の顕彰碑も広瀬神社の境内にあったのだと思う。


阿南惟幾像


今年が戦後70年ということでの銅像建立であったようです。
阿南を顕彰するというのはこの方の立場からして、このご時世では中々難しい所があると思うのですよ。
といっても10年、15年ぐらい前と比べると隔世の感があるように思いますが(良くなっている)。
近現代は時代が近いだけあってまだ歴史的評価が揺れている所もあり、人物の評価が難しいからなあ…
ただ歴史や人物像を見直す切欠になったり、そういう風潮が強くなってきているというのは、歓迎すべきかな流れかなと。

そう言えば去年だったか、ちらと見たのですが、広瀬の銅像も移転問題が出ているというか…
その話が今どうなっているのかは知らないのですが。
要するに軍国主義の象徴を公共の場に云々とか、そういう声もあるということで。
まあ…色んな感じ方というか見方はあると思うのですが。
軍人というだけでそういう見方をされるのはちょっと切ないなあ。

艨艟

昨日戦艦武蔵の動画が出てました。
全然知識がないものであれを見てもよく分からないというのが正直な所。
テレビで専門家の話を聞いていると、想像していたよりも破損の状態は激しいとのことだったそうです。
というか100%武蔵のようです。
第1艦橋が横倒しになっていたり、特にカタパルトの説明書らしきものが字が読める状態で出ていて驚きました。70年前だよ…


『男たちの大和』が映画になった際、その撮影セットで原寸大の戦艦大和が一部復元されていました。
セットがあった尾道向島にある日立造船の工場が期間限定で公開されていた。
尾道から船利用ですが、船に乗るのに3・40分並び、島に着いてからは2時間並びました。

その間に隣に並んでいたおじいさんと仲良くなる。
ああいう所で女子がひとりで並んでいるのが不思議だったらしいのと、炎天下だったので私の方が心配になって日傘に入れてあげたこともある。
暑かったんだよ…
そして話してみると隣市の人だった。お互い親近感。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/30520017.jpg


見学に来た理由を聞かれて、まあ軍事に興味があると。
最終的に戦前の軍事の話になって盛り上がると周囲の人が不審げにちらっちらこっち見てる(笑)
うん、まあ、妙だよね^^;

色々話をしていたのですが、おじいさんは山口県岩国の出身。
地元の山に登ると柱島がよく見えたそうです。おー柱島…赤禰武人の出身地ですね!(おい)
いやいやそうでなくって、柱島というと連合艦隊が碇泊していた所です。
そういう関連で子供の頃に何度か大和と武蔵が投錨していたのを見たことがあるんですって。
それが懐かしくてセットを見に来たと言っていた。
戦艦武蔵と聞くと そのことを思い出します。


武蔵発見のニュースからぽつぽつネット上で記事が出ていましたが、ぐっちーポストのぐっちーさんがMS共同創業者と友人だったそうで。
わー…確かにそんな感じの人ではある。
で、先日こういう話が出ていました。

資産2兆円のポール・アレン氏「戦艦武蔵は日本に寄贈したい」 (日刊SPA! 2015/3/10)(別窓)

引き上げて日本に寄贈したいと思ってくれているようです。気持ちが嬉しい。
現実には難しいだろうけど思うけれど、こういう人だったら出来そうと思える所はすごいと思います。
個人的には沈んだ軍艦というよりは墓標だと思うので、そっとしておいてあげて…という感じはするけれど。
ただ遺族・親族や戦友の中にはせめて遺品でも手元に戻ればと思われる方もおられるでしょうね。

上記事によるとぐっちーさん曰く、

・MSのイメージからエンジニアだと思っている人がいると思うが大学時代の専攻は考古学
・昔からトレジャー ハンターになりたかったとよく話していた
・過去に1898年のアメリカ=スペイン戦争の時の沈没船を引き上げている
・武蔵探索の理由は実際には一番になりたかったっというのが理由だろう
・『大和は既に発見されているから、武蔵を見 つけたい』と10年程前から話していた
・祝賀メールを送ったら『日本に寄贈したいと思っているがフィリピン政府が介入してきて困っている』と返信
・どうやら自腹で引き上げて無償で日本政府に寄付するつもりだったみたい

スケールが違いすぎる^^;
全文は上のリンクからどうぞー。


上の写真はどのくらいのものが沈んでいるのかなーと思って昔の写真を掘り出してきたもの。
武蔵と大和は同型艦なので。
というかセットの裏側ですまぬ…

見返すと大した枚数は撮っていなかったのだけれど、見たい人がいるならアップする。
人間とのスケールを見る位には役に立つと思う。
映画見たら済む話だけど。笑 

戦艦武蔵、シブヤン海で発見

戦艦武蔵がシブヤン海で見つかったそうです(;△;)

詳しくはこちらから。
産経westとNHKが今のところは一番詳しい。
後は適当にググってくだされ。気になる記事ははよ見んと消えるよ。


艦首“菊の紋章”や機雷回避装置…「武蔵」原形で眠る可能性も 「発見した」とMS共同創業者ツイッター
 (産経west 2015/3/3)
戦艦武蔵の船体発見か ネットに投稿 (NHKニュース 2015/3/3)


武蔵を発見したのはマイクロソフトの共同創業者ポール・アレン氏の豪華ヨット「オクトパス号」。
深海約1000メートルの地点で菊の御紋のついた艦首、巨大な錨を発見したとのこと(朝日新聞には船体は原型をとどめているとある)。
武蔵でほぼ間違いないようです。

戦艦大和でも350か400メートルくらい。
山根一眞
の『メタルカラーの時代』に大和引き上げの話が載っていましたが、専門家の話では技術的に無理だということだった。
1993年の本で当時は100メートル以下の沈没船引き上げの技術がなかったそうですが、今はどうだろう。

ただ深海1キロだと流石に無理だろうなあ。
『男たちの大和』が映画になった際、大和引き上げの話がありましたがあれって結局どうなったんですかね。
あれから話を聞かないってことは反対が多かったんだろうなあ。
私個人としてはそっと眠らせてあげて欲しいと思う…

大和の方は「大和の権利書を買わないか」とか「戦後のどさくさで大蔵省が競売に出した」とか、昔はそういう話が随分あったそうです。
はい。勿論詐欺です。引っかかる人いたんかいな。


アレン氏は艦上のほかの部分の動画もまもなく入手するとの事なので、また新しいニュースが出てくるかもしれません。
びっくりニュースでした。


(※追記 2015/3/5)

http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0243.jpg


武蔵の動画が上がってましたね~
朝のニュースでもガッツリ流れていました。
関西ローカルで大和ミュージアムの戸高さんへの電話インタビューを見たのですが、曰く菊の御紋が1.5mなら確実に武蔵だそうです。
1.5mあるのは大和と武蔵だけで他は1.2mなんですって。
難しいだろうけれど、できたら大きさを測って欲しいとも言っていた。
ただ艦首の形や搭載されている砲の大きさからほぼ確実に武蔵だろうとのこと。
あのたった2枚の写真とたった1分足らずの映像でそこまで分かるんですね。
この方個人的には「えー…?」と思うこともあるけれど、やっぱり専門家は専門家だと思う。すごいわー。

今日の産経新聞には更に戸高さんの話が載っている。笑
「艦首の形状や、いかりの収納の仕方から、周辺海域で沈没した別の艦船ではなく武蔵と断定した」とあります。
アレン氏は武蔵の船体探索を8年以上前から計画、潜水調査機器を使って今月発見とのこと。
偶然見付けたのじゃなくて、探していたんですね、この方…
何でも同氏の父が元軍人だったこともあって第二次世界大戦史に強い関心があったそうです。
以下引用。

(※註:アレン氏は)
「私自身も根っからの技術者なので、武蔵の建造に注ぎ込まれた技術や努力を深く理解している」と述べ、
「武蔵は工学の傑作」と評すとともに、武蔵の乗組員にも敬意を表した。

こういう人に見つけられてよかったねえ… 
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)